カテゴリー「ランチとディナー」の3件の記事

2019年3月 3日 (日)

伏見酒蔵の町でほろ酔い気分

 久し振りに、伏見酒蔵の町にある「鳥せい」さんで、焼きとりとお酒を戴きました。
 「鳥せい」さんは、(株)山本本家が名水「白菊水」を仕込み水に使って酒造りをしている老舗の酒蔵の一部を改装して本格鶏料理と蔵出し原酒で遣っておられるお店です。
 銘酒「神聖」を始め色んなお酒が楽しめます。

 2月の或る日、開店(午前11時)まで未だ早いと思いつつお店の前に行くと、はや行列が出来ていました。開店まで20分以上待たないといけないが、行列の最後尾に並ぶことにしました。日曜日と近くの酒蔵の蔵開きとが重なり、こんな人出になった様です。寒風が吹く中、辛抱強く開店を待ちました。

014a

食べ終わった後で撮った店先の様子です。

015a

店先から右手の酒蔵の方向を見ています。
店先の右隣では、ここの製品が売られています。
「たれ口」と言うアルコール度が19度の原酒を買いました。

 漸く開店となり、暖かい店内に入り、ほっとしました。忽ち店内は満席に。
 比較的落ち着けそうなテーブルに席を確保、早速注文を。
 焼きとり6串と熱燗を頼みました。

001a

料理が来るまで、店内を見回しました。

003a

右に見えるタンクには、原酒が貯蔵されています。
熱燗の後、コップに1杯追加で戴きました。

011a

座った場所の近くの様子です。

007a

漸く焼きとりが届きました。

008a

残りが来て、2人分の計 12本が揃いました。思ったより早く来ました。
どれも大変美味しかったです。

009a

焼きとりの後は、「鶏ぞうすい」を戴きました。食感も良く、あっさりとした美味でした。

十分に満足のひと時の後は、伏見の町中を歩きました。

016a

丁度隣では、「酒蔵開き」が催されていましたので、少しだけ覗いて見ました。
以前一度酒蔵を見学したことがあります。

017a

ここで醸造されている銘柄の様です。「神聖」もありますね。

018a

「宇治川派流」の傍の道を歩いています。伏見の町歩きの名所の1つでする

021a

川沿いに植えられた梅が咲いていました。バックは酒蔵の裏側です。

 酔いが少しずつ醒めて来ました。




2019年2月12日 (火)

シェフの饗宴もお終いに

 以前は、毎年親しんでいた「シェフの饗宴」が、今年で終了とのことで、最も良く通った「京都センチュリーホテル」に行って来ました。

 今年で78回になるこの催しは、1999年から始まったもので、京都駅周辺の8つのホテルのシェフ達が、限られた価格の中で、工夫をして腕によりを掛けて料理を提供すると言うものです。ランチとディナーとがあります。
 参加ホテルは、リーガロイヤルホテル京都 京都新阪急ホテル 京都センチュリーホテル
 京都タワーホテル 京都東急ホテル 新・都ホテル ホテルグランヴィア京都 
 ホテル京阪京都グランデ  です。

 2月8日(木)お昼に、京都センチュリーホテルの2階 オールディダイニング「ラジョウ」で、
 ランチ+ワンコインメニューを戴きました。
 今回の企画には、「御食国」(みけつくに)・三重県の食材が多く使われています。

001a

今日の料理に合ったワインと言うことで、赤ワインを戴きました。

004a

スープは、三重県産の夢しいたけによるもので、上には牛乳を泡立てたものが載っています。

005a

泡を除けて見ると、スープはこの様な色です。温かいスープで、やはりしいたけの味がしました。

006a

パン2種類です。ここでは、以前からオリーブ油を付けて食べるのでした。
どちらも暖かくて美味しかったです。

007a

伊勢まだいの蒸し焼きに、これも三重県産の青さのりと蕪のとろり状のもの。

008a

中の"まだい"の蒸し焼きは、こんな状態で、掻き混ぜながら戴きました。
初めての食感でした。こちらも美味でした。

009a

メインデッシュの、国産牛フィレのステーキです。
たまねぎや牛蒡などの野菜も添えられています。
赤いのは、金時人参のピューレが添えられています。

010a

実は、お肉を楽しみにしていたのです。勿論美味、一気に満腹に。

012a

最後は、デザート。アイスクリームといちごが爽やかでした。
コーヒーや紅茶も戴きました。

同じフロアーに飾られていた「有職雛」です。

013a

左手奥が調理場です。

料金は、1人前 3,500円にワンコインメニュー500円とワイン代でした。
十分に満足のひと時でした。
今年が最後の「シェフの饗宴」なので、3月末までもう1~2か所行きたいと思いつつ、ホテルを後にしました。




















2019年1月24日 (木)

京都・西京区松尾から南へ歩く

 先日、北嵯峨から大覚寺まで歩いた後、松尾までバスに乗り、昼食などを済まして、先ず「松尾大社」に参拝し、その後「苔寺」前まで歩きました。
 その道は、西京区がお奨め「おさんぽコース」(松尾~上桂・2Km・徒歩25分)となっています。山の麓に沿った曲りくねった細い道で、ほぼ平坦な歩き易い道でした。

 昼食は、松尾大社の一の鳥居横にある「京料理とりよね別館」で戴きました。

042a

そのお店の出入り口辺りの外観です。水煮や鶏料理で有名な老舗です。
右端の道路は、嵐山への道です。

039a

店内は老舗らしい落ち着いた雰囲気でした。
店名を漢字で書くと、この様になるようです。

041a

お庭など自由に拝見出来ました。

034a

戴いたのは、「点心弁当」です。
始めに、右手のお椀の「鳥がらスープ」が出て来ました。
コクがあって、美味しく戴きました。

 美味満腹になりましたので、松尾さんにお参りをしました。

043a

一の鳥居の偉容です。お昼を戴いた「とりよね」さんは右手にあります。

046a

表参道を進みますと、やがて立派な楼門が見えて来ます。
諸社殿は、その奥にあります。

049a

拝殿や本殿などが並んで見えます。お参りをしました。

 お参りを済ませて、少し歩くことにしました。
 月読神社前を通り、住宅が並ぶ細い道を進みます。
 やがて見えて来たのは、

051a

通称「鈴虫寺」、正式名は「華厳禅寺」の入口です。

053a

その参道の様子です。奥が「鈴虫寺」の入口です。
この後、歩きは終了し、「苔寺」前からバスにて帰途に着きました。



















2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き