カテゴリー「文化・芸術」の19件の記事

2020年9月28日 (月)

今年も記念コンサートへ

 「京都の秋 音楽祭」の開会記念コンサート(第24回)
に、
今年も行って来ました。
 9月20日(日)の午後
のことです。
 コロナ感染対策をしたコンサートでした。
 昼と夕方の2回開催で、着席退席は時間差を設け、演奏は
2曲だけの短時間で、席は1席空けて、マスク着用でした。
 勿論入館時の検温や手指の消毒もありました。
 私は、昼の部に拝聴しました。開演は午後1時から、
終演は午後2時20分でした。間の休憩は無しでした。
 プログラムは、
 ①ジョンゲン:大オルガンとオーケストラのための
        協奏交響曲
 ②レスピーギ:交響詩「ローマの松」
 出演は、
  指揮 高関 健  オルガン 福本 茉莉
  管弦楽 京都市交響楽団
 でした。オルガンとは、大きなパイブオルガンです。

Img_6421-2

先ず始めに、今日のコンサートのポスターから。

Img_6420-2

下鴨中通に面した「京都コンサートホール」の建物の外観です。
出演者などはねこちらの入口から入館されますが、聴衆者達は右手の通路に
向かいます。

Img_6419-2

建物はご覧の様に、円筒形と長方形とが合体したユニークな姿です。
円筒形の内部は、螺旋状のスロープになっています。

Img_6418-2

途中で見付けた表示です。

Img_6417-2

円筒形の部分を中心に撮りました。浅い池に架かる橋を渡って中に入ると、
そこはレストランになっています。
終演後に撮りましたので、皆さんの向きは帰途方向です。

Img_6416-2

こちらが一般聴衆者の出入り口です。終演後に撮った時の模様です。

Img_6415-2

館名の表示です。

Img_6406-2
玄関の正面に掲げられていた、今年の音楽祭のプログラムです。
今年の絵は、秋色の大文字山と伽藍は金戒光明寺?でしょうか。

Img_6407-2

こんな旗も立てられていました。

Img_6408-2

1階のエントランスを、螺旋状スロープの途中から見下ろしています。
平面なのに、凄く立体的に見えます。

午後0時~同15分のホール内に入る指定時間に、指定座席に着きました。

Img_6414-2

大ホール内の様子です。数人の楽団員の方が練習をされていました。
正面の大きなパイブオルガンが、この後大活躍します。

 演奏の始めに、和服姿の門川大作・京都市長の開会のご挨拶がありました。
 市長は、京都市交響楽団の「楽団長」でもあります。

 休憩無しの1時間20分のコンサート、十分に堪能しての大満足でした。

 

 

 

 

 


 

2020年6月23日 (火)

美術展 2題

 雨降りの為に歩きに行けず、2か所の展覧会に
行きました。
 ①6/13(土)京都府立堂本印象美術館へ
 ②6/14(日)京都市学校歴史博物館へ 
 どちらも午前中のことです。

①の方は、タイトルが「おしゃべりな絵画」と言う
もので、結構楽しめました。コレクション展です。

②の方は、企画展で「歴史人物を描いた絵画」です。

では先ず、①の方から。

Img_1113-2

正門前です。

Img_1112-2_20200615192901

大型ポスターです。掲載されている絵は、展覧会のトップに掲げられていました。
タイトルは、「阿蘭陀人持渡 牝五才 牡四才」(索心画冊)より です。
絵は、絹本着色・額 36×45 1925年(大正14年) です。
阿蘭陀人が江戸に連れて来たラクダ2頭が、初めての江戸について会話をしています。
江戸の町をキョロキョロと眺めながら。
そのことが絵の横に貼った説明板に書かれています。
展示されている全ての絵に添えられていました。
展示されていた絵画は、全部で 40点です。

Img_1115-2_20200615194001

外観は凄いです。印象の作と聞いています。

Img_1116-2_20200615194101

正門入った正面の外観です。

Img_1118-2

この建物の下に玄関があります。

 戴いたパンフには、「耳を澄まして絵を見ると・・・みんな、何か話している!?」と。

 次に、②の方です。

Img_1126-2

「京都市学校歴史博物館」(旧・京都市立開智小学校)の正門前です。

Img_1125-2

そこに掲示されていた今回のポスターです。

Img_1124-2

建物の玄関です。
では、少しそっと作品を、ご紹介します。

Img_1119-2

むかし学校を飾った絵画達です。
分かり難いとは思いますが、左から豊臣秀吉像・坂本龍馬像・海上随鴎像・
林和靖図 です。

Img_1120-2

Img_1121-2

菅原道真像と紫式部像です。

Img_1122-2

吉田松陰先生と塾生米をつく の図です。
作者は 物外画史 昭和13年 第三錦林小学校 所蔵。

Img_1123-2

「桃太郎図」大八木桂月作 昭和期 元豊園幼稚園 所蔵
変に大人顔の桃太郎でした。

 全部で 30点が展示されていました。

 

