カテゴリー「ランチとディナー」の50件の記事

2019年3月 3日 (日)

伏見酒蔵の町でほろ酔い気分

 久し振りに、伏見酒蔵の町にある「鳥せい」さんで、焼きとりとお酒を戴きました。
 「鳥せい」さんは、(株)山本本家が名水「白菊水」を仕込み水に使って酒造りをしている老舗の酒蔵の一部を改装して本格鶏料理と蔵出し原酒で遣っておられるお店です。
 銘酒「神聖」を始め色んなお酒が楽しめます。

 2月の或る日、開店(午前11時)まで未だ早いと思いつつお店の前に行くと、はや行列が出来ていました。開店まで20分以上待たないといけないが、行列の最後尾に並ぶことにしました。日曜日と近くの酒蔵の蔵開きとが重なり、こんな人出になった様です。寒風が吹く中、辛抱強く開店を待ちました。

014a

食べ終わった後で撮った店先の様子です。

015a

店先から右手の酒蔵の方向を見ています。
店先の右隣では、ここの製品が売られています。
「たれ口」と言うアルコール度が19度の原酒を買いました。

 漸く開店となり、暖かい店内に入り、ほっとしました。忽ち店内は満席に。
 比較的落ち着けそうなテーブルに席を確保、早速注文を。
 焼きとり6串と熱燗を頼みました。

001a

料理が来るまで、店内を見回しました。

003a

右に見えるタンクには、原酒が貯蔵されています。
熱燗の後、コップに1杯追加で戴きました。

011a

座った場所の近くの様子です。

007a

漸く焼きとりが届きました。

008a

残りが来て、2人分の計 12本が揃いました。思ったより早く来ました。
どれも大変美味しかったです。

009a

焼きとりの後は、「鶏ぞうすい」を戴きました。食感も良く、あっさりとした美味でした。

十分に満足のひと時の後は、伏見の町中を歩きました。

016a

丁度隣では、「酒蔵開き」が催されていましたので、少しだけ覗いて見ました。
以前一度酒蔵を見学したことがあります。

017a

ここで醸造されている銘柄の様です。「神聖」もありますね。

018a

「宇治川派流」の傍の道を歩いています。伏見の町歩きの名所の1つでする

021a

川沿いに植えられた梅が咲いていました。バックは酒蔵の裏側です。

 酔いが少しずつ醒めて来ました。




2019年2月12日 (火)

シェフの饗宴もお終いに

 以前は、毎年親しんでいた「シェフの饗宴」が、今年で終了とのことで、最も良く通った「京都センチュリーホテル」に行って来ました。

 今年で78回になるこの催しは、1999年から始まったもので、京都駅周辺の8つのホテルのシェフ達が、限られた価格の中で、工夫をして腕によりを掛けて料理を提供すると言うものです。ランチとディナーとがあります。
 参加ホテルは、リーガロイヤルホテル京都 京都新阪急ホテル 京都センチュリーホテル
 京都タワーホテル 京都東急ホテル 新・都ホテル ホテルグランヴィア京都 
 ホテル京阪京都グランデ  です。

 2月8日(木)お昼に、京都センチュリーホテルの2階 オールディダイニング「ラジョウ」で、
 ランチ+ワンコインメニューを戴きました。
 今回の企画には、「御食国」(みけつくに)・三重県の食材が多く使われています。

001a

今日の料理に合ったワインと言うことで、赤ワインを戴きました。

004a

スープは、三重県産の夢しいたけによるもので、上には牛乳を泡立てたものが載っています。

005a

泡を除けて見ると、スープはこの様な色です。温かいスープで、やはりしいたけの味がしました。

006a

パン2種類です。ここでは、以前からオリーブ油を付けて食べるのでした。
どちらも暖かくて美味しかったです。

007a

伊勢まだいの蒸し焼きに、これも三重県産の青さのりと蕪のとろり状のもの。

008a

中の"まだい"の蒸し焼きは、こんな状態で、掻き混ぜながら戴きました。
初めての食感でした。こちらも美味でした。

009a

メインデッシュの、国産牛フィレのステーキです。
たまねぎや牛蒡などの野菜も添えられています。
赤いのは、金時人参のピューレが添えられています。

010a

実は、お肉を楽しみにしていたのです。勿論美味、一気に満腹に。

012a

最後は、デザート。アイスクリームといちごが爽やかでした。
コーヒーや紅茶も戴きました。

同じフロアーに飾られていた「有職雛」です。

013a

左手奥が調理場です。

料金は、1人前 3,500円にワンコインメニュー500円とワイン代でした。
十分に満足のひと時でした。
今年が最後の「シェフの饗宴」なので、3月末までもう1~2か所行きたいと思いつつ、ホテルを後にしました。




















