« 京都府園部の町へ(2) | トップページ | 鴨川の橋を辿って歩く(2) »

2019年12月17日 (火)

鴨川の橋を辿って歩く(1)

 秋の日の半日、老人クラブの歩きの会で、
「鴨川に架かる橋」を辿って河川敷を歩きました。
 11月18日(月)のことです。
 スタートは、「丸太町橋」からです。
 河川敷が整備されているので、比較的安全に
歩くことが出来ます。

001a_20191209111401

鴨川の右岸・下流から、「丸太町橋」を見ています。堤防や橋の一部が工事中の様です。
1991年に架けられました。橋の長さは 92m、幅は 22m です。

002a_20191209112301

集合場所の様子です。参加者は毎回約800~900名位と聞いています。
京都市内の11区から集まって来ます。
午前9時45分スタート(何時も)です。担当区が先頭です。

003a_20191209112601

川の向こうに見える橋は、「琵琶湖疏水」の伏見地区に流れる分岐点です。
「疏水分線」となります。鴨川にも、一部流れ込んでいます。
その上に掛かる木造の橋です。

004a_20191209113201

「二条大橋」です。1943年に架けられました。
橋の長さは 85m 幅は 12m です。

005a_20191209113601

「御池大橋」です。1964年に架けられました。
橋の長さは、82m 幅は 29m です。市内でも道幅が広い「御池通」に架かる
橋ですから、橋幅も広いです。右に進むと「川端通」に突き当り、左右に分岐します。

006a_20191209114101

「三条大橋」です。橋の中でも最も趣きがある橋です。謂わずと知れた「東海道」
の始・終点です。橋の欄干などは、唯一木造です。
橋は、1950年に架けられました。橋の長さは、73.3m 幅は 15.5m です。

007a_20191209115301

橋の一部をアップで見ています。橋の擬宝珠には、「刀疵」があるとか。

008a_20191209115701

その下流では、鳥達の姿がありました。「ユリカモメ」?最近は数が減っているとか。

010a_20191209185701

「四条大橋」ですが、見たいものがあって、上流側から見ています。
見たいものとは、真ん中から左寄りの建物です。芝居小屋「南座」です。
最近耐震工事が終わってリニューアルされました。
この日は、「年末恒例・顔見世興行」が催されていました。

011a_20191209190301

下流側から、アップで見ています。

012a_20191209190501

「四条大橋」は、1942年に架けられました。
橋の長さは、 64.8m 幅は 24m あります。

 次回に続きます。

« 京都府園部の町へ(2) | トップページ | 鴨川の橋を辿って歩く(2) »

地域歴史」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き