カテゴリー「自然」の35件の記事

2018年4月23日 (月)

4月半ばの嵯峨野の景色

 桜の季節もほぼ終わった頃の嵯峨野の景色です。
 4月16日の午前中のことです。

001a

 

 何時もの様に、広沢池の東南隅に立って、池全体を見渡しています。
少し風があって、池面はこんな様子でした。
遠くの愛宕山が、少し霞んでいました。
春らしい雰囲気を感じました。

014a

 

 池の西にある小島にも、新緑が目立っていました。
中央には、石仏の千手観音様がお元気そうでした。

028a

 

 北嵯峨田園地帯の田んぼは、既に田起こしが終わっていました。

035a

 

 その近くの民家では、はや鯉幟が泳いでいました。

040a

 

 秋には美しい紅葉を見せてくれるモミジです。
田園地帯の東側の道を歩いています。

047a

 

 竹林では、筍がこんなに育っていました。

055a

 

 あちこちにレンゲの田んぼが広がっていました。
もう少ししたら、幼稚園児達がレンゲ積みに遣って来ます。

061a

 

 民家のあちこちで、ヤマブキが咲いていました。

066a

 

 私が好きな所(日本の原風景)も、新緑に覆われていました。
五山の送り火の1つ、「鳥居形」の曼荼羅山が後です。

 これからの嵯峨野は、ますます新緑が深まって来ることでしょう。
 また後日、初夏の嵯峨野をご紹介出来ればと思っています。









2018年1月10日 (水)

京都・嵯峨野の冬景色

 すっかり冬の気配となりました嵯峨野の景色を、ご覧戴きたいと思います。
 例の如く、先ず広沢池の東南隅から、池や愛宕山をご覧下さい。

002a

池は、昨年12月2日に行われた「冬の風物詩・鯉揚げ」のために水が抜かれた後、まだ元の姿には戻っていません。池の底のひび割れさえ起っています。
遠く「愛宕山」は、雪景色です。

026a

池の西側にある「弁天島」の周辺も、こんな様子でした。島の真ん中におわします石仏の千手観音さま(島の真ん中)も良く見えました。小さな祠が右端に見えます。未だ水の流路も、はっきりと見えています。

019a

鯉揚げの後の生けすも、この通り。これがある限り池の水は未だ満水には出来ないのでしょう。

012a

「逆さ愛宕山」です。池面にさざ波が立つと、もう見ることが出来ません。

039a

池の西側も、こんな様子でした。左手に見える山は、「遍照寺山」の一部です。

004a

池の畔から見た「愛宕山」の雪景色です。

031a

山頂の様子です。どれ位の積雪でしょうか。
昔、一度積雪の中を歩いたことがありましたが、滑り易く怖かったです。

037a

「北嵯峨田園地帯」も、ご覧の通りです。

040a

その一角で、こんな不思議な光景を見ました。
収穫後の「籾殻」を燃やした後だと思いますが・・・。

043a

私のお気に入りの場所、「五山の送り火」の1つ、「鳥居形の曼荼羅山」(後の深緑)の麓の萱葺民家も、冬木立に囲まれていました。

047a

嵯峨野の名所の1つ「落柿舎」も、冬木立の中にありました。

 最近は、嵯峨野や嵐山は外国の観光客が多くて、冬でも賑やかです。




















2017年11月 4日 (土)

色付き始めた府立植物園 そして傷跡も生々しく

 京都市内の最低気温が、10℃を切る様になり、木々の紅葉が少し進み始めているかと思い、11月2日(木)の午前中、府立植物園を訪ねました。実は、先日の台風21号の被害も気になっていたので・・・。

002a

園内の道端の小さな木も、美しく色付いていました。

005a

観覧温室の近くの木々です。
この日、幼稚園児から小学校低学年の子供達が大勢来ていました。

006a

枝垂れ桜が多く植えられている場所での倒木です。大きな幹は、切断されていました。見るのも辛い光景でした。

007a

観覧温室の北側の桜林でも、こんな光景がありました。

011a

盆栽のコーナーにも、この様な紅葉が・・・。

013a

何の木か判りませんが、紅葉が進んでいます。

015a

黄葉も見られました。

019a

こんな風景も見られました。倒木の切り取った枝を運ぶ車でした。

022a

ここにも、こんな無残な姿が・・・。
 このような状態を実際に見て、木も花もそして園の方々も「可哀想」の一言では片付けられない自然の怖さを改めて考えさせられました。

