カテゴリー「文化・芸術」の34件の記事

2024年1月10日 (水)

京博のお正月2024

 ほぼ毎年拝見している「京博のお正月」は、
「京都国立博物館」が「新春特集展示」として、

その年の「干支」を取り込んだ諸作品を集めて
展示されています。

 今年の干支は「辰・龍」ですので、
「辰づくしー干支を愛でるー」と題して色々な
作品 28点が展示されていました。

 都合よく時間が取れたので出掛けました。
 1月8日(月・成人の日)の午前のことです。

 展示品は全て撮影禁止でので、何時もの遣る手
です、屋外に掲示されているポスターを撮影しました。

 それでは、それをご覧願いましょう。

Img_2658a

これが、そのポスターの全体ですが、生憎と近くの信号機や道路標識などの
影が映って仕舞いました。

 では、個々に拡大して見ていきましょう。

 上から、

Img_2661a

「昇龍墨意」の一部 「須磨帖」のうち 高奇峰筆(こうきほうひつ)
中国・中華民国時代 1931年

Img_2660a

次は、「青花黄彩雲龍文皿」 大清康熙年製銘 中国・清時代 18~19世紀

Img_2659a

明暗差があって見難いですが、「龍袍」(りゅうほう)金黄地綴織
胸の真ん中以外のあちこちにも「龍」が織られています。

展示は、5つのコーナーに分かれています。

1.龍の姿 誰もその姿を実際に見たことがないのに、みんな龍の姿を知っている。

2.龍はリーダー 龍は、鱗のある生き物たちのリーダーだと考えられていた。

3.龍を描く 龍を描く時には、おきまりの組み合わせがいくつかある。

4.龍の物語 龍は、昔の物語の中にもよく登場する。

5.龍の仲間 龍に似ているけれども、ちょっと違う生き物もいる。

 この展示は2月12日まで開催されていますが、(月)は休館です。
 満70才以上の方は無料です。

 感想 見応えがありました。

 

 

2023年1月24日 (火)

京都モダン建築祭(9)

 前回の続きです。

⑩京都市京セラ美術館

建物は、昭和8年(1933年)に「大礼記念京都美術館」
として開館し、第二次世界大戦後は「京都市美術館」として
親しまれて来ました。そして、令和2年(2020年)5月に
リニューアルオープンして、現在の名称となりました。
 今回の「特別公開」場所は、2階の「貴賓室」です。

Img_0359-2

その部屋に入りました。そして上を見上げると、こんな様子です。
天井は「格天井」の立派な造りとなっています。照明も立派です。

Img_0360-2

部屋の中を見渡すと、立派な扉があります。

Img_0361-2

装飾も凝っています。

Img_0362-2

別の扉も。

Img_0363-2

近くの窓から外を見ています。

Img_0365-2

2階とその階段です。「貴賓室」は左手にあります。

Img_0366-2

1階のフロァの一部を見渡しています。正面の階段を降りると、地下1階の
チケット売り場等があります。

Img_0369-2

建物の正面の様子です。見学した「貴賓室」は、見えている2階のカーテン
が掛かった部屋です。

Img_0368-2

少し位置を変えて見ています。

Img_0370-2

南寄りの位置からも見ています。建物に入るには、手前のスロープを下がって
地下1階の出入り口から入ります。

 次回に続きます。

2023年1月22日 (日)

京都モダン建築祭(8)

 前回の続きです。

⑨京都国立近代美術館

Img_0355-2

その正面の姿です。建物は凄く現代的なのに、何が見られるのかな?

