カテゴリー「地域歴史」の96件の記事

2024年4月18日 (木)

京の桜2024(5)二条城-7

 前回の続きです。今回が最終回です。

 「緑園」付近に居ます。

Img_3202a

向こうに見える建物は、倉庫などの施設の様です。
この広場では、イベントの時には「放鷹」が行われいます。

Img_3203a

Img_3205a

Img_3206a

Img_3207a

Img_3208a

Img_3209a

振り返って見ています。

Img_3210a

建物は、「二の丸御殿」に繋がる部分です。

Img_3211a

最後に、「東大手門」です。堂々たる風格です。

 何時もの事ながら長々と引っ張りまして申し訳ありません。
 お付き合いを戴き有難うございました。

 次回は、再び「京都府立植物園」の桜を見に行きました。
 

 

 

2024年4月17日 (水)

京の桜2024(5)二条城-6

 前回の続きです。

二条城の北側に広がる「清流園」を東に
向かって歩いています。

Img_3194a

「清流園」の東の端です。

Img_3195a

ここにもありましたね。

Img_3196a

「清流園」の東隣には、「緑園」があります。
そこには、京都の桜の「標準木」があります。
今年は、3月29日に「開花宣言」があり、4月5日に「満開宣言」が、
この木に花の様子から行われました。

Img_3197a

位置を変えて見ています。

Img_3198a

満開状態が続いています。

Img_3199a

Img_3200a

再び別の位置から。遠景は、「北大手門」です。

Img_3201a

標準木の東隣には、標準木に良く似た木があります。標準木の予備かな?

次回に続きます。二条城の最終回です。

 

 

 

2024年4月16日 (火)

京の桜2024(5)二条城-5

 前回の続きです。

私称・「紅枝垂れ桜」通りから、
右折して「清流園」に向かいます。

Img_3185a

そこで先ず出会ったのが、この桜です。大きな木です。

Img_3186a

部分的にアップしますと、こんな様子です。既に葉っぱも出ています。

Img_3188a

所々で見掛けるのは、この石柱です。この二条城で行われました。
慶応3年(1867年)10月のことでした。

Img_3189a

その位置から東方向を見通しています。

Img_3190a

Img_3191a

Img_3192a

Img_3193a

殆どの人が東に向かって歩かれています。
中には、この様に一休みする方も。

 次回に続きます。

2024年4月15日 (月)

京の桜2024(5)二条城-4

 前回の続きです。

 二条城の西側にある私称・紅枝垂れ桜通り
を北に向かって歩いています。

Img_3176a

本丸域と繋がる「西橋」を渡った所です。
この一帯にも、見事な「紅枝垂れ桜」が見られます。

Img_3177a

Img_3178a

Img_3179a

Img_3183a

そこに1本だけ、白い花が咲く桜があります。

Img_3184a

品種は分かりません。

 次回に続きます。

2024年4月14日 (日)

京の桜2024(5)二条城-3

 前回の続きです。
 「桜の園」を離れて、「梅林」の横を通って
城内の西側に来ました。そこには、「紅枝垂れ桜」
が多く植えられています。私称「紅枝垂れ桜通り」
です。

Img_3166a

ここから「紅枝垂れ桜」の行列が始まります。

Img_3167a

Img_3168a

何とも言えぬ美しさです。

Img_3169a

どうした訳か、幹が曲がりくねっています。自然現象でしょうか。

Img_3170a

Img_3171a

この先も、ずっと続いています。

Img_3172a

Img_3173a

Img_3174a

「本丸御殿」に繋がる「西橋」を渡って来た人達の溜まり場みたいになっている
場所です。トイレや休憩所があります。ここにも「紅枝垂れ桜」が立ち並んで
います。

Img_3175a

そこからの景色です。

 次回に続きます。

2024年4月13日 (土)

京の桜2024(5)二条城-2

 前回の続きです。
 「桜の園」の桜を愛でています。

Img_3157a

「桜の園」の北側に来ました。

Img_3158a

何やら桜の木の下でお話か?

