« 鴨川の橋を辿って歩く(1) | トップページ | 鴨川の橋を辿って歩く(3) »

2019年12月19日 (木)

鴨川の橋を辿って歩く(2)

 前回の続きです。
 「四条大橋」を越えて、次に向かいます。

 013a_20191211113601

次は、「団栗橋」です。「団栗通」(東は花見小路通~西は木屋町通)の極短い通り
に架かる橋です。
1963年に架けられた橋で、長さ 61.5m 幅 9.5m の小さな橋です。

015a_20191211114801

「松原橋」です。1959年に架けられた橋で、長さ 83.55m 幅 6m 。
こちらも比較的小さな橋です。

017a_20191211115201

「五条大橋」に来ました。上流側から見ています。ここから左岸に移ります。

018a_20191211115301

昔の橋脚の石柱です。橋の近くに置かれていました。

019a_20191211115501

対岸に渡ります。立派な「擬宝珠」です。

020a_20191211190801

そんな「擬宝珠」の1つに、何か文字が刻まれています。
「明治十年・・・」と刻まれていますが、良く読めませんでした。

021a_20191211201101

橋の上から上流(北)を見ています。
こんな話を聴いています。この川幅は、平安京の中心大路・朱雀大路の道幅とほぼ
同じだと言うことです。如何に「朱雀大路」が広かったか、驚きです。

023a_20191211201701

この「擬宝珠」にも、多くの文字が見られます。

024a_20191211201901

左岸の橋畔には、こんな説明板も立っていました。

025a_20191211202101

こんな説明板もありました。左が上流です。字が小さくて読み難いと思いますが、
右から4つ目が、「五条大橋」(赤字で表示)です。

 「五条大橋」は、1959年に架けられました。長さは 67.2m 幅は 35m(最大)です。027a_20191211202701

左岸・下流側から見ています。

 次回に続きます。

 

 

 

« 鴨川の橋を辿って歩く(1) | トップページ | 鴨川の橋を辿って歩く(3) »

地域歴史」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き