Img_0352-2

兎に角中へ。そして、案内されたのが入って右手上に見えるものでした。
「2階渡り廊下」です。

Img_0349-2

それがこの「渡り廊下」です。一般の人は渡れません。何でも「館長」
のみが通る所だとか。

Img_0350-2

そこから見た景色です。一般の人は右手に見える階段を上るか、エレベーター
に乗るかです。左手には「館内レストラン」です。

Img_0351-2

そこから「玄関」の方を見ています。

Img_0354-2

美術館を出た直ぐには「平安神宮・大鳥居」が堂々と立っています。
その右には、次に行く「京都市京セラ美術館」が見えます。

Img_0356-2

「京都国立近代美術館」の南側を見ています。

Img_0357-2

「平安神宮・大鳥居」をほぼ正面から見ています。通りは「神宮道」です。
左手奥に少しだけ見えるのは「京都府立図書館」の新館の上部です。

 次回に続きます。

 

2022年12月27日 (火)

京都モダン建築祭(5)

 前回の続きです。

⑥京都ハリストス正教会 生神女福音聖堂
 (しょうしんじょふくいんせいどう)
 柳馬場通二条上る東側にあります。

Img_0322

柳馬場通に面した正面入口です。可成り特徴的な外観です。

Img_0314

建物を色んな位置から拝見しました。

Img_0315

見えているのは、玄関です。丁度京都古文化保存協会の特別公開日でした。
内部は撮影出来ませんでしたが、初めて見る異常な(私にとっては)内部
の様子でした。女子高生の分かり易い説明もありました。
「イコン」(聖像・絵画)なるものも多数拝観出来ました。

Img_0315

(ダブって仕舞いました)

Img_0316_20221203104901

Img_0317

Img_0318

Img_0319

Img_0320

Img_0321

 以上で「中京地区」(私が巡回出来た範囲で)は終わりです。
 次は、「岡崎地区」ですが、ご紹介は来年にさせて戴きます。

 今年の「京歩き」は今回で終了とさせて戴き、年末のお休みとさせて
戴きます。今年もご愛顧戴きまして有難うございました。 
 どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。 

 新年は恒例の京都の3神社の大絵馬のご紹介からスタートさせて戴きます。
 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

2022年12月25日 (日)

京都モダン建築祭(4)

 前回の続きです。

④加納洋服店

 京都市役所の左手にあります。寺町通御池上る西側。
 この日は、外観だけです。13日には、店内や仮縫い室
が特別公開されています。

Img_0304

Img_0305

中を覗き込んでいる人がいましたが、この日は非公開日でした。

⑤京都御幸町教会 御幸町通二条下る東側にあります。

Img_0306

正面をみています。キリスト教の教会なのに「十字架」が見当たりません。

Img_0313

右手横からも。

Img_0307

教会入口です。

Img_0308

傍に合った説明板です。

Img_0309

礼拝堂内に入りした。

Img_0310

前に進みました。

Img_0311

中2階からも。

Img_0312

天井は、こんな様子です。

 次回に続きます。

 

2022年12月23日 (金)

京都モダン建築祭(3)

 前回の続きです。

③カトリック河原町教会

Img_0289-2

河原町通御池下る一筋目東へ、「ホテル京都ロイヤル」の南側に、この教会
はあります。左隣は工事中で、何と無く騒がしい感じでした。

Img_0290-2

教会に入るには、階段を上がります。その入口の様子です。
教会らしい雰囲気を感じます。

Img_0296-3

入口には、こんな表示が見られました。

Img_0291-2

教会内に入りました。余り教会には入ったことが無い私は、厳かな雰囲気
に緊張しました。

Img_0292-3

少し前に進んで拝観。

教会内右手のステンドグラスです。

Img_0294-2

Img_0295-2

地下の「小聖堂」も拝観。

Img_0298-2

Img_0300-3

キリスト像の左手下には、この像が置かれていました。「都の聖母」と
呼ばれるブロンズ像です。
この教会が、明治23年(1890年)に建てられましたが、その時の説教
の中で、この像の紹介がされたとのこと。一時「将軍塚」に埋められていた
そうです。フランシスコ・ザビィエルが造らせたそうです。

 次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

2022年12月21日 (水)

京都モダン建築祭(2)

 前回の続きです。

②フォーチュンガーデン京都(島津製作所河原町旧本社)
 京都市役所本庁舎からは比較的近くにあります。

Img_0282-2

北側から見た外観です。

Img_0286-2 Img_0286-2

反対に南側から見た外観です。

Img_0285-2

河原町通を隔てて、真正面から見た外観です。
行列は、建物の中に入ろうとする人々です。

Img_0280-2

行列の先は、ここです。中に入れば正面エントランスホール等が見学出来
るとのことですが、私は外観のみで次へ移動しました。

Img_0281-2

河原町通二条下る東側からねその建物を見ています。

 昭和2年(1927年)、島津製作所は武田五一を設計顧問に迎え、
荒川義夫の設計によって、ここに新社屋を建設して本店営業所を移転しました。
のちに、島津製作所河原町別館となり、平成24年(2012年)に現在の形
となりました。