 

2020年6月18日 (木)

京都市京セラ美術館(2)

 前回の続きです。
 1階から地下1階に下りました。

Img_1041-2

その階段の様子です。

Img_1042-2

右手が「チケット売り場」です。突き当り付近が「入口」です。

Img_1043-2

「カフェ」です。

Img_1044-2

その反対側は、「ショップ」です。ここの奥から上に出ました。

Img_1046-2

そこは、入口でした。

Img_1049-2

外に出て見ると、こんな建物でした。「ザ・トライアングル」と言います。
新しく出来た建物です。本館の北西部分と接しています。

Img_1050-2

北側のスロープです。右手には、平安神宮の「大鳥居」が聳えています。

Img_1053-2

当初の「京都美術館」のプレートが残されています。正式には「大礼記念
京都美術館」です。

Img_1055-2

真向いには、「京都国立近代美術館」があります。

 

 

2020年6月17日 (水)

京都市京セラ美術館へ(1)

 京都市美術館から「京都市京セラ美術館」としてスタート
しました。その開館記念展「京都の美術250年の夢 最初
の一歩 コレクションの原点」を拝見しました。
 「コロナ問題」からスタートが大分遅れましたが、漸く
拝見可能となりました。前日にインターネットで予約し、
6月5日(金)午前10時の予約で行きました。1時間以内で
鑑賞することになっています。

Img_1028-2

建物を正面から見ています。建物の外観は変わっていない様に思いましたが、
手前の一段低くなったところは「京セラスクエア」と言って、緩やかなスロープ
になっていました。左手の人が集まっているところが入口です。
建物全体としては、地下1階となります。

Img_1027-2

正面左手から見ると、こんな感じです。

Img_1031-2

スロープの実感が無いかも知れませんが、ここが「京セラスクエア」です。
ここは全く新しく出来た部分です。

Img_1033-2

中に入って地下1階から1階に上がると、内部はこんな様子です。
「中央ホール」です。

Img_1034-2

違う位置から見ています。ここには3カ所の入口があって、それぞれの展示
室へ進みます。

Img_1035-2

私は開館記念展の展示室に進みました。その途中にあったものです。

 展示は勿論撮影出来ませんが、
 第一章 最初の所蔵品 4点 を始め 第五章まで 計 47点が展示
されています。

 以前の様子を思い浮かべながら、内部を撮りました。

Img_1036-2

今回は使われていない2階への階段です。ここは変わっていません。

Img_1037-2

以前もあったトイレなどの近くの扉です。

Img_1038-2

以前の正面玄関の部分かなと思いましたが・・・。1階部分です。

Img_1039-2

その内側です。柱に何か光るものが取り付けられています。

 次回に続きます。

 

 

 

2020年2月15日 (土)

漢字ミュージアム(2)

 前回の続きです。
 私がここ「漢字ミュージアム」を訪れたのは、
確か4回目位かと思います。
 読書や作文などを遣っていると「文字」特に「漢字」
には特別な愛着がある様に思っています。
 2階の「常設展示室」に遣って来ました。

Img_0190-2

2階の全景の一部です。ここには大変勉強になる展示が沢山あります。

その一部を、ご紹介します。

Img_0191-2

お寿司屋さんなどで良く見掛ける湯飲み茶碗ですね。

Img_0193-2

こんな漢字がある様です。

Img_0194-2

大きくして見ました。色んな字から出来ています。

Img_0182-2

これも日本に於ける「方言漢字」です。
京都府~椥 洛 山扁に平  畿 罧 口扁に馬

滋賀県~山冠に女 琵琶 魚扁に皇 繖  判るのもありますが判らないのも

Img_0192-2

ロゴで作った「令」の文字です。

Img_0202-2

5万個の漢字で出来た「塔」です。1階から2階まで、ぎっしりと
漢字が連なっています。

Img_0198-2

一部を大きくすると、こんな風です。

Img_0199-2

その説明書きです。

Img_0189-2

同じ建物内には、祇園祭に関するコーナーがあって、その一部
が2階から見られます。

 一度ご覧になることをお勧めします。

 

 

 

 

2020年2月13日 (木)

漢字ミュージアム(1)

 京都市には、漢検・漢字博物館・図書館の「漢字ミュージアム」があり、
今 企画展「今年の漢字展」~今年の漢字25周年~が開催中で、
それを拝見しました。1月29日のことです。

Img_0206-2

「漢字ミュージアム」は、向こうに見える「八坂神社西楼門」の手前右側に
あります。

Img_0204-2

「漢字ミュージアム」の玄関です。「今年の漢字展」を拝見します。

Img_0172-2_20200131183701

昨年の「今年の漢字・一字」の「令」です。

Img_0173-2

昨年の漢字の上位20位です。

Img_0175-2

展示は、ミュージアムの1階と2階で行われています。こちらは1階での
展示です。

Img_0177-2

こちらは、2階の展示です。

Img_0178-2

位置を変えて見ています。

Img_0179-2

違う位置から見ています。

Img_0180-2

私の独自の思いの文字を選びました。

Img_0181-2

「命果てるまで・・・」「健康長寿」を目指して。

 次回も続きます。

2020年1月16日 (木)