2019年1月24日 (木)

京都・西京区松尾から南へ歩く

 先日、北嵯峨から大覚寺まで歩いた後、松尾までバスに乗り、昼食などを済まして、先ず「松尾大社」に参拝し、その後「苔寺」前まで歩きました。
 その道は、西京区がお奨め「おさんぽコース」(松尾~上桂・2Km・徒歩25分)となっています。山の麓に沿った曲りくねった細い道で、ほぼ平坦な歩き易い道でした。

 昼食は、松尾大社の一の鳥居横にある「京料理とりよね別館」で戴きました。

042a

そのお店の出入り口辺りの外観です。水煮や鶏料理で有名な老舗です。
右端の道路は、嵐山への道です。

039a

店内は老舗らしい落ち着いた雰囲気でした。
店名を漢字で書くと、この様になるようです。

041a

お庭など自由に拝見出来ました。

034a

戴いたのは、「点心弁当」です。
始めに、右手のお椀の「鳥がらスープ」が出て来ました。
コクがあって、美味しく戴きました。

 美味満腹になりましたので、松尾さんにお参りをしました。

043a

一の鳥居の偉容です。お昼を戴いた「とりよね」さんは右手にあります。

046a

表参道を進みますと、やがて立派な楼門が見えて来ます。
諸社殿は、その奥にあります。

049a

拝殿や本殿などが並んで見えます。お参りをしました。

 お参りを済ませて、少し歩くことにしました。
 月読神社前を通り、住宅が並ぶ細い道を進みます。
 やがて見えて来たのは、

051a

通称「鈴虫寺」、正式名は「華厳禅寺」の入口です。

053a

その参道の様子です。奥が「鈴虫寺」の入口です。
この後、歩きは終了し、「苔寺」前からバスにて帰途に着きました。



















2018年11月26日 (月)

洛南・伏見3題(その2)鳥せい

 前回の続きです。暫く時間が空きましたが・・・。
 伏見稲荷大社から、酒の町「伏見」へ遣って来ました。
 最近、ここへ来ると先ず行くのが「居酒屋・鳥せい」さんです。
 何時も混んでいて、少し待たされるのですが、この日は直ぐに席に案内されました。
 ここの定番は、「焼き鳥と日本酒」です。勿論日本酒は伏見のお酒です。鳥せいさんは伏見の酒・神聖(山本本家)の直営店です。

024a

その店前です。

025a

その右手を見通すと、この様です。「山本本家」の酒蔵です。

026a

その右側から、「鳥せい」さんの店前を見ています。

店内に入ります。

017a

店内から、入口を見ています。勘定場は入口を入ったところです(左側)。

席から店内の様子を見ています。

016a

カウンター席です。中で調理などをしています。

015a

席の前の上の方を見ています。

018a

「角樽」でしょうか?一人で持てるのでしょうか?

いよいよ頼んだ料理が来ました。

021a

「やき鳥定食」です。ご飯をはじめ全て美味しかったです。

022a

「やき鳥の盛り合わせ」です。始めに来たものです。

023a

その次に来たものです。「揚物」も付いています。

美味しくて、しっかりとお腹がふくれました。
アルコール類は、ビール(日本酒のお店なのに)と、冷やした「生原酒」を戴きました。

テーブルの上に置いてあった印刷物によりますと、
「鳥せい」さんの始まりは、1966年(昭和41年)10月22日・時代祭の日だったそうです。
四条木屋町の地で、京都初の焼き鳥専門店としてスタートしたそうです。

 しっかりと腹ごしらえが出来たので、「伏見の町」を歩くことにしました。

2018年11月24日 (土)

