カテゴリー「伝統行事」の30件の記事

2020年2月 5日 (水)

2020節分参り(2)

 前回の続きです。
 少し高い所にある「大元宮」に向かいます。

Img_0221-2

「大元宮」前に来ました。こちらでも私が知る範囲の3日の状況とほぼ
同じ位です。何時も私は思うのですが、ここは不思議な空間だと思って
います。

Img_0227-2

横から見ると、こんな状態になっています。建物の中に祀られている神との
繋がりが、外にまで引き出されていて、これに触れて拝礼するのが習わしの
様です。

Img_0223-2

さらに建物の横に回って見ました。多くのお供えが見られます。

Img_0224-2

中心の建物の後ろには、伊勢神宮の内宮や外宮も祀られています。Img_0225-2

 また、中心の建物を取り囲む形で、旧国ごとの神々が一括して祀られて
います。

Img_0226-2

そんな中で、地元の「山城国中」と「大和国中」の神々を拝みました。

 帰途には、毎回のことですが、松井酒造の「搾りたて」のお酒を、紙
コップで頂きました。代金は500円です。濁り酒もあります。
ほろ酔い気分で帰途につきました。

2020年2月 4日 (火)

2020節分参り(1)

 毎年「節分参り」は、2月3日にして来ましたが、
今年は或る事情があって、前日の2日に行きました。
 少し不安もありましたが、そんなことは吹っ飛ぶ位の
状況でした。それは2日は日曜日だったからかも知れません。
 子供連れの人が大変多かって、私の知る限りの3日と余り
変わりませんでした。
 何時もの通り、「熊野神社前」から歩きました。

Img_0232-2

「表参道」の様子です。振り返って見ています。右手に「京都大学」が
あります。露店がぎっしりと並んでいます。
(西を向いて撮りましたので、逆光で黒過ぎますね。済みません。)

Img_0231-2_20200203110301

「一の鳥居」です。ここからは、行きは左側、帰りは右側となりますが、
余り気にせずに歩いている人にも出会います。

Img_0229-2_20200203110601

やや急な坂道を上がって平坦な場所に着きます。
右手奥には「二の鳥居」が見えます。手前左手には「火炉」があり、その傍で
持参したお正月の神様の関係の物品を係の方に渡します。燃やして頂く為です。

Img_0208-2

何時もの通り、拝殿前は大混雑です。もっと広くして貰うと助かるのになあと
何時も思いつつ拝んでいます。

Img_0207-2

拝殿の左側では、巫女さんのお神楽が見られました。

Img_0211-2

拝殿の奥には、「本殿」が見えましたが、薄い布が掛かっていてはっきりとは
拝むことが出来ません。そこには、4つの「本宮」(本殿)が並んでいます。

Img_0212-2

拝殿の右側には、この様な「お灯明」場があります。

Img_0213-2

さらに右手に進むと、お札などが授与される所があり、人だかりでした。

Img_0216-2

抽選付き「福豆」を売る着飾った娘さん達です。

Img_0219-2

「火炉」は、この様なものです。正月飾りなどを受け取って頂けます。
3日の夜に「火炉祭」に燃やされます。

 この後は、「大元宮」に向かいました。
 次回に続きます。

2020年1月 9日 (木)

京都の初詣(4)

 前回の続きです。
 元日に続き、2日目は「北野天満宮」(天神さん)に
お参りしました。

001a_20200105192001

今出川通に面した「一の鳥居」から参入します。
初詣の人と、出迎える屋台の数々で、参道はスムーズには進めません。

002a_20200105192401

「大絵馬」が掲げられている楼門が見えて来ました。

003a_20200105193801

中門の「三光門」近くまで来ました。

004a_20200105194201

「拝殿」の近くに来ますと、大勢の人の行列に驚きです。
私は、行列とは離れて横から参拝させて戴きました。

010a_20200105194501

横からの眺めです。

昨日参拝した神社でもそうでしたが、ここでは特に激しく思ったのは、「おみくじ」と
「絵馬」のエリアでした。

010a_20200105194501

(おっと新年早々のミスでした)

