カテゴリー「散歩 花」の225件の記事

2018年5月25日 (金)

京都府立植物園「華麗な」バラ達 その2

前回(その1)の続きです。

Img_0190

右手後ろには、涼し気に噴水が勢いよく冷気を送って?くれます。

Img_0191


Img_0195


Img_0187

殆どの人が日傘をさしておられます。
私のように帽子組も有りますが、日焼けが心配です。


Img_0196


Img_0188


Img_0192

すくっとした立ち姿、花弁の周りのピンク色に惹かれました。

Img_0193

名前は「銀嶺」、清楚な白色は心まで洗われてる気がします。
後ろの蕾も可憐です。

この後、もう少しバラ園を散策します。

2018年5月22日 (火)

京都府立植物園「華麗な」バラ達 その1

 5月の花と言えば、やはりバラの花ですね。
 代表と言っても決して過言ではありません。
 今年は季節外れの気候で多くの開花が例年に比べて早いようです。
 そんな5月12日の午前中に植物園に行ってきました。
 目的はバラの花では無かったのですが・・・・
 念のため?にバラ園を覗いて吃驚です。
 満開の花、枯れ始めた花、見頃の花等、たくさんのバラの花が出迎えてくれました。


Img_0229

比叡山を背景に、環境にも恵まれている京都府立植物園。

Img_0208

熱心にカメラを覗いておられる方

Img_0207

様々に工夫して植え込まれています。

Img_0203

約250品種2000株のバラを育てておられるとのことです。

Img_0206_2

暑さに少々参った参ったの花も有ります。
気持ちはようく分かります。


Img_0230

花色は赤系が主流のようでした。
広いバラ園、色々な角度から撮りました。もう少し、お付き合いください。

2018年5月18日 (金)

 5月 3日 に出会った花達

 植物園を散策していて出会った花達です
場所は北山門から入ったところです。
この日は正門から入って最後に北山門まで来ました。


Img_0107


Img_0108

可憐なポピーは誰にでも愛される花です。

Img_0109

   ↑も↓もガ-ベラ です

Img_0110

何となく、私のイメージとは違うような気がするのですが・・・・・

Img_0112

 最近、クレマチスは花色も増えて、一般の家庭でも育てておられますね。
育てやすいのでしょうか


Img_0114


 アカエンドウです。この花(実)は以前から有ったのでしょうか   
  

Img_0117_1


              ヤグルマギク

 花姿が矢車草に似ていますね。

そろそろバラの咲く季節になりました。
もう既に咲いているかも知れませんが・・・
例年アンネのバラは早いようです。一度覗いて来なければ・・・・

2018年5月17日 (木)

マイ・ウオーキングコースで見た花々(2)

 前回の続きです。
 「マイウォーキング・コース」での花達を、ご紹介しています。

036a

大覚寺の北側の集落内の道を西に向かって歩いています。
ある民家の石垣の傍に咲いていました。

039a

砂利が敷かれた空き地で咲いていました。
大覚寺前から西方向に、鳥居本に向かっています。

043a

早やアジサイでしょうか?可哀想に後ろの花は、汚れています。

047a

上とほぼ同じ場所です。

048a

その左隣です。

 

049a

 

少し西へ行ったところです。

052a

清滝道との交差するところのお宅(ちょっぴり知り合い)の玄関近くで、咲いていました。真っ赤な花が印象的でした。

053a

小さな花が一杯に咲いていました。

054a

こちらも空き地で咲いていました。

058a

鳥居本の三叉路の一角にあるお地蔵さんには、何時も何かの花が供えられています。

060a

上の三叉路を左折して、南に向かいます。
ある民家で見掛けました。

061a

そこから少し先に行ったところにあるお地蔵さんにも、色んな花が供えられていました。

 今回は、この辺りまでとしました。
 この先には、落柿舎・常寂光寺・竹林の道・野々宮神社と続きます。

2018年5月16日 (水)

マイ・ウオーキングコースで見た花々(1)

