カテゴリー「大路小路路地」の5件の記事

2019年3月19日 (火)

京都市内・洛中を歩く(7)柳馬場通-4

 前回の続きです。
 「柳馬場通」を南下しています。

037a

立派な京町家です。のれんが掛っているので、何かをされているのかなと思います。

041a

手前も京町家(ばったり床几が見えます)と左手は「漢方」のお店の様です。

043a

西側にある「綿善旅館」さんです。

045a

続いて西側にある「京団扇・阿以波」さんです。
一頃良く取材にお邪魔させて戴いていました。有難うございました。

046a

京料理のお店「一の傳」さんです。
こちらも以前はちょくちょくご馳走を戴いていました。
西京味噌漬けの美味しいお魚も購入していました。
食欲の秋、久し振りにご馳走を戴きたいと思ったりしています。

047a

「錦通」に近付いて来ました。

048a

「錦通」です。西側を見ています。

049a

漸く「四条通」に来ました。西側を見ています。
今回は、ここまでとしました。
続きは、日を改めて歩くことにしました。






2019年3月17日 (日)

京都市内・洛中を歩く(7)柳馬場通-3

 前回の続きです。
 「柳馬場通」を下がって「御池通」を渡りました。

025a

西側にある「白壁」が目立ったお宅です。一見普通の住宅の様には見えません。
後に見える切妻の建物が主屋の感じです。

026a

南側から見ています。手前の「うだつ」が立派です。
手前側の建物と、その先の白壁の建物とは一連の様に見受けられましたが・・・。

030a

「三条通」に来ました。その角に建つ建物は、この三条通の並ぶ明治時代の洋館の一つです。建物の天辺にある塔状のものが、その印象を受けます。

031a

その斜め向かいには、こんな造形物がありました。

032a

並ぶ京町家で、それぞれに何かの商売をされている様です。

033a

その中の1軒は、路地の奥で商売されています。

034a

その入口には、こんな看板が立っていました。食べ物屋さんの様です。

036a

東側には、こんな石碑がありました。

 次回も続きます。




2019年3月15日 (金)

京都市内・洛中を歩く(7)柳馬場通-2

 前回の続きです。
 「柳馬場通」を、北から南に向かって歩いています。

013a

二条通を越えました。西側にあったお宅です。普通の住宅とは思えない外観ですが・・・。

014a

東側にあった保育園です。少し中を覗かせて戴くと、中は広いフローが見えました。
広い体育館見たいな感じでした。

015a

続いて東側の建物です。道路に面しては手前の様な木の扉があって、その中の奥に通ずる通路には、この様に竹を曲げたアーチ状のトンネル見たいになっています。
不思議な飾り?です。

016a

右隣のマンションの玄関から見ると、こんな具合です。

017a

「見真大師」とは、「親鸞聖人」のことです。ここで亡くなられたとのこと。

018a

その碑の横にあった石碑です。

020a

石碑の文中にあった「虎石」が町名になっています。

019a

立派な外観の「京都御池中学校」です。

021a

その傍には、こんな石碑がありました。
「京都市立堀川高等学校専修夜間部跡」とあります。
「専修夜間部」とはどんな内容の勉強をするのでしょうか?
右横の石造りは、学業用の椅子の感じです。

022a

さらにその近くには、この様な石碑も。

023a

「御池通」に出ました。

024a

御池通の東方向を望んでいます。遠くに見えるのは、「東山連峰」です。

 次回も続きます。





























2019年3月13日 (水)

京都市内・洛中を歩く(7)柳馬場通-1

 暫く休んでいた「洛中歩き」を再開し、「柳馬場通」を丸太町通からスタートしました。
 「柳馬場通」は、平安京時代の「万里小路」(までのこうじ)に当たるそうで、当時の道幅は12mもあったとか。やはり昔は柳並木があったそうです。「馬場」は、慶長9年の豊国祭の臨時祭礼で大規模な馬揃えがあったことから、それに因んだものと言われています。
 今は、五条通までの約2.3Kmの南北の通りです。

001a

北は丸太町通から始まる「柳馬場通」の北の始点です。
左手の建物は、「京都地方裁判所」です。「竹屋町通」まであります。

002a

柳馬場通ですから、柳が植えられているのかと思いきや「しだれ桜」でした。

003a

途中で見掛けた境界の標識は、かつての「司法省」の「司」です。
時々旧役所名の表示を見掛けます。

004a

竹屋町通を越えると、普通の京都の町の通りの風景になりました。

005a

裁判所が近い為に、こんな所もありました。
「京都司法書士会館」です。東の方に、「京都弁護士会館」もありました。

006a

こんなにシンプルな町名がありました。どこにでもありそうな町名ですが、こんなのでも郵便は届くのでしょうか。

007a

「生神女福音聖堂」(しょうしんじょふくおんせいどう)と言うそうです。
明治36年(1903)に完成しました。京都市指定文化財です。

010a

見る位置を変えて見ました。本格的な聖堂の中では、現存最古のものだそうです。

011a

一つ東の通りまで広がった公園です。かつて公家の邸があったのでしょうか。

012a

京都市内には所々この様な表示があります。
道行くひとにとっては便利でないかと思い撮って見ました。

 次回も続きます。























2018年12月22日 (土)

街のポーカーフェイス展を見る

 地元新聞の記事にあった「街のポーカーフェイス展」を、大丸京都店で拝見しました。
 京都市内で、建物の窓や樹木の凹凸などが作り出す表情が、人間の顔に見えるものを撮影された作品です。作者は、成安造形大講師のグラフィックデザイナーの坂東 勲さんです。

005a

そのポスターです。

006a

大丸・京都店内の会場です。1階から2階への階段とその踊り場です。
後日に、もう一度会場に行って見ると、階段の入口ではVTRの映像も見られました。

007a

作品 1 マンホールの蓋 顔は、踏まれて丸くなる。

008a

作品 2 トイレの中?

009a

作品 3 サングラス美女?

010a

作品 4 しかめっ面?

011a

作品 5 もうお腹が一杯!兄弟です。

 そこで、自分でこの続きを遣って見たいと思い、動き出していますが、結構発見が難しく
自分ですることは断念しました。













2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き