カテゴリー「ランチとディナー」の47件の記事

2018年11月26日 (月)

洛南・伏見3題(その2)鳥せい

 前回の続きです。暫く時間が空きましたが・・・。
 伏見稲荷大社から、酒の町「伏見」へ遣って来ました。
 最近、ここへ来ると先ず行くのが「居酒屋・鳥せい」さんです。
 何時も混んでいて、少し待たされるのですが、この日は直ぐに席に案内されました。
 ここの定番は、「焼き鳥と日本酒」です。勿論日本酒は伏見のお酒です。鳥せいさんは伏見の酒・神聖(山本本家)の直営店です。

024a

その店前です。

025a

その右手を見通すと、この様です。「山本本家」の酒蔵です。

026a

その右側から、「鳥せい」さんの店前を見ています。

店内に入ります。

017a

店内から、入口を見ています。勘定場は入口を入ったところです(左側)。

席から店内の様子を見ています。

016a

カウンター席です。中で調理などをしています。

015a

席の前の上の方を見ています。

018a

「角樽」でしょうか?一人で持てるのでしょうか?

いよいよ頼んだ料理が来ました。

021a

「やき鳥定食」です。ご飯をはじめ全て美味しかったです。

022a

「やき鳥の盛り合わせ」です。始めに来たものです。

023a

その次に来たものです。「揚物」も付いています。

美味しくて、しっかりとお腹がふくれました。
アルコール類は、ビール(日本酒のお店なのに)と、冷やした「生原酒」を戴きました。

テーブルの上に置いてあった印刷物によりますと、
「鳥せい」さんの始まりは、1966年(昭和41年)10月22日・時代祭の日だったそうです。
四条木屋町の地で、京都初の焼き鳥専門店としてスタートしたそうです。

 しっかりと腹ごしらえが出来たので、「伏見の町」を歩くことにしました。

2018年11月24日 (土)

琵琶湖ホテルでランチ(2)ホテルにて

 前回の続きです。
 漸く「琵琶湖ホテル」に着きました。少し知人を待たせて仕舞いました。

029a

「琵琶湖ホテル」の玄関近くです。

027a

ホテルの玄関です。

026a

ホテルの中に入って直ぐに目に入ったのが、これでした。

 では、いよいよランチを戴きます。
 「鉄板焼きランチ 槍持奴」と言うランチです。目の前で焼いて戴けます。

013a

先ず「じゃこサラダ」です。じゃこがトッピングしてあります。

014a

次は「出し巻き玉子」です。やわらかくてあつあつが戴けました。

016a

「徳利蒸し」です。右の小鉢に出汁が入っています。

020a

「太刀魚の焼き物」です。

025a

本日のメインディッシュです。「国産牛ヒレ 90グラム 本山山葵とにんにく醤油」です。

その他、滋賀県高島産棚田米の御飯、香の物、吸い物、デザート、コーヒーなどでした。

デザートとコーヒは場所を変えて、又、違った雰囲気。ゆっくり美味しく戴きました。

初めてのランチは特に美味しかったです。身体も心も満足、満足でした。ご馳走様でした。






2018年11月12日 (月)

琵琶湖ホテルでランチ(1)浜大津風景

 知人のお誘いを受け、滋賀県大津市の「琵琶湖ホテル」でランチを戴きました。
 久し振りの琵琶湖畔・浜大津です。京阪電車浜大津駅からの連絡通路(少し高架になっています)から、「琵琶湖」や「比叡山」などの景色を眺望しました。

001a

連絡橋から琵琶湖を一望しましたが、琵琶湖は中央部分ですが余り大きくは見えなかったです。右手の建物は、「浜大津港」。左手の遠くの山並みは、「比良連峰」です。

002a

見える山は「比叡山」です。京都市内から見る比叡山の山容とは全く違います。
その手前の高いビルはマンションです。さらにその手前の薄緑の屋根の建物は、「びわこボートレース場」です。

003a

連絡橋を歩き始めました。見える建物は、右側のカラフルな建物が「琵琶湖ホテル」、
左手の窓の多い建物は、「浜大津アーカス」と言うゲームセンターなどがあるところです。
その左手の高い建物は、「大津プリンスホテル」です。

004a

そこへ突然姿を見せたのが、琵琶湖の大型観光船「ミシガン」です。多くの人の姿が見えます。湖上観光を終わって帰港した様です。

006a

「浜大津港」です。

007a

遠くに見える山は、近江富士と言われる「三上山」(みかみやま)です。

011a

浜大津港に帰港した「ミシガン」です。船から下りて、観光バスに乗る人達の姿が見えます。

009a

連絡橋を歩いていて、右手に見えた建物は、「旧大津公会堂」です。
手前の線路は、「京阪電車・石坂線」です。
現在は、レストランなどが入っているそうです。
左手奥の白い高い建物は、「滋賀銀行・本店」です。

