カテゴリー「文化・芸術」の6件の記事

2018年6月 2日 (土)

明治150年 日本画と工芸品展他(2)

 前回の続きです。
 京都国立近代美術館で、「明治150年 明治の日本画と工芸品展」を鑑賞した後、館内のレストランでお昼を戴き、その後少し歩くことにしました。
 これが、久し振りの「お上りさん」の散歩になりました。
 道順を言いますと、次の様です。

美術館前の神宮道を南へ。三条通を越えて、青蓮院前~知恩院前~円山公園内~円山音楽堂前~少し道が折れて~ねねの道を歩き~一年坂~二年坂~産寧坂~清水道~東大路を越えて~松原通を西へ~珍皇寺前~六道の辻~大和大路を北へ~えびす神社前~建仁寺前~四条通に出て~南座前でゴール

「ねねの道」で、少し遠回りして「石塀小路」を歩きました。

014a

下河原通から、小路に入って振り返ったところです。

013a

小路に入って、少し進んだところです。

015a

突き当り手前を右折。

018a

石塀では無く、煉瓦塀です。煉瓦も石か?

021a

これぞ石塀小路ですね。

022a

何度か曲りながら、出口に近付いて来ました。

実は、所々に「撮影禁止」の張り紙を見ました。それは各家の玄関前でしたので撮影はしませんでしたが、その理由が「重伝建指定」の為とありました。
「重伝建」で撮影禁止なんて、今まで多くの「重伝建」の町を訪れていますが見たことが有りません。撮影禁止なら「重伝建」の指定を受けなければ良いのにと思いつつ、小路を歩いていました。

023a

ねねの道から見た「八坂の塔」です。

 ここから南座前まで歩いたのですから、我ながら驚きでした。









2018年6月 1日 (金)

明治150年 日本画と工芸品展他(1)

 今年は明治になって150年、明治時代になってからの日本画や工芸作品が、京都国立近代美術館で開催されていて、名品の数々を拝見させて戴きました。
 開催は、3月20日から5月20日の長期間でした。
 勿論、出品されている作品類は撮影は出来ませんから、掲示されているポスターで。
 

008a

 

神宮道に面して建つ「京都国立近代美術館」の正面です。

 

009a

 

その真ん前に立つ「平安神宮」の大鳥居です。
その右手には、目下耐震工事中の「京都市美術館」です。

 

010a

 

近くの「慶雲橋」(琵琶湖疏水に架かる)の上から見た美術館の南面です。
少し掲示のポスターが見えます。

 

011a

 

慶雲橋の上から、琵琶湖疏水の下流を見ています。

 

012a

 

橋の上から、疏水の上流を見ています。見える山並みは「東山連峰」です。
突き当りには「琵琶湖疏水記念館」があります。

 

007a

 

館の外に掲示されていたポスターです。

 

006a

 

館内1階の休憩場の様子です。疏水際の緑を目にしながら寛ぎのひと時を過ごせます。

合計 192件の展示品を、じっくりと鑑賞した後は、館内にあるレストランでお昼を戴くことにしました。ここの逸品はパスタです。

 

002a

 

季節の素材を使った1品です。

 

003a

 

トマトをベースにして、貝が味を引き立てている1品です。
どちらも大変美味でした。

 

004a

 

室外でも戴けます。

 

005a

 

未だ体験したことが無いのですが、一度出てと思っています。

この後、久し振りに「お上りさん」をしました。
次回に続きます。






 

2017年10月31日 (火)

文化 文化 これも文化 あれも文化

 文化と言っても色々ありますね。これから色んな文化を、ご紹介します。

(1)車体ラッピング文化(そんなのあった?)しかし、今や流行です!