琵琶湖ホテルでランチ(2)ホテルにて

 前回の続きです。
 漸く「琵琶湖ホテル」に着きました。少し知人を待たせて仕舞いました。

029a

「琵琶湖ホテル」の玄関近くです。

027a

ホテルの玄関です。

026a

ホテルの中に入って直ぐに目に入ったのが、これでした。

 では、いよいよランチを戴きます。
 「鉄板焼きランチ 槍持奴」と言うランチです。目の前で焼いて戴けます。

013a

先ず「じゃこサラダ」です。じゃこがトッピングしてあります。

014a

次は「出し巻き玉子」です。やわらかくてあつあつが戴けました。

016a

「徳利蒸し」です。右の小鉢に出汁が入っています。

020a

「太刀魚の焼き物」です。

025a

本日のメインディッシュです。「国産牛ヒレ 90グラム 本山山葵とにんにく醤油」です。

その他、滋賀県高島産棚田米の御飯、香の物、吸い物、デザート、コーヒーなどでした。

デザートとコーヒは場所を変えて、又、違った雰囲気。ゆっくり美味しく戴きました。

初めてのランチは特に美味しかったです。身体も心も満足、満足でした。ご馳走様でした。






2018年11月12日 (月)

琵琶湖ホテルでランチ(1)浜大津風景

 知人のお誘いを受け、滋賀県大津市の「琵琶湖ホテル」でランチを戴きました。
 久し振りの琵琶湖畔・浜大津です。京阪電車浜大津駅からの連絡通路(少し高架になっています)から、「琵琶湖」や「比叡山」などの景色を眺望しました。

001a

連絡橋から琵琶湖を一望しましたが、琵琶湖は中央部分ですが余り大きくは見えなかったです。右手の建物は、「浜大津港」。左手の遠くの山並みは、「比良連峰」です。

002a

見える山は「比叡山」です。京都市内から見る比叡山の山容とは全く違います。
その手前の高いビルはマンションです。さらにその手前の薄緑の屋根の建物は、「びわこボートレース場」です。

003a

連絡橋を歩き始めました。見える建物は、右側のカラフルな建物が「琵琶湖ホテル」、
左手の窓の多い建物は、「浜大津アーカス」と言うゲームセンターなどがあるところです。
その左手の高い建物は、「大津プリンスホテル」です。

004a

そこへ突然姿を見せたのが、琵琶湖の大型観光船「ミシガン」です。多くの人の姿が見えます。湖上観光を終わって帰港した様です。

006a

「浜大津港」です。

007a

遠くに見える山は、近江富士と言われる「三上山」(みかみやま)です。

011a

浜大津港に帰港した「ミシガン」です。船から下りて、観光バスに乗る人達の姿が見えます。

009a

連絡橋を歩いていて、右手に見えた建物は、「旧大津公会堂」です。
手前の線路は、「京阪電車・石坂線」です。
現在は、レストランなどが入っているそうです。
左手奥の白い高い建物は、「滋賀銀行・本店」です。

 次回に続きます。


















2018年10月21日 (日)

京都・北野天神前の「たわらや」さん

 京都市内の博物館めぐりをしている中で、丁度お昼時になり、前から気に入っているお蕎麦屋さんに行った所、あらかじめ承知していた定休日でもないのに、全く開店(午前11時30分から)する気配が無く、暫く待ったが遂に諦めて、他のお店を探してぶらぶらと。
 そして、前から一度行って見たかったお店「たわらや」さんに辿り着きました。
 幸いにも空いていて、ほっと一息。未だ残暑厳しい日中なので、「冷麺(和風味)」をお願いしました。
 その間に、趣のある店内を少し撮らせて戴きました。
 かなり古い京町家です。店内には、ご主人のお好みか、色んなものが置かれていました。

043a

北野天満宮の大きな一の鳥居の前から、今出川通を渡って南に直進すると、右手に
「たわらや」さんのお店の前に至ります。

044a

感じの良い暖簾をくぐって、お店の中に入ります。

040a

入って直ぐに振り返りますと、こんな感じです。

034a

入った直ぐに目に付くのは、この大きな井戸です。
今は使われていない様ですが、上には釣瓶の滑車が下がっていました。

039a

その横の奥に通じる石畳の通路です。何時もこの様に水を撒いて清潔を保っておられるのですね。奥が調理場の様です。

入口を入って直ぐ左には、この様な間取りがありました。

032a

全体に落ち着いた雰囲気が感じられます。

035a

近寄って拝見しますと、お茶室のしつらえになっています。

036a

その右隣には、この様な飾りが見られました。

041a

戴いた和風味の「冷麺」です。暑い時は、「冷麺」に限ります。
見た目中華冷麺の様に見えますが、うどんを使った和風味です。大変美味しかったです。
ここの名物は、太いうどんの「一本うどん」とか。一度食べて見たいと思いました。

