カテゴリー「京都府立植物園」の191件の記事

2018年9月29日 (土)

9月13日の京都府立植物園(その3)

前回の続きです。
 園内を散策した後は、「観覧温室」に行きました。
こちらは、台風の影響も無く、心が痛みません。
 尚、花の名前は、今回も省略させていただきます。

Img_8028

温室内では、右回りがしたいのですが、何時も「こちらから入ってください」と係の方に言われます。

Img_8000


Img_8005


Img_8006


Img_8008


Img_8009


Img_8012

ここからは2枚は、昼夜逆転室です。

Img_8015



Img_8017

手振れしています。

Img_8019

外に出て、ほっとしています。観覧温室内ですが。

Img_8023

清楚な純白の花です。気持ちが洗われるようです。

Img_8025

今、見直されている、木材で作った建物や家具、特に北山杉は銘木で、需要が多いと聞いています。(観覧温室の一隅に作られていました)

2018年9月27日 (木)

9月13日の京都府立植物園(その2)

前回(その1)の続きです。
やはり、何時ものように東屋の有る、池までやって来ました。
東屋も台風で傷んでいて、流石に腰掛けて休憩したり、池を眺めている人の姿は有りませんでした。

Img_8031


Img_8038

マガモが悠々と伸び伸び泳いでいます。

Img_8043_2

雨に濡れて緑の葉っぱが生き生きしています。
マガモも何時もより、数が多いように思えました。

Img_7992

四季彩の丘に向かって歩いています。
小高い場所に花達は、木々に守られるように咲いています。

Img_7998

池は「ボニコウホネ」で覆いつくされていたのですが、時期的に遅かったのでしょう、開花しているのは数輪でした。その中の比較的綺麗だった1輪です。

Img_7999

最後は皆さんが好んで休憩される風通しの良い、涼しい場所です。
幾つかのベンチが並べられています。
時には、軽食を戴いている人たちも。
 この後、観覧温室に向かいますが、次回にご紹介しましょう。

2018年9月25日 (火)

9月13日の京都府立植物園(その1)

大型の台風に見舞われた翌々日の13日、朝に京都府立植物園を訪れました。

 Img_7970

流石にこの日は、人影が少ないです。

Img_7968

    「タイタンビカス」と書いてあります。

Img_7971


Img_7975

    「コリウス」でしょうか?

Img_7973

    真っ赤な「サルビア?」

Img_7977

台風で折れた木々の伐採と整理をしている人の姿が見えます。
「立入禁止」と書かれた黄色いテープは園内の至る所に貼られていました。

Img_7978

クリーム色の彼岸花です。

Img_7983

たった一輪ですが、シュウメイギクです。

Img_7985

 「カシワバアジサイ」ですが、花弁?の中心が綺麗な青紫色です。
残念ながら、雨に打たれて傷んでいます。
この後も園内を散策します。








  

2018年8月 5日 (日)

暑中お見舞い申し上げます

 猛烈な暑さの日本列島。
 連日、最高気温が報告され、もう、うんざりしています。
 皆さんはどのようにしてこの暑さを凌いでおられますか?

 人間は、自宅でもエアコンなどで避暑が出来ますが、お花達は大変です。
 
そんな8月の初旬の京都府立植物園の様子をご紹介しましょう。

Img_4757


Img_4758

流石に人影はチラホラです。
勇気?の有る方ですね。

Img_4713


Img_4717


Img_4750


Img_4716


Img_4736_2

やはり、噴水は何よりのご馳走です。
水しぶきが少しでもかかれば、思わず「涼しい~」

今の暑さは、いつまで続くのか?!日本列島だけではないとの事。
どうか一日も早く、何時もの夏に戻ってほしいものです。

2018年7月17日 (火)

