« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月30日 (月)

年末の植物園(6)

 前回の続きです(最終回です)。
 「観覧温室」から、外へ出ました。

074a_20191217195401

「コブクサクラ」(子福桜)です。ちらほら咲きでした。

077a_20191217195601  

「四季彩の丘」で咲いていました。「クニフォフィア クリスマスチアー」と言います。

084a_20191217200101

「スノードロップ」です。こんなに花が開いているのは、初めての様な気がします。

095a_20191217200301

「寒椿」が一杯花を付けていました。

087a_20191217200401

087a_20191217200401

(久し振りに重複しました)

091a_20191217200401

透明感のある「ピンク」です。

 長々とご覧戴きまして有難うございました。

 

2019年12月29日 (日)

年末の植物園(5)

 前回の続きです。
 続いて「観覧温室」内でのことです。

057a_20191217193701

不思議な根元です。一体なのか?
名前は、「キフォステス エレファントブス」と名札にあります。ブドウ科 原産地 
マダカスカル です。

059a_20191217194101

これも上と良く似た形をしています。

060a_20191217194201

次は、これです。

062a_20191217194301

全景です。

064a_20191217194401

凄く大きな葉っぱです。

063a_20191217194401

根元は、こんな複雑な形になっています。葉っぱの茎には、トゲが一杯です。

069a_20191217194601

その説明板です。

065a_20191217194701

中央に見えるのが、「ローソク」です。

068a_20191217194801

その花です。白いのもありました。

 次回に続きます。

2019年12月28日 (土)

年末の植物園(4)

 前回の続きです。
 「観覧温室」内でのことです。

040a_20191217160501

花も変わっていますが、形も変わっていると思ったのは、私の勘違いでした。

041a_20191217160701

その説明板です。

042a_20191217160801

花の形が分かり難いですが、上にあった「実」状のものは見当たりません。

043a_20191217160901

横から良く見ると、花の真ん前に「実」がぶら下がっていたと言うことでした。

044a_20191217161101

「バオバブ」です。テレビなどで良く見る、太い幹に上に細い枝状のものが
立っている状態の樹木です。

045a_20191217161701

その説明板です。写真の木と少し違う感じもしますが・・・。

050a_20191217161901

「アフリカバオバブ」の幹が、こんな状態になっていて、驚きました。

051a_20191217162101

「奇想天外」と言う、けったいな名前の植物です。以前心無い人が盗んだことを気憶
しています。

053a_20191217162301

その説明板です。

056a_20191217162401

その根っこの部分です。名前と言い、形と言い、そして寿命と言い不思議
一杯の植物です。

 次回も続きます。

2019年12月27日 (金)

年末の植物園(3)

 前回の続きです。
 やっぱり気になる「フウ」の様子を見に行きました。

011a_20191216151101

「フウ」の全景です。部分的には、もう輝きが失われつつある様です。

002a_20191216151301

天辺から紅葉が始まるので、天辺の様子を見ました。
薄曇りだったので、紅葉は美しく無かったですが、やはりピークは越えた感じでした。

 未だ輝きを残している部分を探して見ました。

003a_20191216151701

可なり垂れ下がった枝を見ています。

005a_20191216151801

中位の枝です。

008a_20191216151901

この辺りは、未だ見られる感じです。

009a_20191216152001

ここもそんな感じです。

010a_20191216152101

未だ頑張っています。

006a_20191216152101

木の根元の「落ち葉」を見ています。

 次回も続きます。面白いものも・・・。

 

2019年12月26日 (木)

年末の植物園へ(2)

 前回の続きです。
 観覧温室内の「ポインセチア展」を見て回っています。
 2か所目に来ました。

033a_20191216143301  

2か所目の全景です。色々な色のポインセチアが配色良く展示されています。

部分的に見て見ましょう。

034a_20191216143601

035a_20191216143701

036a_20191216143701

ポインセチアの「接ぎ木」です。

039a_20191216143801

説明板の様にする様です。

038a_20191216143901

その結果、1本の木に違う色の「苞」が出来る様です。

 3か所目は、「特別展示室」です。

073a_20191216144201

3か所目の全景です。

071a_20191216144201

「段飾り」を中心に見ています。

 次回に続きます。

2019年12月25日 (水)

年末の植物園へ(1)

 12月も半ばになり、何か心忙しく感じる中、
12月14日(土)の午前に、京都府立植物園に行きました。
 幾つか見たいものがあり、思い切って行きました。
 見たいものとは、
 〇「フウ」の紅葉は?
 〇「ポインセチア展」へ
 〇その他珍しいものは?
などです。

