カテゴリー「伝統行事」の54件の記事

2019年2月 6日 (水)

節分詣・吉田神社

 今年も「節分詣」に「吉田神社」に行きました。節分の日・2月3日(日)のことです(勿論のこと!ですが)。

029a

京大の正門前を通って、表参道を進みます。

026a

上から見た「表参道」の様子です。参道の両側には、ぎっしりと露店が建ち並んでいます。
左端の鳥居が、上の写真の場所です。

024a

「二の鳥居」付近の混雑の様子です。この日は日曜日とも重なり、子供達の姿が多く、凄い人出でした。「二の鳥居」の先に本殿があります。

008a

私がここ吉田さんにお詣りする理由の一つが、お正月飾りや祇園祭のちまきなどを焼却して貰うためです。処分品の受付場所と、右が「火炉」です。

007a

その「火炉」の全体像です。約半分位溜まっています。

001a

「拝殿」前に来ました。大混雑でした。

004a

その横手でも、人だかりでした。

坂道を上って、「大元宮」に向かいました。

012a_2

門の前も、この様な行列が出来ていました。こんなに多くの人の行列は、初めてです。
中に入るのに、約10分位掛かりました。

015a

お詣りを済ませて、横から見るとこんな様子です。

021a

大元宮の建物は、八角形に成っていて、左手が拝むところです。

016a

その建物の後には、「内宮」と「外宮」があります。こちらは「内宮」です。

018a

また、周辺には全国の八百万の神々が、旧国別に祀られています。
こちらは地元の「山城国中」とお隣の「大和国中」の神々を祀ったところです。
この大元宮の場所には、日本国内の神々が祀られていると言うことになります。

 今年の節分詣りは、「吉田さん」だけでした。









2018年11月 6日 (火)

京都・京北・山国まつり(7)再び鼓笛隊

 前回の続きです。これが最終回となります。
 南の方で御神輿とすれ違った「鼓笛隊」が進んで来ました。国道477号での様子です。

088a

北風にのって、旗達が翩翻と翻っています。

090a

後姿を見ています。

091a

子供達の小太鼓チームです。元気にリズムを合わせて進みます。

092a

続くは「横笛」のチームです。小さな子供達もいます。歩きながら笛を吹くのも大変なことでしょう。しっかりと練習しているのでしょう。

093a

笛チームの後からを見ています。

094a

始めにご紹介していなかった「大太鼓」が、全体を引き締めています。
流石「大太鼓」は、大人の方でした。

098a

「鼓笛隊」全体を後ろから見ています。

 10月22日の「時代祭」では何度か拝見していますが、本場での「山国隊」の行進を見るのは初めてで、感動しました。
 今年の「時代祭」には、101年ぶりに時代祭で、結成150年の記念の奉納演奏が行われるとのことです。

 さて、この様に皆さん活躍されていますが、この地域でもご多聞に漏れず、少子化や過疎化の波が押し寄せている様です。特にこの様な「わざ」の伝承には苦労されているとか。
 見た目の輝かしさの裏では、ご苦労がおありの様でした。

2018年11月 4日 (日)

京都・京北・山国まつり(6)御神輿の続き

 前回の続きです。
 「鼓笛隊」と「御神輿」ともに国道477に出て来ました。
 国道に出た御神輿の様子をご覧戴きます。担ぎ手の皆さん凄くお元気です。

078a

国道に出て、北に向かう御神輿です。

079a

そして、暫く進むと、そこで御神輿の差し上げです。皆で力を出し息を合わせないと大変なことになります。

080a

しっかりと御神輿は差し上げられました。少しの間保持します。

081a

そして、ゆっくりと下ろします。この時が危険です。傾きかけると止められません。

082a

差し上げが終わると、北に向かいます。

083a

少し速足で進みます。

084a

そして、引き返して、南に向かいます。

085a

少し落ち着いた感じで進みます。
暫くして、前回ご紹介した「鼓笛隊」との行き違いの場面となります。

 次回は、その後の「鼓笛隊」の行進をご紹介します。






 

2018年11月 2日 (金)

京都・京北・山国まつり(5)御神輿

 前回の続きです。
 「山国神社」の還幸祭の行列を拝見しています。
 漸く御神輿の登場です。

060a

いよいよ御神輿が動き始めました。

062a

担ぎ゜棒が凄く長く作られています。大勢の人が担げる様にしてあるのですね。
そう言えば、私が知る御神輿では、大勢の担ぎ手の交代要員が付いて歩いていますが、ここではその様な人がいませんでした。

064a

御神輿が日に映えて美しく見えました。

069a

参道の半分位まで来たところで、突然御神輿は元来た道に戻り始めました。

072a

始めの鳥居手前では、御神輿の差し上げが行われました。

行ったり戻ったりは、2度位行われました。さぞかし皆さんしんどいだろうと思いますが、元気に掛け声を掛けつつ担いでおられました。

077a

ようやく参道から本道の477号線に出て来ました。
御神輿は、左折して進みました。

 私達も、その後を付いて行きました。その先で目にした光景でした。

086a

先に行進していた「鼓笛隊」と、御神輿とが行き違っています。

087a

少し接近して見ました。「鼓笛隊」がスタート始めました。

 この続きは、次回にご紹介します。














2018年10月29日 (月)

京都・京北・山国まつり(4)還幸列

 

前回の続きです。
 「山国隊」の後は、暫くして「御神輿」を中心にした「還幸列」が続きました。
 御神輿は、参道を行ったり来たりと繰り返していました。
 途中では、御神輿の持ち上げもあったりして、皆さんの元気なこと。拝見している方も元気を貰いました。

 しかし、御神輿に出合えるのは少し時間があります。

046a

行列の先頭は、「太鼓」です。これから行列が来ますよと言った「触れ太鼓」かなと思いました。前の方の笑顔が素敵です。本当は厳しい顔をしないといけないのかも?

048a

「山国神社」の幟が続きます。

049a

宮司さんが、2人の巫女さんを従え進んで来ました。

051a

巫女さん2人も笑顔でした。

052a

神様にお供えする品々が続きます。

 御神輿は未だです。「剣鉾」が遣って来ました。

053a

腰の受け具に載せ、独特の足取りで、「チリン チリン」と軽やかな音を響かせながら歩んで来られます。歩みの調子を取るのが難しそうでした。バランスを取りながら・・・。

056a

目です。

058a

全部で3でした。この方は一生懸命の様子でした。

 いよいよ御神輿の登場ですが、次回に。


2018年10月27日 (土)

京都・京北・山国まつり(3)山国隊行進

 前回の続きです。
 いよいよ「還幸祭」の行列がスタートします。
 先頭は、「山国隊」です。期待は勇壮な鼓笛隊の行進です。

026a

「山国隊」の先頭です。

028a

先頭を進むのは、隊長さんです。

031a

「錦の御旗」でしょうか。白い旗は清々しくて良いですね。

032a

続くは、子供達の「小太鼓」です。一生懸命に叩いている姿に感動しました。

035a

続いて、「横笛」のグループです。小太鼓より人数は多く、高校生以上大人の人達です。

039a

「鼓笛隊」に続いて、「戦闘隊」です。

041a

「鉄砲隊」の皆さんです。こちらは完全に大人の人達です。

042a

「鉄砲隊」が続きます。戦いのグループですから、人数も多いです。

044a

行列の最後尾です。締めには、やはり隊の幹部がおられます。

045a

隊の最後尾から、前方全体を見ています。

 次回に続きます。次回からは、御神輿の行列です。

 ここで「山国隊」について。

 元々この地は、天皇や朝廷との繋がりが強い土地だったそうです。
 従って、勤皇の思想が強くあった様です。
 幕末維新の時代、ここ山国地域では「戊辰戦争」において、天皇を擁する新政府軍(官軍)に加わり、旧幕府軍との戦闘に身を投じた人々のが「山国隊」でした。彼らは武士ではなく一介の農民や杣人たちでした。




















2018年10月25日 (木)

京都・京北・山国まつり(2)社殿と祭礼

  前回の続きです。
 「山国神社」の参道を進み、社殿前まで来ました。社殿では、神事が行われていました。

011a

社殿前です。中では氏子さん達の参列の姿が見えました。
丁度「山国隊」の隊長さんが拝礼されていました。

014a

位置を変えて、神事の様子を拝見しました。

012a

右横から、社殿の様子も拝見しました。

021a

「山国隊」の皆さんも、拝礼されています。

022a

社殿から外に出て、神職さんらが拝礼されています。
右手に並ぶ方達は、御神輿の担ぎ手の皆さんです。

023a

御神輿を前に神事が行われています。真ん中の礼服の方は多分氏子総代の方かと思われます。

024a

少し近付いて拝見しました。
神事が終わると、いよいよ「還幸祭」の行列がスタートします。

 「還幸祭」と言いましたのは、実は「神幸祭」は前夜に行われているからです。

 戴いた「山国神社」由緒略記によると、
  ご祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと・大国主命)
  御鎮座は、光仁天皇 宝亀年中(770~780)
  神階 社格 長和5年(1016) 正一位を賜る 明治33年府社に列格
 とあります。

 次回も続きます。















2018年10月23日 (火)