 次回に続きます。


















2018年10月21日 (日)

京都・北野天神前の「たわらや」さん

 京都市内の博物館めぐりをしている中で、丁度お昼時になり、前から気に入っているお蕎麦屋さんに行った所、あらかじめ承知していた定休日でもないのに、全く開店(午前11時30分から)する気配が無く、暫く待ったが遂に諦めて、他のお店を探してぶらぶらと。
 そして、前から一度行って見たかったお店「たわらや」さんに辿り着きました。
 幸いにも空いていて、ほっと一息。未だ残暑厳しい日中なので、「冷麺(和風味)」をお願いしました。
 その間に、趣のある店内を少し撮らせて戴きました。
 かなり古い京町家です。店内には、ご主人のお好みか、色んなものが置かれていました。

043a

北野天満宮の大きな一の鳥居の前から、今出川通を渡って南に直進すると、右手に
「たわらや」さんのお店の前に至ります。

044a

感じの良い暖簾をくぐって、お店の中に入ります。

040a

入って直ぐに振り返りますと、こんな感じです。

034a

入った直ぐに目に付くのは、この大きな井戸です。
今は使われていない様ですが、上には釣瓶の滑車が下がっていました。

039a

その横の奥に通じる石畳の通路です。何時もこの様に水を撒いて清潔を保っておられるのですね。奥が調理場の様です。

入口を入って直ぐ左には、この様な間取りがありました。

032a

全体に落ち着いた雰囲気が感じられます。

035a

近寄って拝見しますと、お茶室のしつらえになっています。

036a

その右隣には、この様な飾りが見られました。

041a

戴いた和風味の「冷麺」です。暑い時は、「冷麺」に限ります。
見た目中華冷麺の様に見えますが、うどんを使った和風味です。大変美味しかったです。
ここの名物は、太いうどんの「一本うどん」とか。一度食べて見たいと思いました。

 この後、午後は衣笠の立命館大学前にある「京都府立堂本印象美術館」へ行きました。
 ここも、今回の「博物館めぐり」の中に含まれているところです。













2018年10月15日 (月)

最近戴いたランチ 2題

 私達は、食べることが大好きです。豪華なランチは戴きませんが、手頃なお値段で場所を決めています。
 最近戴いたランチ(と言っても和食ですが)を2つ、ご紹介させて戴きます。

(その1)「 銀座 ハゲ天」さんです。京都駅前地下街ポルタで戴きました。実は前から一度入って見たいと思っていたお店でした。

064a

お店の外観です。

天ぷらの専門店で、揚げ立てを直ぐに提供すると言うのが、お店のモットーの様に思いました。席に就くと、先ず出てくるのが、天ぷらを置く容器でした。

058a

そして、プレートに載った天つゆやご飯など一式です。
右上に見えるのが、その天ぷらとその容器です。

061a

揚げ立ての天ぷらは、計 3回に分けて持って来て下さいます。
これが 2回目です。

062a

そして、これが3回目です。色んな具材の天ぷらが戴けます。
美味しくて、お腹も一杯になり、大満足でした。

そして、(その2)は、「京懐石 美濃吉 四条河原町店」(京都マルイ上8階)で、「京弁当
 天ぷら付き」を、お昼に3人で戴きました。

001a

「京弁当」は、豪華な朱塗りの2段になったお弁当箱に入って出て来ます。
その弁当箱の上を飾る絵が描かれた紙(カバー?)です。

005a

「京 弁当」の全体の様子です。お造りもあります。
沢山の種類の食材のお料理が戴けます。

003a

お弁当の上段の様子です。

002a

少しして「天ぷら」も運ばれて来ました。

 以上 2件 最近特に美味しく戴いたランチでした。

2018年10月13日 (土)

東山魁夷展を見る

 京都市岡崎にある「京都国立近代美術館」で開催されている「東山魁夷展」~本当の「あお」に出会う~を、9月26日に拝見しました。
 館内の展示作品の撮影は出来ませんが、玄関前には幾つかの看板などが見られますので、それをご覧戴きます。

