« 今の植物園(9) | トップページ | 2024葵祭(2) »

2024年5月16日 (木)

2024葵祭(1)

 種々懸念があったのですが、久し振りのことなので
思い切って出掛けました。

 「葵祭・露頭の儀」を、京都御苑内の何時もの場所で
陣取りして拝見しました。
 午前10時30分に、「建礼門」前をスタートの予定の
約1時間半前に場所取りして始まるのを待ちました。

 今回ご紹介するのは、「路頭の儀」の主役お二方に絞って
ご紹介させて戴きます。

 本列・近衛使代列の「近衛使代」(このえつかい)=
    勅使の代役の方

 斎王代列・女人列の「斎王代」=葵祭のヒロイン

の方々です。

Img_3563a

「近衛使代」列にも「牛車」が加わります。
「近衛使代」は騎馬で行きますから「牛車」は要らないのですが、行列を
華やかにする為に曳き出されます。

Img_3569a

「近衛使代」=勅使、行列中の最高位の人で、四位近衛中将が勤めるそうです。
馬も「銀面」を被っています。

 続いて「斎王代」です。

Img_3578a

Img_3580a

十二単衣の五衣唐衣裳(いつつぎぬ・からぎぬ・も)で、その上に小忌衣
(おみごろも)を着用されています。

Img_3594a

「斎王代列」にも「牛車」が続きます。

 今回は、ここまでとさせて戴きます。
 次回以降では、各列をもう少し詳しくご紹介させて戴きます。
 

 

« 今の植物園(9) | トップページ | 2024葵祭(2) »

伝統行事」カテゴリの記事