 私が週1回は歩いているウォーキング・コースの「嵯峨野道」では、自然に或いは自家植栽で色々な花が見られます。5月2日の午前、花に注目して歩きました。

010a

比較的沢山見られたのは、この花でした。
北嵯峨の田んぼの傍で咲いていました。何時も秋にはコスモスが見られる場所です。道の右側は、広沢池です。
花の名前は余り知らないので書きません。これからも・・・。

011a

今日はしっかりと泳いでいます

012a

竹の葉っぱも、大分黄葉して来ました。

018a

 

大沢池の北側の民家で咲いていました。

 

021a

シャクナゲではないかと思いますが・・・。

022a

上の近くの民家の空き地で咲いていました。小さな黄色い花です

026a

ほぼ同じ様な場所の庭の外で咲いていました。

029a

大覚寺の裏手に出る道の民家の外壁の傍で咲いていました。

030a

上と同じ場所ですが、背景がイマイチです。

 大覚寺の北側の道を、西に向かって歩いています。
 昔は、この一帯は大覚寺の一部だった様です。

  次回に続きます。








2018年5月15日 (火)

京都・大田神社のカキツバタ見頃

 京都市北区上賀茂にある「大田神社」のカキツバタ(国指定の天然記念物)が、見頃を迎えていることを知り見に行って来ました。
 5月5日のことで、丁度市バスの上賀茂神社を降りると、同社の「競馬会神事」の最中でした。気持ちが引かれるのを振り切り、社家町を通って「大田神社」に向かいました。
 やはり多くの方が見に来られていました。志納金300円を投じ「大田の沢」と言われる域内に入りました。

022a

「大田の沢」の全体を見渡しています。
約2千平方mの「大田の沢」に、約2万5千株が群生しています。
今年は例年より1週間ほど早く開花したそうです。

030a

違う場所から、モミジを通して見ています。

050a

少しだけ近寄って見ました。

025a

アップして見ました。

028a

花に正対して見ました。

055a

花が密集して咲いています。

043a

花の形に魅せられます。

048a

幾つかの花が絡み合っている様です。

052a

こちらは一人すっと立っています。新緑の葉っぱの中で。

 歌人・藤原俊成もここで歌を詠んだとか、古くからの名所だった様です。

2018年5月13日 (日)

可憐な山野草

 京都府立植物園で「エビネ」の展示がされていた日は、野外の屋根付きの展示場で、こちらも愛好家が心を込めて育てられた数々の山野草が展示されていました。

Img_0131

どの花も可憐で地味ですが、心が休まる気がしました。
大勢の方が来られていましたが、特に女性の「癒されるなあ」に実感がこもっていました。


Img_0123

小さな花は苦手ですが、可憐な山野草も私の写真では、育てられた方たちに申し訳ないです。

Img_0119

花の名前を撮り忘れたのもありましたので、今回も名前はスルーします(笑い)

Img_0125


Img_0126


Img_0129

どの花も小さくても存在感があります。

Img_0130


Img_0121


Img_0124


Img_0127_2

可憐な山野草に癒されて、炎天下の園内を散策します。
途中で、こちらも季節外れの夏日に「閉口しました」の声が聞こえてきそうな、可愛そうな牡丹と芍薬に出会いました。


山野草(さんやそう)または山草(さんそう)とは、国内外の平地から高山に至る野外に自生する観賞価値のある草本、低木及び小低木の一部を含む幅広い意味を持つ言葉であるが、日本国内における近代的な山野草栽培の歴史は100年程度と浅いこともあり、 未だに明確な定義が確立されていない。 一般的には野生植物のみを指すと思われることが多いが、近年では国内外で品種改良されたものが「山野草」として流通している例も多く、取扱業者が便宜的につけた不適当な名称で取り引きされている場合もある

2018年5月 9日 (水)

牡丹と芍薬

 真夏を思わせる5月1日、「エビネ展」を見に行きました。
 途中で人の話し声が聞こえるので、急遽声の方に進むと、過日、まだ蕾だった「牡丹と芍薬」が咲いています。
 可哀想に季節外れ?の猛暑並の暑さ。
炎天下の花も可哀想です。


Img_0139


Img_0141


Img_0140

炎天下でも暑さを凌ぐ事のできない、花達は可哀想です。

 牡丹と芍薬は分かりにくいですね。
植物園でも牡丹と芍薬は同じ場所に植えられていて、「どちらが牡丹?」の声が時々聞こえましたが、私は「背の高い方が芍薬」だと一人決めしていました。


Img_0133


Img_0137


Img_0136

可哀想に、ぐったりしています。

Img_0135

写真を撮っている者も、少しでも早く「この場を立ち去りたい」気持ちがあります。

Img_0142

何時もなら、この時期は大勢の人たちが、カメラを向けたり、思い思いに感想を述べたりですが、この日は人影もチラホラでした。


「以下はHPの抜粋です。」


 どちらもボタン科ボタン属の植物で、もともとは薬用植物として渡来しました。江戸初期には観賞用として改良され、明治以降は日本独自の品種に加えて、欧米から輸入された品種が加わりました。

両種類は近縁なので、市販のボタンの苗は成長の早いシャクヤクの根を台木にして、つぎ木されています。これは明治中ごろに新潟県で実用化された技術です。

◎ボタンは落葉低木

冬に葉は落ちるが地上部に枝が残る。年々、幹が太く大きくなる。

シャクヤクは宿根草

冬季に地上部が枯れてしまう。年々、根が広がって、大株に育つ。

 

2018年5月 8日 (火)

清楚で上品な花 「エビネ」

 京都府立植物園で開催中の「エビネ展」へ行きました。
 殆どの花は、愛好家の方達が丹精込めて栽培されたものです。

 幼い頃、我が家にも鉢植えされていましたが、1種類だけで、子供心に「地味な花」の印象が強かったとです。

Img_0153_3

眺めておられる方が大半でしたが、相談されている人の姿も数人見かけました。

Img_0145


Img_0146


Img_0147


Img_0148


Img_0149


Img_0150


Img_0151

 以下はHPからの抜粋です

「エビネ(海老根、学名:Calanthe discolor)は、ラン科エビネ属の多年草。地上性のランである。ジエビネ、ヤブエビネと呼ばれることもある。 日本では北海道西南部から沖縄島までに分布。 形態[編集]. 球茎は広卵状-球状で長さ、径ともに約2cm。古い球茎は時に10年以上も残り、地表近くに連なる。
和名はこの形をエビに見立てたことに由来する。」

2018年5月 2日 (水)

4月25日の京都府立植物園 

 「貴婦人の首飾り」と言われている「フクシア」が京都府立植物園の観覧温室で展示され、拝見しました。
 これらは、全て植物園の方が育てられたとの事です。
 一口に「フクシア」と言っても色々な種類が有ると、改めて感心しました。


Img_0043


Img_0038_1


Img_0039_1


Img_0041


Img_0040_1


Img_0044

 次は、今を盛りと咲いていた観覧温室の前のポピーです。
風にユラユラ揺れている姿は、可愛らしく誰からも愛される花の一つではないでしょうか。


Img_0035_1


Img_0036_1


Img_0050

ハンカチノキです。この花?を見る度に、上手く命名たれたと感心します。

Img_0051

ハンカチノキは4月下旬から5月に、前年枝に白いハンカチのような姿の花を咲かせます。しかし、花弁はなく、たくさんの雄花と1個の雌花が1つの球形をつくり、大型の2枚の苞に抱かれるような形で開花するとのことです。

Img_0057

園の方が、植え込みの真っ最中だった「芝桜」です。可愛いですね。

Img_0059

 5才児との事ですが、思い思いのお喋りで、引率の方達も大変ですが、
無邪気な姿に癒されたこの日の植物園でした。

より以前の記事一覧

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き