 この後、午後は衣笠の立命館大学前にある「京都府立堂本印象美術館」へ行きました。
 ここも、今回の「博物館めぐり」の中に含まれているところです。













2018年10月15日 (月)

最近戴いたランチ 2題

 私達は、食べることが大好きです。豪華なランチは戴きませんが、手頃なお値段で場所を決めています。
 最近戴いたランチ(と言っても和食ですが)を2つ、ご紹介させて戴きます。

(その1)「 銀座 ハゲ天」さんです。京都駅前地下街ポルタで戴きました。実は前から一度入って見たいと思っていたお店でした。

064a

お店の外観です。

天ぷらの専門店で、揚げ立てを直ぐに提供すると言うのが、お店のモットーの様に思いました。席に就くと、先ず出てくるのが、天ぷらを置く容器でした。

058a

そして、プレートに載った天つゆやご飯など一式です。
右上に見えるのが、その天ぷらとその容器です。

061a

揚げ立ての天ぷらは、計 3回に分けて持って来て下さいます。
これが 2回目です。

062a

そして、これが3回目です。色んな具材の天ぷらが戴けます。
美味しくて、お腹も一杯になり、大満足でした。

そして、(その2)は、「京懐石 美濃吉 四条河原町店」(京都マルイ上8階)で、「京弁当
 天ぷら付き」を、お昼に3人で戴きました。

001a

「京弁当」は、豪華な朱塗りの2段になったお弁当箱に入って出て来ます。
その弁当箱の上を飾る絵が描かれた紙(カバー?)です。

005a

「京 弁当」の全体の様子です。お造りもあります。
沢山の種類の食材のお料理が戴けます。

003a

お弁当の上段の様子です。

002a

少しして「天ぷら」も運ばれて来ました。

 以上 2件 最近特に美味しく戴いたランチでした。

2018年10月13日 (土)

東山魁夷展を見る

 京都市岡崎にある「京都国立近代美術館」で開催されている「東山魁夷展」~本当の「あお」に出会う~を、9月26日に拝見しました。
 館内の展示作品の撮影は出来ませんが、玄関前には幾つかの看板などが見られますので、それをご覧戴きます。

009a

流石有名画家の「魁夷」さんです。館前の様子です。人の多さに驚きました。
看板の絵は、有名な「道」です。

011a 

最もシンプルな看板です。こちらも代表作「道」です。昭和25年(1950)の作品です。

003a

館内にあった看板です。絵は、唐招提寺御影堂障壁画「濤声」の一部です。
昭和50年(1975)の作品です。

館の前に立つ立体的な看板達です。

005a

この美術館は、平安神宮の朱色の巨大な一の鳥居の前にあります。
また向かい側には、目下耐震工事中の「京都市美術館」があります。

008a

こちらも「道」ですが、立体的看板の一面です。

006a

こちらは、唐招提寺御影堂障壁画「濤声」の一部です。

007a

惜しげもなく名作が看板に使われています。

 多くの名作を鑑賞させて戴いた後は、館内にあるレストランでお昼を戴きました。

002a

東山魁夷展に合わせた特別メニューのパスタです。
鮭の切り身がトッピングされていました。キノコも沢山入っていました。
秋らしい献立です。美味しかったです。













2018年9月 7日 (金)

グランドプリンスホテル京都「メインダイニング いと桜」

 メインダイニング「いと桜」で”リニューアル1周年記念 ランチ”を戴きました。
何時もの仲良し3人ですが、2人が8月生まれという事で盛大??なお祝いでした。

Img_7946

              お祝いのワンプレート

Img_7938


Img_7940


Img_7941

パンはいつものように、お替りします。
ホテルのパンは美味しいですね。

Img_7942

冷製スープはまろやかで、口当たりが良くとても美味しいでした。

Img_7943

メインディッシュは魚料理↑か肉料理↓を選べます。
一人は魚を二人は肉料理を選びました

Img_7944

ワンドリンク(写真のビール)、デザートとコーヒ付きで、3500円(税・サービス料込み)
 
3人とも、「美味しかったな、量も十分で、安い」と口々に喜んでいました。

より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き