新春の行事(2)ー2

 前回の続きです。

019a_20200106155601

020a_20200106155601

021a_20200106155701

022a_20200106155701

023a_20200106155701

024a_20200106155801

025a_20200106155801

ここからの2点は、展示場所が変わります。駅構内2階西口です。

026a_20200106155901

 以上で終わります。京都の華道各流派の競演でした。

2020年1月14日 (火)

新春の行事(2)ー1

 前回の続きです。
 その次は、JR京都駅付近で行われていました。

012a_20200106154401

それは、この展示です。「生け花」展です。
では、順次ご紹介して行きます。あえて「流派・作者名」を入れたかったので、
画面が少し変になっていますが、お許し願います。

013a_20200106154901

014a_20200106155001

015a_20200106155001

016a_20200106155101

017a_20200106155101

018a_20200106155201

何れも新春らしい華やかさを感じます。

 次回に続きます。

 

2019年9月30日 (月)

京都の秋・音楽祭を堪能(3)

 前回の続きです。
 今回は、今回まで続いて来た「京都の秋・音楽祭」のポスターを
ご紹介したいと思います。 
 今回の展示は、前回でご紹介した「エントランスホール」で行われて
いました。

024a_20190921100901

照明や外からの光線、さらにポスターのホルダーなどの影響で、画面が大変見難く
なっていますことをお許し願います。

 今年の第23回のものです。嵐山や渡月橋、桂川の秋の景色です。
 以下、遡って見て行きます。展示もその様になっていました。

025a_20190921101501

第21回 「法然院」の山門前です。

026a_20190921101701

第20回 こちらも「嵐山」です。やはり「嵐山」は、京都の秋の景色の代表格
の様です。

027a_20190921101901

第17回 こちらも京都の紅葉の名所の「東福寺」の通天橋の景色です。

028a_20190921102101

第15回 「保津峡」の秋の景色です。以前はJR山陰線が、今は嵯峨野鉄道
トロッコ列車が左手を走っています。

029a_20190921102301

第12回 路地の奥から見た紅葉の景色です。「祇園白川」かな?

030a_20190921102501

何回目か不明ですが、再び「嵐山」です。

031a_20190921102601

第9回 「三条大橋」です。

032a_20190921102701

第4回 私は「広沢池」だと思います。遠くに愛宕山が、近くは遍照寺山が。

033a_20190921103001

同じものが2枚展示されていますが、1997年開催 第1回のものです。
どこかのお寺?の丸窓を通しての紅葉です。

 最後に、私が拝聴した2回に亘るコンサートの概要をお伝えしたいと思います。

①第23回 京都の秋・音楽祭 開会記念コンサーと 9月15日(日) 午後2時開演

 指 揮   飯守 泰次郎(文化功労者・日本芸術院会員)
 ソプラノ  森 麻季
 管弦楽  京都市交響楽団

 曲 目  モーツアルト・ビゼー・ヴェルデ゛ィ・ワグナーなどの歌劇や楽劇の中から
       計 10曲

②第9回 関西の音楽大学オーケストラ・フェステイバル 
  9月16日(月・祝) 午後3時開演

 参加音楽大学 大阪音楽大学 大阪教育大学 大阪芸術大学 京都市立芸術大学
           神戸女学院大学 相愛大学 同志社女子大学 武庫川女子大学

 指 揮   秋山 和慶(京都市立芸術大学客員教授)

 曲 目   ベルリオーズ   序曲 ローマの謝肉祭
        モーツァルト   戴冠式ミサ曲ハ長調 
        サン=サーンス 交響曲第3番ハ短調 オルガン付

以上でした。   

2019年9月28日 (土)

京都の秋・音楽祭を堪能(2)

 前回の続きです。
 「京都コンサートホール」に着きました。
 玄関入口には、「京都の秋・音楽祭」の今年のポスターが。

015a_20190920145201 

ポスターの絵は、「嵐山」の秋の景色です。渡月橋とその下を流れる桂川です。
右手に並ぶ各コンサートのリストの内、上の2つを今回は楽しみました。

 入口を入って直ぐ左手のガラスには、

016a_20190920145801

市立芸大・大学院生1回生の「秋のリズム」と言うタイトルの絵が貼られていました。

018a_20190920150001

 さらに、その先には、

019a_20190920150101

こんな旗も。

005a_20190920150201

地下道で見た、2日目のコンサートのポスターです。

022a_20190920150401

ホールの入口へのスロープから下の「エントランス・ホール」を見ています。
平面なのに、目の錯覚で、立体的に見えます。

 受付を済ませて、大ホールの中に入りました。

023a_20190920150701

これが大ホール内の開演前の様子です。
正面がステージです。その上には大きなパイプオルガンが見られます。
その下には、「ポデュウム席」があります。

 次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き