« 今年2回目の植物園へ(2) | トップページ | 漢字ミュージアム(1) »

2020年2月11日 (火)

小学校の歴史

 京都市には、「京都市学校歴史博物館」なるものが
あります。出来たのは、平成10年11月でした。
 開館して20周年が過ぎました。
 京都では、明治2年に「番組小学校」が64校創設
され、「学校歴博」では今、番組小学校創設150周年
記念の諸行事が催されています。
 その1つ、記念特別展として「国宝・旧開智学校校舎の
学校資料」が催されていて、私は以前から「学校歴博」に
関心があり、良く拝見していましたが、今回も拝見しました。
 実は、この「学校歴博」は今は廃校となった「開智小学校」
でした。「開智」のご縁で、この様な催しが開かれた様です。
 「国宝・旧開智学校」は長野県松本市にあります。私は未だ
その校舎は拝見しておりません。

Img_0171-2

京都市学校歴史博物館(元京都市立開智小学校)の正門です。

Img_0170-2

正門横に設置されている説明板です。

Img_0168-2

博物館の玄関です。

Img_0147-2

展示の一部を、ご紹介します。
プラのカバーがあったためカメラの光が反射していますが、
「国宝・旧開智学校」校舎の正面です。明治9年(1876)
4月に完成し、その後90年近く使用されたとのことです。

Img_0148-2

創建当初の様子です。上と同じ現象が起きました。

Img_0149-2

校舎は、「擬洋風」で造られています。
瓦屋根や龍の彫刻は和風(上の写真の左側)、
ガラスや天使像やバルコニーなどは洋風(上の写真の右側)
で造られています。
Img_0151-2

校舎を造った大工棟梁の「立石清重」氏です。
地元松本出身で、研究熱心だったとのこと。

Img_0157-2

こちらは、ここ「旧開智小学校」の昭和11年当時の様子です。

Img_0158-2

旧開智小学校は、番組小学校としては、下京十一番組小学校として開校され、
その後は、下京区第十三尋常小学校となりました。
その時の校舎の屋根瓦です。「十三」(三は縦になっていますが)の文字が
見られます。

 若しお時間が取れましたら、一度訪ねてみてください。
 場所は、京都市下京区御幸町通仏光寺下る西側です。

« 今年2回目の植物園へ(2) | トップページ | 漢字ミュージアム(1) »

地域歴史」カテゴリの記事

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き