009a

流石有名画家の「魁夷」さんです。館前の様子です。人の多さに驚きました。
看板の絵は、有名な「道」です。

011a 

最もシンプルな看板です。こちらも代表作「道」です。昭和25年(1950)の作品です。

003a

館内にあった看板です。絵は、唐招提寺御影堂障壁画「濤声」の一部です。
昭和50年(1975)の作品です。

館の前に立つ立体的な看板達です。

005a

この美術館は、平安神宮の朱色の巨大な一の鳥居の前にあります。
また向かい側には、目下耐震工事中の「京都市美術館」があります。

008a

こちらも「道」ですが、立体的看板の一面です。

006a

こちらは、唐招提寺御影堂障壁画「濤声」の一部です。

007a

惜しげもなく名作が看板に使われています。

 多くの名作を鑑賞させて戴いた後は、館内にあるレストランでお昼を戴きました。

002a

東山魁夷展に合わせた特別メニューのパスタです。
鮭の切り身がトッピングされていました。キノコも沢山入っていました。
秋らしい献立です。美味しかったです。













2018年9月 7日 (金)

グランドプリンスホテル京都「メインダイニング いと桜」

 メインダイニング「いと桜」で”リニューアル1周年記念 ランチ”を戴きました。
何時もの仲良し3人ですが、2人が8月生まれという事で盛大??なお祝いでした。

Img_7946

              お祝いのワンプレート

Img_7938


Img_7940


Img_7941

パンはいつものように、お替りします。
ホテルのパンは美味しいですね。

Img_7942

冷製スープはまろやかで、口当たりが良くとても美味しいでした。

Img_7943

メインディッシュは魚料理↑か肉料理↓を選べます。
一人は魚を二人は肉料理を選びました

Img_7944

ワンドリンク(写真のビール)、デザートとコーヒ付きで、3500円(税・サービス料込み)
 
3人とも、「美味しかったな、量も十分で、安い」と口々に喜んでいました。

2018年5月21日 (月)

九州温泉旅(3)鉄道の旅・指宿 (食事)

 前回の続きです。第一泊目の指宿の旅館で戴いた、夕食をご紹介します。
まず、レストラン?で配膳などのお世話をして頂いた女性が素朴で良い意味で田舎(失礼)の方でした。
 「お品書き」はありませんね!?に「はい ありません」
田舎らしい素朴な味付けと盛り付けです。


Img_3798


Img_3799


Img_3800

お袋を思わせる味付けです。

Img_3801


Img_3802


Img_3806

デザートまで、ゆったりした時間と空間の中で、どれも美味しく戴きました。

Img_3816

こちらは、朝食です。今は、一般的にパン食が多いようですが、懐かしい「家庭の朝ごはん」のように思われました。
お味噌汁が特に美味しいでした。

        ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

次の2点は、館内に飾られていた物です。


Img_3808

大英帝国海軍 フリゲート艦 船名 ユーリアラス スペイン戦争などで活躍したとの事です。

Img_3812


Img_3813

2018年3月16日 (金)

センチュリーホテルで鉄板焼きを戴きました

 普段は和食を好んで戴いていますが、たまにはパワーを貰えそうな肉、出来れば値段を気にせずに、お腹いっぱい食べたいと思っています。
 そんな時に目についたのは、センチュリーホテルの鉄板焼きでした。


Img_3670

予約をしていたのですが、一番乗り?でした。この後、若いカップル、グループや中年のご夫婦らしき男女が来られ、満席になりました。

Img_3672

目の前でシェフの手元を見ながら、会話を楽しみながらのゆったりランチです。

Img_3673


Img_3677


Img_3679


Img_3681

文字通り、ワクワクしながら焼きあがるのを待っています。

Img_3683


Img_3684


Img_3687

メニューには載っていませんが、プラス700円でガーリックライスを戴きました。
パラっとコンガリ、お肉で満腹していたのですが、別腹?とばかり美味しくて美味しくて一粒も残さないで何時ものように完食です。
 実は2週間後にもう一度訪れ、特にシェフに喜ばれました。
この時はガーリックライスと異なり、ご飯(漬物付)と赤出汁そして、デザートを選びました。後口が爽やかでガーリックライスとは又違った満足でした。

2018年3月11日 (日)

中山道・木曽路の宿場を訪ねて(1)ホテル木曽路-1夕食

 前回の続きです。
旅の楽しみの一つはやはり現地で戴く料理です。特に宿泊したホテルでゆっくり戴く夕食は美味しいです。
 料理の詳しい説明が出来ませんが、味は薄味でとても美味しかったです。
 
では戴いた順番にご覧ください。

Img_5133

篭に盛られた「季節の盛り合わせ」秋が満載です。

Img_5134

   お造り 季節の二種盛り

Img_5135

   しゃぶしゃぶ

Img_5138

ワカサギとキノコの天ぷら

Img_5137_2

  牛下味噌煮 特に茄に出汁が沁みていて美味しいでした。

Img_5139

            野沢菜茶漬けと自家製漬物

Img_5141_2
   
 デザート 柿ムース

 事前に聞いていましたが、少量で食材は豊富、味わって戴きました。


より以前の記事一覧

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き