向日葵の花と子供たち

 6月29日の京都府立植物園の向日葵の様子です。
4~5日前に訪れた時は、未だかたい蕾状態でした。


Img_7903

腰からぶら下げている?鈴の音らしい音に思わず・・・・。
何とも微笑ましい光景です。10数人の子供たちですが、付き添いは2名です。
ピンクの帽子が可愛いです。


Img_7894

そして元気印の向日葵の花

Img_7893


Img_7898


Img_7891

まだ、背も低くて花も小さいです。種類が違うのでしょうか?
それともこれから成長するのでしょうか。


Img_7899

大陽をいっぱい受けた葉っぱ達も生き生き元気そうです。

無邪気で可愛い子供達と元気印の向日葵の花に、活力を貰った気持ちでした。

2018年7月10日 (火)

6月29日の京都府立植物園 (その2)

  前回の続きです。
 暑さに負けないで、園内を散策しています。


Img_7879


Img_7890

涼をお届けしましょう

Img_7881


Img_7882


Img_7884


Img_7887


Img_7889

何処を何を見ておられるのでしょうか?

2018年7月 9日 (月)

6月29日の京都府立植物園 (その1)

  盛夏?を思わせる日々です。
 植物園の花達も、手入れされている園の方たちのご苦労をお察しします。
 そんな気持ちで園内を散策しました。


Img_7871

人影は・・・?と思っていましたが、居られました
何となく後ろ姿に元気がありませんね。


Img_7869

Img_7873

初めて知った名前ですが、「ノラニンジン」と書いてありました。

Img_7878


Img_7880

花達のように暑さに負けないで歩きましょう。 と、自分に言い聞かせています。

2018年7月 6日 (金)

ハスの花が開花しました (2)

 前回は蓮池に咲く、清楚なハスの花をご紹介しましたが、今回は、「四季彩の丘」に咲く蓮をご覧ください。

Img_7916

植木鉢に植えられて、鉢毎水中に埋められたものや、そうでないものと二種類あります。

Img_7909


Img_7910

環境が悪いですね~。雑然と置かれた竹のような木のような・・・・

Img_7911

そのような中でも花は仄かに優しく咲いています。

Img_7912

綺麗ですね~♪

Img_7915

葉っぱが影を作って、強い日差しから守っています。
 今年は雨が少なく日差しが強いです。ハスの花にとっては、過酷な気象でしょうか?
 

2018年6月29日 (金)

「斑入り」植物色々

 紫陽花で癒しのひと時を戴いてから、植物園会館で展示中の斑入り(ふいり)植物を拝見しました。

Img_0409_2

展示の様子を見ただけでも、いかに愛情を注いでおられるか分かります。

Img_0412


Img_0411

これらは、何れも愛好家の方達が丹精込めて、育てられたある意味作品と言っても良いのでは?
そんな意味も有ってカテゴリーを「作品」とさせて頂きました。

Img_0413


Img_0414


Img_0416


Img_0415

ガラス越しに見える背景は、園内を散策している人たちです。

Img_0411_2

斑入り(ふいり)とは、植物においてもともと単色で構成される組織が、本来持っているべき色、つまり緑色の葉の一部が白や黄色あるいは赤の模様になることを指すことが多い。外的または遺伝的要因によって多色になってしまう場合をいう。多くは葉に見られる。(HPより)

2018年6月28日 (木)

清楚なハスの花が開花しました(1)

 

6月26日は、京都府立植物園のハスの開花状況を見に行きました。
 まだ早いのでは?と思っていたのですが、咲き始めと言ったところでした。チラホラ(この言葉は相応しくないかも?)清楚な姿を披露していました。
 園内では3箇所で愛でることが出来ますが、私自身はこの場所が一番好きです。


Img_7904

すくっとした立ち姿は清楚な中にも凛々しさも感じられます。

Img_7906

 蕾が多くあります。これからが楽しみです。
 沼地の泥の中に咲くにもかかわらず可憐であることなどから、清廉さの象徴的な植物でもありますね。

Img_7905

これは清楚と言うより可憐ですね。

Img_7907

葉っぱの緑が、花をより一層引き立てているように見えます。

ハスは、インド原産でヒンドゥー教や仏教ともかかわりの深い花として知られているとの事です。


Img_7908

カメラを右左に向けて、出来るだけ咲いているところを探しました。
花数は少なくても、緑の葉っぱの中で咲いている姿も良いですね。
(自己満足の世界です)


 

 

 

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き