026a

この日、一番美しく紅葉していた木でした。

 京都市内の木々の紅葉も、段々と美しい姿を見せてくれることでしょう。



















2017年9月19日 (火)

秋の気配の嵯峨野を歩く

 厳しい残暑の中にも、朝夕には忍び寄る「秋」の気配を感じつつありますが、そんな中「北嵯峨」で、「秋」らしさを求めて散策しました(9月9日)。

001a

何時もの様に「広沢池」の東南隅から、愛宕山の方向を見ています。
池の畔では、キバナコスモスが咲き誇っていました。
雲の様子に、秋らしさ感じました。

004a

また何時もの様に、池の畔の「ザクロ」が沢山の実を付けていました。
そろそろ「ザクロの実を取らないでください」の札が付けられる頃です。

008a

「遍照寺山」を正面に見るところにも「キバナコスモス」が沢山咲いていました。

この後は、「北嵯峨田園地帯」すなわち田んぼの中の道(農道)を、ゆっくりと歩きました。

013a

稲穂は、その実りをしっかりと付けて、「実りの秋」を示していました。
一部では、刈り入れが始まっていました。

019a

田んぼの中の「農道」を歩いています。

020a

田んぼの外周から渦巻状に、中心に向かって刈り取って行く様です。
刈取り~脱穀を同時に行い、稲モミだけを収穫されていました。

022a

イケメンの案山子が、頑張って田んぼを守っています。

029a

刈り入れが終わった田んぼは、秋から冬への景色の変化を感じさせます。

033a

畑では、「ナスビ」の花が満開でした。多くの実も成っていました。

036a

「大沢池」の外側の土手で、「アオサギ」が何かを狙っている様でした。

秋の気配を感じつつも、暑い歩きのひと時でした。






















2017年2月20日 (月)

早春の北嵯峨風景

  久し振りに、北嵯峨を歩きました(2月18日)。
 何時もの様に、先ず「広沢池」の畔に立ちました。
 昨年末の「鯉揚げ」後の池の水は、未だ満タンには至っていませんでした。

001a

池の東南隅から、北西方向を見ています。画面左下が、池の岸です。
遠くの山は、お馴染みの「愛宕山」です。

012a

池の真ん中辺に来ました。ここからも池の水が満タンで無いことが判ります。
嵯峨富士の「遍照寺山」は、静かにその姿を池面に映しています。

011a

目を少し西に移して見ています。池に流れ込む水の流れの様子が、良く判ります。毎年この時期に見られる景色です。
池に突き出た小島には、石造りの仏様の姿が、小さく拝めます。小島に架かる石橋の右手におわします。

005a

池の畔から眺めた「愛宕山」には、残雪が見られました。

020a

北嵯峨田園地帯は、未だ冬の佇まいでした。東南方向を見ています。

019a

「後宇多天皇陵」近くの林の中に、1本の小さな梅の木を見付けました。

021a

北嵯峨の集落のお宅の塀越しには、薄いピンク色の梅が美しくその花を咲かせていました。

025a

北嵯峨にも、早春の息吹が感じられました。
その後、「大覚寺」前まで歩きました。




2017年1月25日 (水)

テーマ「京都の水」 (15) 琵琶湖疏水分線-4

 前回に続いて、琵琶湖疏水分線に沿って歩いています。
 「哲学の道」の北端、「銀閣寺橋」で分線は左折し、西に向かって流れを変えます。

072a

分線の流れが西に変わった地点です。前方が西の方向になります。
左端に見える橋の一部は、「銀閣寺橋」です。
誰が置いているのか、見苦しいものが色々と置かれていますね。