京都・京北・山国まつり(1)祭りの予感

 京都市右京区京北地区の「山国まつり」に行って来ました。
 平成30年10月14日(日)のことでした。
 「山国さきがけフェスタ」とのタイトルのもと、山国神社祭礼・神輿渡御、そして維新勤皇山国隊行進と盛り沢山の行事でした。
 京北には、京都駅前からJR西日本バスに揺られること、約1時間20分で「周山」着。
 周山からは無料送迎バスで「山国神社前」へ。

002a

「山国神社」参道の入口の様子です。
提燈の紋章は、応永6年に社殿の復旧時に、足利義満からこの紋章を奉納を受け、爾来この紋章を神社の紋章としたそうです。
石灯籠も、独特の様に感じました。

001a

参道の正面に立ちました。既にお祭りの雰囲気が感じられました。
この時、午前11時過ぎでしたが、大勢の人の姿が見られました。

017a

参道を進みます。右手の黒豆畑では、有料でビニール袋詰め放題で、皆さん一生懸命に取っておられました。左側では、色んなお店が開かれていました。
丁度お昼前なので、キツネうどん・おにぎり・缶ビール・よもぎ餅・焼き芋などを買って食べました。

005a

こちらのコスモス畑でも、有料で切り放題が行われていました。

019a

参道近くの民家です。茅葺・蔵・土塀・防風林など、立派な民家です。

007a

石鳥居前まで遣って来ました。

010a

社殿前の広場には、凄く立派なお神輿が安置されていました。

 次回も続きます。












2018年2月 4日 (日)

京都の節分参り

 2月3日は「節分」です。京都市内での「節分参り」の聖地?は、「吉田神社」と「壬生寺」です。午後は2か所を結ぶ直行バスが出る位です。私もご多分にもれず、午前中に両方にお参りしました。土曜日でもあって子供の姿も多く見掛けました。お天気も良く、やや暖かだったせいか、共に人出は凄かったです。
 先ず「吉田さん」(親しみを込めて)へ。

008a

 拝殿直前の様子です。

001a

 拝殿前には中々到達出来ません。
漸く拝殿の前に来て、拝礼した後は、そこから脱出するのに又大変でした。

005a

 皆さん何を求めておられるのでしょうか?。お札?お守り?色々あります。
抽選券付きの「節分豆」も売っています。若い女性達が売り子です。

009a

 古いお札や正月の注連縄など、ここへ持参して燃やして貰います。
私がここにお参りする目的の1つでもあります。

この後、少し上ったところにある「大元宮」へ。

020a

 国内の八百万の神様をお祀りしています。
八角形の変わった社殿です。

021a

 神様と繋がる柱(右寄りのもの)に触れて拝礼します。
この後は、このお社の後にある外宮と内宮にもお参りします。

027a

 さらに、お社の周りにある全国の旧国名別の神々にもお参りします。
左端にあるのが、山城国 一二二神と大和国 二八六神 が祀られています。

吉田さんのお参りを終えて、「壬生寺」に向かいます。

053a

 「壬生寺」も大賑わいです。正面奥が本堂です。

041a

 本堂前の様子です。沢山の行列待ちでした。
線香の煙がこの場の雰囲気を醸し出していました。

044a

 「壬生狂言」を見る人達の行列もこんな状況です。
この日に因んだ「節分」と言う演題を2~3日に演じられていることをNHKのニュースで知りました。

壬生寺の厄除けには、「炮烙」(ほうらく)に願い事を書いて納めます。
そして、溜まった多くの炮烙を壬生狂言で気持ち良く落として割るところがあります。見ていて気持ちがスッとします。

045a

 売り場の様子です。1枚500円です。

048a

 願いを込めて、願い事を書く人です。

吉田神社と壬生寺とを、駆け足でお参りさせて戴きました。
今年もたくさんの福を貰ったような気分です?

 

 

2018年1月14日 (日)

「ジャパンスピリッツ in 京都」 ~華の競演(その2)

 前回の続きです。

 世界に息づく日本の伝統文化“いけばな”が、京都の玄関口ともいえる京都駅ビルのインフォメーション前、駅前広場、ホテルグランヴィア京都前、SUVACO「時の灯」(待ち合わせ場所)に展示されています。
 京都いけばな協会の協力の元、18流派の大作が飾られ、新春を彩るいけばなの世界が楽しめます。


Img_3635


Img_3628


Img_3646


Img_3638


Img_3645

尚、展示会場の一つ、SUVACO「時の灯」(待ち合わせ場所)が見つからず、
残念ながらご紹介出来ていません。


Img_3647

光の具合や角度など、折角の作品を撮りながら家元や関係者がご覧になられたら叱られるでしょうね。
申し訳ないことです。

より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き