 JR京都駅でのこと。

001a

突然入ってきた電車です。JR草津線の回送車両です。
「SHINOBI TRAIN 忍」です。数少ない草津線の京都行の車両です。
草津線と言えば、沿線に「甲賀」があります。甲賀忍者です。
最近は、外国の方にも人気だとか。

002a

1編成の半分位が、この車両の様です。
最近あちこちで、この様な「ラッピング・カー」を見掛けます。

003a

部分的にアップで見ました。恰好良いですね。

004a

005a

006a

(2)生け花文化(あえて文化と付けなくても良いですが・・・)

085a

京都駅ビル内の「ホテルグランビィア京都」のロビーに置かれていたものです。

088a

90度回転した位置で見ています。

フラワーアーティストの「川崎由貴」さんの作品です。
テーマは「偉大なる道」。
使われいるのは、シンビジューム・オレンジュウム・スマイラックス・キイチゴ・
バラ(プリザ)とありました。

この場所には、何時も何かが置かれていて、近くに来た時には、わざわざ見に寄ります。

(3)食文化(と言う程大袈裟げさでは無いのですが・・・)

029a

或る日のお昼のご馳走です。
「進々堂・河原町三条店」で戴いたものです。ここではセットでお願いすると、色んな種類のパンが、好きなだけ食べられます。コーヒーもお代り自由です。
何時も満足して店を出ます。

 「文化」と付く言葉は、色々ありますが、京都では国の機関「文化庁」が移転して来ます。































2017年9月17日 (日)

京都駅ビル大文化祭

  「20th Anniversary 京都駅ビル 大文化祭
  京都美風 古典芸能を楽しもう!能・狂言の世界へようこそ」
のタイトルで駅ビル2Fインフォメーション前にパネルを使って展示されいてたもの、又、実際の実物展示等を拝見することが出来ました。


Img_4832

【パネル展示】
・能・狂言の歴史
・能舞台について/能・狂言を演ずる人たち
・能のしくみ(構成)/番組の見方
・舞台を彩るもの「能面」「装束」「被り物」「扇」


【実物展示】
・能面、能管、小鼓、大鼓、太鼓
・能面ができあがるまでの製作工程

 〇舞台を彩るもの「能面」


Img_4822


Img_4823


Img_4824

 
 〇 能管、小鼓、大鼓、太鼓


Img_4827


Img_4828


Img_4829


Img_4830


〇能面ができあがるまでの製作工程


Img_4831

そして、実際の「能」公演の映像など、京都に住まいしていても身近で拝見する機会は無くて、貴重な体験をしました。(8月24日撮影)

2017年9月13日 (水)

絹谷幸二 色彩とイメージの旅 

 京都近代美術館で、今、注目されている画家の一人「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」を拝見しました。
詳しくは  、
こちらをご覧ください。

Img_4803

二方向から撮っています。

Img_4804

 正直、色彩の豊さ?派手さ?に疲れて、4階で開催されていた、平成29年度コレクション展を拝見しました。
 コレクション・ギャラリーでは、日本画、洋画、版画、彫刻および陶芸、染織、金工、木竹工、漆工、ジュエリーなどの工芸、写真等の中から適宜展示替を行い、日本の近代美術の代表作や記念的な作品を中心に、欧米の近・現代の作品もあわせて展示されていました。
やっと絵画の世界に浸れた?そんな穏やかな気持ちになりました。


Img_4805

近代美術館の一部です。緑を眺めながら暫しのひと時を楽しんでいる人達の姿がみられます。

Img_4812

美術展を見た後は、館内に有るカフェレストラン「カフェドゴマルゴ」でゆっくりランチを戴きました。

Img_4810

美術館の四階から眺めた風景、平安神宮鳥居の一部と、東山連峰です。

Img_4817_2

東山岡崎ループバスですが、ご覧のように緑を基調とした可愛い図柄です。
この市バスは、岡崎エリア内を回遊し,更には地下鉄や京阪電車の駅,市内中心部の河原町通を結ぶ路線バスです。
一度乗ってみたいと思っています。

2017年6月 8日 (木)

東福寺未生流「つほみ花展」を拝見しました

 前回の続きです。 東福寺の新緑で身体も心もリフレッシュした後は、界隈をゆっくり散策しましたが、途中で゛「東福寺未生流 つほみ花展会場」の看板に出会い「無料」の言葉に誘われるように会場に入りました。

Img_3661

玄関に飾られていた生け花です。

Img_3663

ここから以降は、和室の展示会場に生けられていた作品です。

Img_3664

黄色の花が多い様に思いました。

Img_3665


Img_3666


Img_3667


Img_3669


Img_3673


Img_3674


Img_3675


Img_3677

 何れの生け花も清楚でカラフル、癒されて帰途に就きましたが、途中で俄雨に降られました。
 傘を持っていて濡れずに済みましたが、走っている人の姿も多くあり
「備えあれば憂いなし」の言葉を実感した次第でした。

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き