カテゴリー「地域」の6件の記事

2019年3月 3日 (日)

伏見酒蔵の町でほろ酔い気分

 久し振りに、伏見酒蔵の町にある「鳥せい」さんで、焼きとりとお酒を戴きました。
 「鳥せい」さんは、(株)山本本家が名水「白菊水」を仕込み水に使って酒造りをしている老舗の酒蔵の一部を改装して本格鶏料理と蔵出し原酒で遣っておられるお店です。
 銘酒「神聖」を始め色んなお酒が楽しめます。

 2月の或る日、開店(午前11時)まで未だ早いと思いつつお店の前に行くと、はや行列が出来ていました。開店まで20分以上待たないといけないが、行列の最後尾に並ぶことにしました。日曜日と近くの酒蔵の蔵開きとが重なり、こんな人出になった様です。寒風が吹く中、辛抱強く開店を待ちました。

014a

食べ終わった後で撮った店先の様子です。

015a

店先から右手の酒蔵の方向を見ています。
店先の右隣では、ここの製品が売られています。
「たれ口」と言うアルコール度が19度の原酒を買いました。

 漸く開店となり、暖かい店内に入り、ほっとしました。忽ち店内は満席に。
 比較的落ち着けそうなテーブルに席を確保、早速注文を。
 焼きとり6串と熱燗を頼みました。

001a

料理が来るまで、店内を見回しました。

003a

右に見えるタンクには、原酒が貯蔵されています。
熱燗の後、コップに1杯追加で戴きました。

011a

座った場所の近くの様子です。

007a

漸く焼きとりが届きました。

008a

残りが来て、2人分の計 12本が揃いました。思ったより早く来ました。
どれも大変美味しかったです。

009a

焼きとりの後は、「鶏ぞうすい」を戴きました。食感も良く、あっさりとした美味でした。

十分に満足のひと時の後は、伏見の町中を歩きました。

016a

丁度隣では、「酒蔵開き」が催されていましたので、少しだけ覗いて見ました。
以前一度酒蔵を見学したことがあります。

017a

ここで醸造されている銘柄の様です。「神聖」もありますね。

018a

「宇治川派流」の傍の道を歩いています。伏見の町歩きの名所の1つでする

021a

川沿いに植えられた梅が咲いていました。バックは酒蔵の裏側です。

 酔いが少しずつ醒めて来ました。




2019年3月 1日 (金)

梅小路公園界隈

 多分初めてかと思いますが、JR沿線に近くにある「梅小路公園」を散歩しました。
 実は、公園に植えられている「梅」が見頃だと、地元紙で知り、それを見に行くことが主目的でしたが、周辺にも目を向けました。

002a

旧国鉄の施設だった後に造られた「梅小路公園」を、東からほぼ西方向を見ています。
お目当ての「梅林」は左手にあり、右手には「京都水族館」があり、さらに正面奥には「鉄道博物館」があります。

001a

その「京都水族館」の正面です。横に広がった建物です。

043a

そんな観光場所があるため、JRさがの線の京都駅と丹波口駅の間に新駅「JR京都西駅」が出来ました。この日(2月25日)は未だ工事中でしたが、3月15日から営業開始の予定です。

 界隈のご紹介は、この辺にして、お目当ての「梅」をご覧戴きましょう。

029ab

「梅林」は、公園の東南部にあります。ほぼ全景です。紅梅が目立ちました。

009a

「梅林」のほぼ真ん中に立っています。

012a

満開もあれば蕾もある白梅です。

015a

薄いピンクもありました。これぞ「桃色」ですね。

037a

梅の木は、紅白の幕が張られたところから、さらに西の方にも広がっています。
そんな中に、やや黄色がかった花が見られました。

041a

西に広がった梅林の最も西にあった紅梅です。

 丁度お昼前になったので、公園の一部に造られた庭園「朱雀の庭」に面したレストランで「京野菜」を使ったランチを戴きました。











 

2018年12月28日 (金)

シャドーボックス展・京都で紡ぐ(2)

 前回の続きです。

③外国の風景

025a

「居間」の様子です。窓から外の景色も。

026a

「サグラダファミリア」です。

033a

「ヨーロッパ」の水郷です。ヴェニス?ゴンドラ?