 先ず「ポインセチア展」から。観覧温室内で、3か所で
約100品種、約700鉢が展示されています。

 始めに、観覧温室に入って直ぐの展示から。

012a_20191215160101

「品種見本コーナー」から。全景です。

014a_20191215160301

花びらの様に見えるのは「苞」と言って、葉っぱが変化したものだそうです。
花は、苞の集まりの中心にあるとか。

015a_20191215160601

斑点や半夏生的な苞です。

016a_20191215160701

こんな変化もあります。

017a_20191215160801

真紅では無く、ややピンクっぽい色です。

019a_20191215160901

この色こそが、クリスマスを彩る真紅ですね。

020a_20191215161001

苞の形が今までとは違います。

021a_20191215161101

こちらも苞の形が波打つ様な感じです。

022a_20191215161301

本来の色?の集まりです。

032a_20191215161501

純白の苞です。

028a_20191215161501

この木には、ポインセチアの「和名」の「ショウジョウボク」(猩々木)の名札
が見られます。何故これだけが?

 次回に続きます。

2019年12月23日 (月)

鴨川の橋を辿って歩く(4)

 前回の続きです。
 「七条大橋」からは、再び鴨川の右岸の河川敷を
歩きます。

039a_20191212141301

「塩小路橋」です。1953年の架橋で、長さは 53m 幅は 11m です。
比較的小さな橋です。

 次の橋は、やや複雑です。JR関係の橋が重なります。

040a_20191212142001

上流から見ています。
手前の橋が、JRびわこ線が通る橋で、「JR加茂川橋」とか「鴨川橋梁」とか言います。
その先には、「新幹線」の橋があります。

043a_20191212142401

下流側から見ています。手前が「新幹線」の橋、その向こうが「びわこ線」の橋です。

045a_20191213104001

もう1つ、鉄道用の橋(橋梁と言った方が)がこれです。
「JR奈良線」の橋です。「鉄橋」ですね。鴨川を斜めに横切っています。

047a_20191213104401

この辺りも、堤防の低さが目立ちます。手前の石積みは、そのままで平地に繋がって
います。川の流れは少し離れた所にあります。

 また少しややこしい形になっている橋に出合います。

049a_20191213104901

「九条こせん橋」と言います。上流から見ています。
「こせん」=「跨線」 何の線路を跨ぐかと言えば、JR奈良線と京阪電車京阪本線
の2つの線路を跨ぎます。左手先に「東福寺駅」(JRと京阪とも)があります。
実は左側のずっと先から、九条通がカーブして橋となっています。
1933年に架けられています。長さは 418.33m(長いです) 幅は 18m です。

050a_20191213110001

並んで歩道橋が架けられています。「東山橋」です。下流から見ています。
手前の橋です。長さ 68m 幅 18m です。

052a_20191213110401

「陶化橋」です。十条通に架かる橋です。1997年架橋、長さ 90.9m 幅22m。

053a_20191213111201

高速道路に繋がる橋です。

054a_20191213111401

「勧進橋」です。こちらも鴨川を斜めに横切っています。
1947年の架橋で、長さ 88.7m 幅 19m です。

 いよいよゴールの橋に来ました。

055a_20191213111801

「くいな橋」(水鶏橋)です。1954年架橋、長さ 94m 幅 8m です。

057a_20191213112001

「くいな橋」の上から、上流をみています。
左手の高架橋は高速道路、遠くに見えるのは「比叡山」や、東山連峰です。

 帰りは、近くにある市営地下鉄・烏丸線の「くいな橋駅」から乗車しました。

 京都市内の主な河川は、 
 (1)賀茂川と高野川が合流して、鴨川になるところ

 (2)保津川・大堰川~桂川になるところ

 の2大河川で、どちらにも多くの橋が架けられています。

2019年12月21日 (土)

鴨川の橋を辿って歩く(3)

 前回の続きです。
 「五条大橋」から左岸を歩きました。

028a_20191211203501

「正面橋」です。「正面通」に架かる橋からの命名です。
何処の「正面」?それは東にある「方広寺」(かつては大仏さんで有名)の正面から
付けられたとのことです。西にある「西本願寺」の「正面」とのことも聞いたことが
ありますが・・・。
1952年に架橋、長さは 71.15m 幅は 5.82m。