005a_20200105194801

「おみくじ」は、先ず筒から番号を引き当てます。
そして、他の場所で「おみくじ」を引替えで戴きます。
どちらも行列が出来ていました。

008a_20200105195301

「絵馬」の方は、先ず「絵馬」を買って、ここで書き込みをします。

007a_20200105195501

そして、「絵馬」を奉納するところ(奥に見える鳥居の奥)にも行列が。

011a_20200105195701

ここも大忙しの様子でした。

016a_20200105200201

「神楽殿」では、新春に相応しい展示が見られました。

013a_20200105200501

一際目立った生け花でした。

 今年の「初詣」は、以上で終わりですが、毎年恒例?の「二条城」に向かいました。

 次回に、ご紹介します。

 

2020年1月 8日 (水)

京都の初詣(3)

 前回の続きです。
 「平安神宮」~「知恩院」と経て、「八坂神社」に
遣って来ました。

015a_20200102155301

親しみを込めて「やさかさん」は、京都市民にとっての庶民のお宮さんです。
「祇園祭」は、当社の祭礼です。やはり人は多いです。

018a_20200102155701

位置を変えて見ています。

017a_20200102155801

色んなものが「授与」されています。授与と言っても有料ではありますが・・・。

022a_20200102160001

「舞殿」の前も大賑わいです。ここにも「大絵馬」が見られました。

020a_20200102160101

ここは「撮影スポット」でもある様です。ここの「子」さんは可愛いですね。

024a_20200102160301

ここの正式な「楼門」は、南に向いたこれです。ここをくぐればその先に、舞殿~拝殿
と続きます。

026a_20200102160501

その「楼門」の前には、「中村楼」と言う有名な料亭があります。

私は境内に戻って、「祇園えびす神社」にもお参りしました。

028a_20200102160701

その社殿前です。参拝を済ませて、ふと横を見ると、

030a_20200102160801

「えべっさん」と「狛犬さん」のツーショツトが見られました。

031a_20200102161001

こちらの方が人の出入りが多い「西楼門」から退出しました。

 そして、この日最後の初詣は、地元の氏神様へ。

032a_20200104155501

こちらでは、寒空の下約30分待ちの初詣でした。小さな神社故、一度に2人しか
神前に立てないからです。

035a_20200104155801

待つ間に見付けた石垣の一部になっている石碑?です。
「文化一四年」の文字が。文化14年と言うと、西暦1817年、文化・文政 江戸時代
も後期、そろそろ幕末の始まりの時期かと思います。

 そして、ここには有名なものが、

037a_20200104160601

そうなんです。「三柱の石鳥居」があります。

と言うことは、ここは「木島坐天照御魂神社」(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)
通称・蚕の社です。

そして、境内には「養蚕神社」があり、繊維関係社の崇敬を集めています。
上の石碑は、西陣の縮緬業者が奉納したものと思われます。

 以上で、元日の初詣はやっと終わりました。

2020年1月 7日 (火)

京都の初詣(2)

 前回の続きです。
 「平安神宮」から「知恩院」に向かいました。
 親しみを込めて私は「ちおいんさん」と呼んでいます。
 我が家の宗派の「浄土宗」の総本山です。

008a_20200102152701

堂々たる「三門」前に来ました。膝が良くないのですが、杖を突きつつ急で多い石段を
ゆっくりと登りました。結構しんどかったです。

010a_20200102153001

漸く「御影堂」前に着きました。「平成の大改修」中なので堂内には上がれません。

011a_20200102153301

大きな立札には、「落慶法要」は令和二年四月一三日から一〇月二五日の間に
行なわれるとありました。

012a_20200102153601

やむなく「阿弥陀堂」と、

013a_20200102153901

「法然上人御堂」とに、お参りさせて戴きました。

 次は、「八坂神社」に向かいます。
 その途中に通過する「円山公園」の「大紅枝垂れ桜」の冬景色を見ました。

014a_20200102154401

今の時期は、こんな様子です。少し身をくねらせて立つ怪人の如くです。

 次回は、「八坂神社」に初詣です。

2020年1月 6日 (月)

京都の初詣(1)