 次回に続きます。

2022年12月19日 (月)

京都モダン建築祭(1)

 [紅葉を始めとする秋のシリーズが終わりましたので、
  季節とは直接的に関係無いシリーズを始めます]

 京都市内では、今年(2022年)「京都モダン建築祭」
なる催しが、11月11日から13日に行われました。
 私は、11日と12日に参加させて戴きました。
「文化庁京都移転記念事業」「ART WALK KYOTO」
と銘打っての行事です。
 始めに、パスポートチケットを購入し、各施設ではそれを提示
すれば自由に出入りが出来ます。事前予約制での「特別ツアー」も
ありましたが、私は一人で気儘に巡回しました。
 私は2日間で計 11か所を拝見出来ました。
 では、私が巡回した順に、ご紹介させて戴きます。

①京都市役所本庁舎 現庁舎は3代目、Ⅰ期建設の完成は昭和2年。
 鉄筋コンクリート造、武田五一による監修のもと竣工。

Img_0257-2

南面する正面を斜めから見ています。

Img_0258-2

真正面を見ています。左右対称で、中央と両翼を突き出した形です。

Img_0261-2

その突き出た部分の西側(向かって左側)の様子です。

Img_0259-2

正面に接近して見ました。「市章」が光っています。

Img_0260-2

日本的造形だけでは無く、中国的やインド・イスラム・イタリヤルネサンス
的造形が取り入れられているとのことです。

Img_0287-2

目下耐震工事中ですが、庁舎の東側の全体を見ています。

Img_0277-2

近寄って見ました。

 では、中に入って見ましょう。

Img_0276-2

正面玄関の階段の正面には、京都の名所を表現したステンドグラスが見られ
ます。

 2階の「市会議場」に向かいます。

Img_0267-2

今回内部が公開されている1つ、「市会議場」です。昨年8月に改修工事
が完了しました。
ずらりと並んで掲げられている写真は、歴代の議長さんです。

Img_0268-2

議場の正面を見ています。一段高いところが、「議長席」です。

Img_0269-2

Img_0271-2

「市長」室です。

 次の公開場は、4階にある「正庁の間」です。

Img_0273-2

創建当時の姿を復元されました。
審議会や式典等外部の方との交流の場として、また国内外からお越しになる
来賓等の歓迎行事等に使われます。

Img_0274-2

市庁舎を出て、少し離れた所から市庁舎を望みました。

Img_0303-2

この場所は、河原町御池の交差点です。手前が河原町通です。

 次回に続きます。

 

 

2022年12月17日 (土)

野外彫刻展(3)

 前回の続きです。

Img_0619-2

「観覧温室」の近くです。

Img_0620-2

作品コンセプト 色んな風が吹いてくる

Img_0621-2

こちらも「観覧温室」の近くです。

Img_0622-2

作品コンセプト ここにあるべきものがない この空白に風が通る

Img_0623-2

Img_0624-2

作品コンセプト 無し

Img_0636-2

「北山門」の近くです。

Img_0637-2

作品コンセプト 世界はバランスで成り立っている

2022年12月15日 (木)

野外彫刻展(2)

 前回の続きです。

Img_0598-2

「観覧温室」の近くでの展示です。

Img_0599-2

少し位置を変えて、近付いて見ました。

Img_0600-2

作品コンセプト 時間は止められない・・・世界は変えられない・・・
        世界はかってに変わってゆくだけ・・・その人はただ
        そこにいただけ

Img_0601-2

Img_0602-2

作品コンセプト 周囲の音や様子を気にかけずに恐れなく歩く犬

Img_0603-2

Img_0604-2

Img_0605-2

作品コンセプト 生は苦、老は楽、死は憩

 次回に続きます。