④人物

028a

シャドーボックスを作る為の材料達、人物など。

029a

こちらには、背景も。

038a

「お祭り」の様子です。

⑤その他

019b

「笛を吹く少女と、それを聴く孔雀」と言った光景です。

037a

「孔雀が2羽」です。見事な羽根です。

022a

「源氏物語」です。

031a

歌舞伎 「勧進帳」です。

 以上で、「シャドーボックス展」は終わりとします。


2018年12月26日 (水)

シャドーボックス展・京都で紡ぐ(1)

 切り出した和紙やカラープリントを重ね合わせて立体的なペーパークラフトに仕上げる「シャドーボックス」展が、「京都で紡ぐ」と言うタイトルの元、京都文化博物館別館で開催されていたので拝見しました。力作揃いの84点は、見応えがありました。
 モチーフは多岐に亘っていて、和風や洋風と色々とありました。
 ガラスに覆われていて、光線の加減などで真正面から撮り難く、斜めから撮ったものが多くありました。館内の様子が映り込んでいるのもあり、申し訳ありません。

021a

展示会場の一部の様子です。文博別館は、旧日本銀行京都支店です。

 では個々の作品を、テーマ別にご紹介しましょう。

①京都関係

016a

「祇園祭」の様子です。

032a

「二寧坂」です。

②花

020a

花をあしらった帯状のものが束ねられています。

024a

「月と花」モノトーンの世界です。

027a

「富士・鳥・花」など多彩です。

030a

「花と果物」です。光沢が素敵です。

034a

「女人と梅」です。

 次回に続きます。

2018年12月24日 (月)

クリスマスツリー in 京都駅ビル

 12月に入ってからは、多くの町でクリスマスツリーが飾られて、特に若者たちで賑わっています。
 今日は、偶然見かけた京都駅前のツリーをご紹介しましょう。
 まずは、高低差30m、171段大階段、その途中に飾られたツリーです。

Img_8242

画像が暗いですが、点灯点滅する夜間ならもっと綺麗で華やかなのですが・・・・残念です。

Img_8243_2

階段を上り、正面から撮っています。観光客の多分アジア系の方の姿が目立ちます。

Img_8245

場所を変えて撮りました。こちらの特徴とも言える、全体を箱型のガラスと金属的な膜でカバーしているのが面白いです。
最初に見た時は、驚きましたが今では、今では全く違和感が無くなりました。

Img_8240_2

これは、ホテルグランヴィア京都のロビーに飾られたツリーです。
こちらでは、季節ごとやイベントが有ればそれらを飾り立てる・盛り上げる為に立派な生け花など装飾に工夫されロビーで寛ぐ人たちにも好評です。

Img_8241

母親に早く行こうと言われていも、よほど気に入ったのかツリーの周りを飽きもせずに回っている坊やです。

次は京都駅では無いですが、京都文化博物館へ行った時にロビーに飾られていたツリーです。

042a

京都文化博物館の玄関に立てられていたツリーです。太いリボンが印象的です。

036a

こちらは、文博別館で開かれていた「シャドーボックス展」の中で、飾られていたツリーです。会場の雰囲気にあったツリーでした。

 クリスマスツリーも年を重ねると共に、趣向が凝ったものになって来ました。

2018年12月14日 (金)

「Porta Brilliant Xmas」 in 京都駅前地下街ポルタ

 京都駅前地下街ポルタは、2018年のクリスマスプロモーションとして、
「Porta Brilliant Xmas」(ポルタ ブリリアント クリスマス)を11月17日(土)~12月25日(火)の期間中、全館で開催いしています。

 その中で今回ご紹介するのは、特に注目のポルタのメイン広場である「ポルタプラザ」のクリスマス装飾です。

Img_8233

純真な心の贈り物として扱われる花、クリスマスローズのブーケをツリーに見立て、吹抜け空間には花びらが天井から舞い降りたような、フェミニンな大人のクリスマスを印象付けます。
 またナイトタイムには、クリスマスミュージックに合わせた光のショーを展開しているとの事です。

Img_8234


Img_8235


Img_8236

華やかな飾りつけは多くの方の目を惹き、立ち止まって見ている人、シャッターを切る人の姿が見られました。

Img_8237

これは、「グランヴィアホテル京都」へ誘うかのような飾りつけです。
クリスマスに向けて、町も賑わう事でしょう。(撮影12月4日)

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き