073a

情緒のある景色です。見えているお二人はお昼の様でした。

075a

道の向こう側に見えるのは、「白沙村荘・橋本関雪記念館」です。
橋本関雪は、京都在住・故人の日本画家で、ここにはアトリエなどがあります。
また、関雪の妻・米子が、「哲学の道」に桜を植え、「関雪桜」と呼ばれています。数年前に、茶室などが火災に遭い、目下工事中の様です。

078a

ここは、南北に流れる「白川」と、東西に流れる「疏水分線」とが、立体交差しているところです。見えている流れは、疏水分線です。「白川」は、分線の下を通っている様です。

079a

やがて「白川通」が見えて来ました。分線は少しの間見えなくなります。

080a

再び分線が現われるのは、白川通に沿って架かるこの橋の下になります。
左手に見える通りは、「今出川通」です。歩く道は、分線の右側に沿った道を歩きます。

081a

途中の橋の上から、分線の上流を見ています。前方遠くが「白川通」になります。

083a

暫く歩いていると、こんなものに出くわしました。
分線は左手に見える手摺の下を流れています。右手の道は、普通の道路に下りる道です。左手下に扉が見えますから、中には入れる様です。上には幾つかの小窓も見えます。何やら不思議な構築物です。疏水分線の水を取り込むための、例えばポンプ小屋?(全くの想像ですが・・・)。

084a

「小倉橋」から見た様子です。「御蔭通」の「北白川小倉町」付近です。

086a

分線は左手にあります。哲学の道とは又違った雰囲気の遊歩道です。
地図には、「北白川疏水道」と書かれていました。

 疏水分線を訪ねての歩きは、まだ続きます。
 次の目的地は、「松ケ崎浄水場」です。











2017年1月20日 (金)

テーマ「京都の水」 (13) 琵琶湖疏水分線-2

 前回の続きです。とは言っても随分時が経ちました。
「琵琶湖疏水」の分線、蹴上から松ケ崎まで、さらにその先の賀茂川までを、訪ねて歩いています。今回はその2回目、「哲学の道」からスタートです。

040a

「鹿ケ谷通」(ししがたにどおり・白川通の東の通り)から、「哲学の道」に入るところに、疏水関係らしき施設がありましたが、これ以上中には入れませんでした。地図によると、これから先に行く松ケ崎の名前がついた「松ケ崎浄水場」と書かれていました。ここから松ケ崎まで導水管が行っている様なので、その関係かなと推測しました。

046a

この疏水分線の出口を覗いて見ると、こんな様子でした。向こう側から流れ出ています。

044a

「哲学の道」の南の入口に建つ石碑です。その先の流れが疏水分線です。

048a

哲学の道の両側には、所々に皇族のお墓が見られます。
上から見下ろして失礼なんですが、ここは「顕子内親王御墓」です。
正しくは、昭子内親王らしいのですが、後水尾天皇と東福門院(徳川秀忠の娘・和子)との第4皇女です。
この御墓の隣には、東福門院ゆかりの「光雲寺」があります。

050ab

この石碑が、その道標です。階段で下に下りて行きます。

049a

その向い側(疏水分線を越えて)にも、皇室関係の御墓があります。
「宗諄女王御墓」です。伏見宮貞敬親王の皇女で、江戸末期の方です。霊鑑寺の住持をされていた様です。この辺りには、「久邇宮家」の墓地もあります。

052a

大豊神社(狛鼠で有名)への道に架かる橋「大豊橋」から下流を見ています。
京都市内を流れる川は、全て北から南に向かっていますが、この疏水分線のみは、南から北に向かって流れている唯一の流れです。

055a

哲学の道沿いには、多くの有名寺社があります。

さらに、北に向かって歩を進めます。

2017年1月16日 (月)

1月15日の京都市内の雪景色です

 京都市内では珍しい大雪の朝、自宅マンションから、寒さに震えながらコデジで一応!雪景色を撮りました。朝の市内の積雪は、約9センチとのことでしたが、もう少しある様に思いました。

Img_2543

南側、京都駅に向かって。

Img_2544

南西に向いて撮りました。遠くに見える薄茶色の建物は生涯学習センター
「京都アスニー」です。


Img_2545

西に向いています。お寺の屋根は立本寺です

Img_2546

西側の愛宕山の下あたりです。
 (撮影は、9時25分から30分)

