« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年8月

2023年8月15日 (火)

盛夏の植物園へ(7)

 前回の続きです。

 「四季彩の丘」には、「京野菜」のコーナーがあります。

Img_1821-2

Img_1820-2

Img_1824-2

Img_1823-2

Img_1826-2

Img_1827-2

「ペポカボチャ」 ウリ科です。2個ありました。

Img_1836-3

「瓜棚」の一角では、「ノーゼンカズラ」の大きな木が見られました。

Img_1837-3 Img_1838-2

小さな池では、

Img_1839-2

Img_1840-2

2輪の「スイレン」が咲いていました。

Img_1843-2

紫色の「キキョウ」も良いですが、「白」も夏向きで清々しいです。

 汗だくでの取材でした。少し人も増えて来ましたが、私は退園しました。

 

2023年8月14日 (月)

盛夏の植物園へ(6)

 前回の続きです。
 「四季彩の丘」に来ました。
 ここでは、今の時期「ハス」の花が多く見られます。
 かつての「巨椋池」にあった「ハス」も集められています。

Img_1810-2

Img_1811-2

Img_1816-2

Img_1817-2

Img_1818-2

美しいです。

Img_1825-2

Img_1830-2

Img_1832-2

Img_1833-2

「多重」の花です。

Img_1834-2

不思議な花の様に見えます。

Img_1835-2

高貴さを感じます。

 次回に続きます。

 

2023年8月13日 (日)

盛夏の植物園へ(5)

 前回の続きです。

 「正面花壇」を見ています。

Img_1802-2

「ネコノヒゲ」(白花)です。シソ科です。

Img_1803-2

Img_1804-2

Img_1805-2

広く広がって咲いています。

Img_1806-2

Img_1808-2

Img_1809-2

「観覧温室」前の花の列です。

 「四季彩の丘」に向かいました。

Img_1812-2

Img_1814-2

Img_1815-2

「キョウチクトウ」の木が、こんなに大きいとは驚きでした。細い木の
集合体の様です。

 次回に続きます。

2023年8月12日 (土)

盛夏の植物園へ(4)

 前回の続きです。

 「沈床花壇」から「バラ園」を通りました。

Img_1788-2

「バラ園」の中で、一番目を向けているのは、この「マチルダ」です。
暑さにも負けず、元気に咲いています。

Img_1789-2

純白は夏向きです。

Img_1790-2

ちょっぴり色付いています。

Img_1791-2

「植物園会館」の北にある「ソテツ」です。こんなに葉を茂らせたの初めて
見た様に思います。

Img_1792-2

気になるものを見付けました。
雄花はほぼ毎年咲く様ですが、雌花は2~4年に一度しか咲かないとか。
これはどちらかな?

Img_1793-2

位置を変えて見ました。

Img_1794-2

「正門」から直進の「正面花壇」に来ました。
「ヒャクニチソウ」です。

Img_1796-2

ここで一番目立ったのが、この花です。「ハイビスカス」夏の花です。

Img_1797-2

Img_1798-2

 次回に続きます。

2023年8月11日 (金)

盛夏の植物園へ(3)

 前回の続きです。

 Img_1778-2

「あじさい園」の中にある「ハス池」では、花の数が少なくなっていましたが、
幾つか「見られるハスの花」が見られました。

Img_1779-2

Img_1780-2

「多重」の花もありました。

Img_1781-2

この「ハス池」の近くには、お馴染みの「フウ」の木が聳えています。

Img_1782-2

右手が「ハス池」です。「フウ」は良く茂っています。

Img_1783-2

「フウ」の上の方を見ています。

 次は「沈床花壇」へ。

Img_1784-2

皆さん猛暑にお疲れの様子です。「カンナ」も少し元気無く見えました。

Img_1785-2

「沈床花壇」の隣の「ヒマワリ」も暑さに参った感じです。

Img_1786-2

辛うじて元気を残す「ヒマワリ」達です。

Img_1787-2

こちらも「猛暑疲れ」?の様です。
晴天続きで、「水遣り」が大変と聞きましたが、台風の余波の雨でほっと一息
の状況です。

 次回に続きます。

2023年8月10日 (木)

盛夏の植物園へ(2)

 前回の続きです。

 「植物展示場」を覗いて見ました。
 すると「朝顔展」の名残りらしきものが見られました。

Img_1766-2

Img_1767-2

Img_1768-2

Img_1769-2

Img_1770-2

Img_1771-2

Img_1773-2

 その近くの「竹笹園」で、こんなものを見付けました。

Img_1775-2

Img_1777-2

 次回に続きます。

2023年8月 9日 (水)

盛夏の植物園へ(1)

 色々あって中々外出出来ない私です。
 勿論、京都市内の猛暑の日々も大きな理由です。

 そんな中、台風6号の影響が未だ出ていない
8月8日(火)の午前、貴重な時間が取れました。  

 早速、「盛夏の植物園」に行って来ました。
 午前9時40分、入園。人の姿は疎らでした。

 何時もの通り、「北山門」から入園、時計回りに
進みました。

Img_1756-2

入園して直ぐに目にしたのは、「タイタンビカス」アオイ科 達です。

Img_1757-2

Img_1758-2

Img_1760-2

Img_1761-2

 その傍には、

Img_1763-2

「キバナツノゴマ」 原産地 南アメリカ熱帯 ツノゴマ科

Img_1762-2

不思議な花の形です。

 この後「植物展示場」を覗きます。

 次回に続きます。

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »