カテゴリー「京都西陣」の3件の記事

2020年1月28日 (火)

京都市考古資料館

 私の京都市内での歴史の勉強の場として、3か所の
「資料館」があります。
 ①京都市歴史資料館
 ②京都市考古資料館
 ③京都文化博物館   です。

 今回、そのうちの②京都市考古資料館で開催中の
展示を拝見しました。
 展示のタイトルは、「焼き物からよむ平安時代」-発掘でみえてきた
食器・酒造り・饗宴ー と言うものです。
 京都橘大学文学部歴史遺産学科考古学コースと京都市考古資料館との
合同企画展です。

Img_0014-2_20200118095201

京都市考古資料館の建物です。元は「西陣織物館」で、大正3年(1914)
に建てられました。

Img_0016-2_20200124151001

玄関部分です。その前は、市バスの「今出川大宮」のBSです。

Img_0009-2_20200124151201

玄関横には、同館の催し物などの掲示板があります。

Img_0011-2_20200124151401

「西陣」とは、応仁・文明の乱の時に「西軍」の陣地が置かれた所でした。
そのことについての説明が記されています。

Img_0013-2_20200124152201

さらに、右には「京都市埋蔵文化財研究所」などの建物があります。
この一帯は、京都における考古学の一大拠点となっています。

 館内に入ります。
1階の東半分は、企画展などの展示場です。2階は常設展示場です。

Img_0008-2

中に入って右側にあるこの「しび」の復元が目に入ります。
大きなものです。

Img_0001-2

今回の展示は、1階東部分での開催です。
「平安時代の土器」についてです。展示の一部です。

Img_0005-2

色んな土器があるのですね。

Img_0006-2

読み難いかと思いますが、「平安時代の土器について」の説明です。

Img_0003-2

平安時代と言うことで、こんなものも置かれていました。

 しっかりと「平安時代の土器」について、学ばせて戴きました。

 

 

 

2019年1月22日 (火)

西陣織会館 着物ショー

 西陣織会館では、3Fのきものショーステージでほぼ1時間おきに上演しておられるとの事です。
西陣ならではの華やかなショーに、美しさの粋を思う存分堪能できると思います。
会館の近くを歩いていると、着物姿の女性に出会いますが、やはり着こなしが垢抜けていて、普段着でも目立ちます。

Img_2355


Img_2351


Img_2335


Img_2327


Img_2347


Img_2324


Img_2326


Img_2325

流石に西陣織ですね。織物のしなやかさ・光沢は素人が見ても「上質」で有ることが分かります。
 短時間でしたが、目の保養をさせて頂きました。
最近の西陣織は着物だけに拘らず、京都の他の工芸職人たちとも手を組んで新しい試みをされています。
 展示会も京都は勿論、東京他の都会や海外にも進出して、販路を開拓されているとか。そして効果をあげておられるとも。頑張ってください。
特に若い職人さん。

2019年1月21日 (月)

「西陣織会館」をご紹介します。

 西陣織会館では、「着物の京都」、和装の美しさを紹介する「きものショー」を毎日(次回紹介)開催していますが、西陣織の紹介や史料を常時展示しています。
 前回は、着物ショーをご紹介しましたが、今回は織機の幾つかをご覧ください。

Img_2320_2

伝統の業を紹介する制作実演や、短時間で制作体験などを楽しむことができます。さらに、産地ならではの伝統の美と技を学ぶことが出来ます。

Img_2311_2


Img_2312_2


Img_2313_2


Img_2314_2


Img_2315_2


Img_2316_2


Img_2317_3


Img_2318_2


Img_2319_2


Img_2321_2

会場に設けられた、和室風の展示室です。
座布団に座ってほっこり気分に誘われます。
 さらに、きものの着付や和装の教室も開いておられます。

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き