Img_3159a

お話の邪魔をしない様にして、花に接近。

Img_3160a

同上。

Img_3161a

その木を通して、園内を。

Img_3162a

園内を見通しています。

Img_3163a

Img_3164a

背景に見えるのは、「外堀」の土手です。

Img_3165a

少し先に移動して。

 次回に続きます。

2024年4月12日 (金)

京の桜2024(5)二条城-1

 毎年私が桜の名所の1つに挙げている
「世界遺産 元離宮二条城」に行って来ました。
 ここには、京都の桜の標準木に指定されている
桜があります。4月7日(日)午前のことです。

 ここには桜は、①桜の園 ②紅枝垂れ通り(私称)
③清流園・緑の園 の3か所にほぼ
纏められています。

 では、①桜の園から。「桜の園」は、本丸域の南に
位置します。

Img_3144a

直ぐに目に入ったのが、この木です。「太白」(たいはく)です。名前の
通り、花は白いです。

Img_3145a

Img_3148a

その位置から「桜の園」を見通しています。「桜の園」の中にはこの時期
散策道が開放されています。

Img_3149a

「桜の園」の北東角部分です。

Img_3150a

そこに咲く桜に接近しました。ここくの花も白いです。

Img_3151a

Img_3153a

再び「桜の園」の中を見ています。

Img_3154a

Img_3155a

名前が分かりませんが・・・。

Img_3156a

さらにアップで・・・。既に葉っぱが出ています。

 次回に続きます。

2023年11月15日 (水)

京都モダン建築祭(11)

 前回の続きです。今回が最終回です。

⑪平安女学院明治館
 前回の「聖アグネス教会」の西隣にあります。

Img_2264a

「下立売通」に面した建物の正面です。

Img_2272a

右隣の建物です。

Img_2274a

左手から見ています。

Img_2273a

玄関です。

Img_2265a

その上には・・・。
右から「平安女学院」 18と95は竣工年 「聖アグネス」などと表示
されています。両側の小さな文字は分かりません。

中に入ります。2階への階段です。

Img_2270a

Img_2266a

2階には幾つかの部屋がありました。

Img_2268a

Img_2267a

部屋の壁一杯に煉瓦積みが見られました。

 組積煉瓦造 2階建 竣工:1895年 設計:A.Nハンセル(イギリスの
 建築家 日本国内でも多くの作品を残しているとのこと。

 何時ものことながらな長々とご覧戴きまして有難うございました。
 なお、11月12日(最終日)は見学は諦めました。
 やはり体力・根気が低下しています。下半身が不調です。

2023年11月14日 (火)

京都モダン建築祭(10)

 前回の続きです。

⑩聖アグネス教会
 所在地は、「京都御苑」の向かい側、烏丸通と
 「下立売通」の角にあります。

Img_2263a

先ず「説明板」をご覧願います。

Img_2258a

Img_2260a

Img_2261a

Img_2262a

中に入ります。

Img_2251a

入った正面の「祭壇」などを拝見。

Img_2252a

少し近付いて拝見。

Img_2253a

「説経台」です。

Img_2254a

Img_2255a

「洗礼室」です。意識して初めての拝見です。ここで「洗礼」を受けるのですね。

Img_2256a

もう一度堂内の様子です。

Img_2257a

ここでも少し椅子に腰掛させて戴きました。

Img_2275a

Img_2276a

裏側を拝見。

 次回に続きます。

2023年11月13日 (月)

京都モダン建築祭(9)

 前回の続きです。

 今回は見学3日目、11月11日(土)午前のこと
です。今回は奇しくも「教会や関連」箇所
3か所となりました。

⑨京都復活教会
 所在地は、京都風に言えば「北大路堀川角」です。

Img_2250a

少し離れた場所から見た外観です。手前の道路が「北大路通」です。
「堀川通」は、右手に行った所にあります。

当教会が、この地に来たのは、昭和7年(1932年)で、「復活幼稚園」が
スタートしました。

この建物(礼拝堂・ホール)が完成したのは、昭和10年(1935年)で
本格的に宣教活動が始まりました。建物の設計は、W.Mヴォーリスによる
ものです。

Img_2241a

玄関です。

Img_2242a

建物の外観を色々と拝見。

Img_2243a

Img_2244a

扉の先に幼稚園があります。

Img_2245a

Img_2246a

Img_2248a

Img_2247a

中に入ります。

Img_2235a

中に入った正面の様子です。「礼拝堂」です。

Img_2236a

Img_2237a

Img_2238a

Img_2239a

Img_2240a

教会内では良く見掛ける物体ですが・・・。

堂内の椅子に腰掛けて、暫く教会内の雰囲気に浸っていました。
お寺のお堂内には良く行きますが、雰囲気は全く違います。
しかし何と無く落ち着きます。

雑感ですが、椅子の腰掛が浅い感じがしました。何か訳があるのかな?

 次回に続きます。

 

 

より以前の記事一覧