 今年の安寧を願って、元日から初詣に出掛けました。
 久し振りに「初詣のはしご」をしました。

 先ず元日に、京都市民にとっての総氏神の「平安神宮」へ。

001a_20200102150501

平安宮の「応天門」を模して造られた「楼門」をくぐります。やはり参拝する方が
多い様です。

002a_20200102150801

「楼門」をくぐって境内に入ります。人が多いです。

003a_20200102150901

ご覧行列でした。入場制限をされていました。私も並びました。

004a_20200102151001

平安宮の「大極殿」を模して造られた「外拝殿」を見ながら順番を待ちます。

005a_20200102151201

待っている間に、「外拝殿」の屋根に輝く「シビ」を眺めていました。

007a_20200102151801

約15分待ち位で参拝をさせて戴きました。その後待つ人の行列は、斯くの如くでした。

 この後は、「知恩院」に向かいました。次回に続きます。

 

2020年1月 3日 (金)

明けましておめでとうございます(3)

 前回の続きます。
 今回は、「護王神社」です。

 「京都御所・御苑」の西側傍にあります。

011a_20191228195701

何時もの様に、先ずお参りを。

008a_20191228195901

こちらも、「大絵馬」は舞殿に置かれています。「狛犬」ならぬ「狛猪」がお出向かいを。

010a_20191228200301

こちらには、2匹の「子」さんが、打出の小槌と描かれていますね。

014a_20191228200501

ご祭神の1柱、「和気清麻呂公」像です。

 以上で、新年恒例の「大絵馬」シリーズを終わります。

2020年1月 2日 (木)

明けましておめでとうございます(2)

 前回の続きです。
 今回は、「松尾大社」です。

005a_20191228194101

先ずはお参りを。拝殿の前には大きな賽銭箱が設けられています。

007a_20191228194601

「大絵馬」は、舞殿に置かれています。

006a_20191228194701

「松尾さん」は、お酒の神様でもあります。そして「亀さん」は御使いです。
絵馬には、必ず描かれています。こちらも可愛い「子」さんですね。

 次回に続きます。

2020年1月 1日 (水)

明けましておめでとうございます(1)

 令和2年(西暦2020年) 明けましておめでとうございます。
 今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 さて、今年も恒例の京都市内の神社の「大絵馬」で
新年を寿ぎたいと思います。

 先ず最初は、「北野天満宮」(親しみを込めて・天神さん)
からです。

004a_20191228191301

先ずお参りを。

002a_20191228191401

楼門に掲げられた「大絵馬」です。

003a_20191228191501

大きくして見ましょう。可愛い「子」ちゃんです。
ご祭神の菅原道真公が愛した「梅」の花に囲まれています。

003a_20191228191701

「大福梅」を授与戴きました。元旦に戴きます。

002a_20191228191901

中味は、からからに乾燥した「梅干し」と裏白一片です。
 次回に続きます。

2019年11月23日 (土)

2019時代祭(8)

 前回の続きです。漸く最終回となります。
 時代は、「延暦時代」(平安遷都の時代)に移ります。

136a

先ず、「延暦武官行進列」です。クラシック感を感じます。

137a

武官の主将(坂上田村麻呂)です。

139a

「将佐」と言う階級の武将です。

143a

続いて、「延暦文官参朝列」です。「三位」の文官だそうです。

145a

次は、「四位」の文官です。

最後の列は、「神幸列」です。
始めは、「神饌講社列」(神前にお供えするもの)の列が続きます。
そして、「神幸列」の前陣を行く「前列」が進みます。

164a

「禰宜」(神職)さんです。

167a

いよいよ「鳳輦」が静々と進みます。前は「孝明天皇」です。

171a

続く「鳳輦」は、「桓武天皇」です。

174a

「宮司」さん?(正確には不明です。本来は黒衣かと?)。

178a

「列奉行」さん達です。

182a

「白川女献花列」の皆さんです。

183a

その内のお一人をアップで。

188a

時代祭の後陣は、「弓箭組列」です。丹波国南桑田組と船井組の人達です。
馬上は、「隊長」さんです。

190a

馬上は「隊長」さんです。

192a

そして、行列の最後の最後の方です。撤収の車達が後に付いています。お気持ちはどんなんでしょうかね? 悠然と歩みを進めておられます。

 長々とご覧戴きまして、誠に有難うございました。
 私の最後の「時代祭」の取材でした。

 

 

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き