« 2024葵祭(5) | トップページ | 1か月ぶりの植物園(1) »

2024年5月21日 (火)

2024葵祭(番外編)

 今年の「葵祭」も無事終わり、関係者の皆様は
ホッとされている事でしょう。
 今回は、「葵祭」に関する色んな事柄を、
「番外編」としてご
紹介したいと思います。
 若しご関心があれば一読願います。

◆「葵祭」は、京都の三大祭の1つです。
 7月の「祇園祭」、10月の「時代祭」と共に。

◆「葵祭」は、わが国最古の祭りです。
 飛鳥時代、欽明天皇の御代に災害が甚だしく民は難渋しました。
 そこで、占部伊吉若日子に占わせたところ、賀茂の大神の祭りを
 せよとのことで、祭りを行ったところたちまちにして風雨治まり
 五穀豊穣したことにより始まったとの伝えでした。

◆平安遷都ののち、賀茂社は山城国の守護神となり、嵯峨天皇は
 最愛の皇女・有智子内親王を賀茂社に奉仕されました。

◆以来、一身を神に捧げた内親王を斎王とした葵祭は、国を挙げて
 の祭りとなりました。

◆祭りは、主な神事として「路頭の儀」(行列)と、下鴨神社と
 上賀茂神社で行われる「社頭の儀」があります。

◆「路頭の儀」は、本列の「近衛使代列」と、女人列の「斎王代列」
 とで成り立っています。
 総勢500余人、およそ1キロメートルの行列が、全工程8キロ
 メートルの道のりを練り歩きます。

◆今年の「斎王代」は、第66代斎王代で、壬生寺の娘さん「松浦璋子」
 さん(22)でした。

◆行列は、午前10時30分に京都御所を出発、下鴨神社に午前11時
 40分に到着、12時から社頭の儀が行われます。
 午後2時20分に下鴨神社を進発し、上賀茂神社に向かいます。
 午後3時40分に上賀茂神社に到着、こちらでも社頭の儀が行われます。
 すべての神事が終わるのは、午後5時を過ぎるとか。

◆葵祭は、5月3日の「やぶさめ神事」から始まって多くの神事が行われます。
 5月19日の「小川流煎茶献茶祭」まで色んな神事があります。
 若しご関心があれば、一度掘り下げて調べられると良いかと思います。

                         以上

« 2024葵祭(5) | トップページ | 1か月ぶりの植物園(1) »

伝統行事」カテゴリの記事