午後は、晴れたかと思ったら雪が舞い散る、真冬らしい?天候、道路はシャーベット状態歩くのにも一苦労です。
道行く人との会話は、こんなに降ったのは珍しいですね。
昔(笑い)の冬は大雪は当たり前でしたね。
久し振りに緊張した朝でした。
 今日は、女子駅伝です。
道路状況が悪く走りにくいことでしょう。

2016年12月18日 (日)

テーマ「京都の水」 番外編(2) 琵琶湖疏水記念館他

 今回は、琵琶湖疏水のかつての「南禅寺船溜り」の近くに、「琵琶湖疏水記念館」がありますので、そこをご紹介したいと思います。
 そこでは、琵琶湖疏水の歴史や現在が学べる絶好の場所となっています。
 開館は、平成元年(1989)8月で、平成21年(2009)10月には開館20周年リニューアルオープンしています。

019a

「琵琶湖疏水記念館」の建物の正面です。入館料は無料です。

014a

建物を真横から見ています。
展示室は、1階・2階・地階にあります。エレベターも設置されています。

004a

2階から疏水路を、西に向かって見ています。
うっすら赤く見える橋は、「慶雲橋」です。
手前が、「南禅寺船溜り」の一部です。
遠くに見える高層ビルは、「京都ホテルオークラ」です。

002a

1階の屋外に出ると、傍を物凄く勢い良く疏水の水が流れていました。
水路の幅が狭いので、その勢いには圧倒されます。

007a

その流れが、船溜りに流れ込んでいるすざましさ!です。
向こうに見える建物は、市動物園です。

006a
記念館の中からも、疏水の水が流れ込んでいます。

見学の目的に、幾つかの質問したいことがあって、係りの方に丁寧に教えて戴きました。流石に良くご存じでした。お礼を申し上げ、記念館を後にしました。
ついでに、記念館近くの関連施設を見て回りましたので、ご紹介します。

025a

施設でユニークなのは、この「インクライン」ではないかと私は思います。
記念館でもこの動く模型が展示してありました。
上・下複線になっています。

027a

台車に乗った三十石船です。船にも色んな貨物が乗っています。

030a

インクラインの軌道の下には、トンネルが造られていて、「ねじりまんぽ」と言います。煉瓦の積み方が、緩やかに捻じれる様に積まれています。
扁額は、「雄観奇想」(右から・ゆうかんきそう)とあり、琵琶湖疏水を造り上げた、三代目・京都府知事の北垣国道の筆によるものです。

029a

建物は、インクラインにほど近くにある「蹴上発電所」です。
今も、関西電力が、水力発電を僅かながら行っていると聞きました。






2016年12月 6日 (火)

初冬の京都御苑

 11月29日の午後、初冬の京都御苑の南部の一部を歩きました。
 「堺町御門」から、御苑に入ります。

015a

堺町御門の傍のイチョウの木が、美しく黄葉していました。

016a

「旧九条邸」への小道には、その落葉が道を彩っていました。

017a

「鷹司邸跡」の近くでは、黄色い実が鈴なりに生っていました。

018a

近付いて見ると、こんな様子でした。何の実でしょうか?
葉っぱの形から、柑橘系の様です。

019a

名残の紅葉も見られました。御苑内の深くは入っていません。

020a

堺町休憩所近くから、「建礼門」を拝しています。
今年の時代祭は、右手寄りの辺りで、拝観したことを思い出しました。

021a

西の方向に歩いています。この先には「閑院宮邸跡」があります。

026a

ここにも、名残の紅葉が見られました。
少し北に向きを変えました。

027a

「白雲神社」(西園寺家のお社)の塀越しに、木々の彩りが見られました。

「蛤御門」から、外に出ました。

042a

「烏丸通」を隔てて、御苑内の木々の様子を眺めています。

今年の京都市内の紅葉のスピードが、想像以上に早くて、御苑内の紅葉の最適期に出合えず、残念でした。


















より以前の記事一覧

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き