029a_20191211204501

橋の畔には、この様な「擬宝珠」が見られました。

030a_20191211204701

この辺りは、堤防の高さが低いです。

031a_20191211204901

「七条大橋」です。1913年に架けられた最古の橋です。でもモダンな感じがします。
橋の長さは、 81.9m 幅は 17.8m です。

032a_20191211205401 034a_20191211205701

橋のほぼ全景です。

035a_20191211205801

橋の親柱に示す表示です。近寄って見ました。橋のアーチや橋の欄干など
目を惹きます。その後の欄干の模様も気になります。
ここから再び右岸を歩きました。

 橋の南西部分には、

036a_20191211210301

「松明殿稲荷神社」と言います。

037a_20191211210401

正面を拝観しています。

038a_20191211210501

その説明板です。

 次回に続きます。

 

 

2019年12月19日 (木)

鴨川の橋を辿って歩く(2)

 前回の続きです。
 「四条大橋」を越えて、次に向かいます。

 013a_20191211113601

次は、「団栗橋」です。「団栗通」(東は花見小路通~西は木屋町通)の極短い通り
に架かる橋です。
1963年に架けられた橋で、長さ 61.5m 幅 9.5m の小さな橋です。

015a_20191211114801

「松原橋」です。1959年に架けられた橋で、長さ 83.55m 幅 6m 。
こちらも比較的小さな橋です。

017a_20191211115201

「五条大橋」に来ました。上流側から見ています。ここから左岸に移ります。

018a_20191211115301

昔の橋脚の石柱です。橋の近くに置かれていました。

019a_20191211115501

対岸に渡ります。立派な「擬宝珠」です。

020a_20191211190801

そんな「擬宝珠」の1つに、何か文字が刻まれています。
「明治十年・・・」と刻まれていますが、良く読めませんでした。

021a_20191211201101

橋の上から上流(北)を見ています。
こんな話を聴いています。この川幅は、平安京の中心大路・朱雀大路の道幅とほぼ
同じだと言うことです。如何に「朱雀大路」が広かったか、驚きです。

023a_20191211201701

この「擬宝珠」にも、多くの文字が見られます。

024a_20191211201901

左岸の橋畔には、こんな説明板も立っていました。

025a_20191211202101

こんな説明板もありました。左が上流です。字が小さくて読み難いと思いますが、
右から4つ目が、「五条大橋」(赤字で表示)です。

 「五条大橋」は、1959年に架けられました。長さは 67.2m 幅は 35m(最大)です。027a_20191211202701

左岸・下流側から見ています。

 次回に続きます。

 

 

 

2019年12月17日 (火)

鴨川の橋を辿って歩く(1)

 秋の日の半日、老人クラブの歩きの会で、
「鴨川に架かる橋」を辿って河川敷を歩きました。
 11月18日(月)のことです。
 スタートは、「丸太町橋」からです。
 河川敷が整備されているので、比較的安全に
歩くことが出来ます。

001a_20191209111401

鴨川の右岸・下流から、「丸太町橋」を見ています。堤防や橋の一部が工事中の様です。
1991年に架けられました。橋の長さは 92m、幅は 22m です。

002a_20191209112301

集合場所の様子です。参加者は毎回約800~900名位と聞いています。
京都市内の11区から集まって来ます。
午前9時45分スタート(何時も)です。担当区が先頭です。

003a_20191209112601

川の向こうに見える橋は、「琵琶湖疏水」の伏見地区に流れる分岐点です。
「疏水分線」となります。鴨川にも、一部流れ込んでいます。
その上に掛かる木造の橋です。

004a_20191209113201

「二条大橋」です。1943年に架けられました。
橋の長さは 85m 幅は 12m です。

005a_20191209113601

「御池大橋」です。1964年に架けられました。
橋の長さは、82m 幅は 29m です。市内でも道幅が広い「御池通」に架かる
橋ですから、橋幅も広いです。右に進むと「川端通」に突き当り、左右に分岐します。

006a_20191209114101

「三条大橋」です。橋の中でも最も趣きがある橋です。謂わずと知れた「東海道」
の始・終点です。橋の欄干などは、唯一木造です。
橋は、1950年に架けられました。橋の長さは、73.3m 幅は 15.5m です。

007a_20191209115301

橋の一部をアップで見ています。橋の擬宝珠には、「刀疵」があるとか。

008a_20191209115701

その下流では、鳥達の姿がありました。「ユリカモメ」?最近は数が減っているとか。

010a_20191209185701

「四条大橋」ですが、見たいものがあって、上流側から見ています。
見たいものとは、真ん中から左寄りの建物です。芝居小屋「南座」です。
最近耐震工事が終わってリニューアルされました。
この日は、「年末恒例・顔見世興行」が催されていました。

011a_20191209190301

下流側から、アップで見ています。

012a_20191209190501

「四条大橋」は、1942年に架けられました。
橋の長さは、 64.8m 幅は 24m あります。

 次回に続きます。

2019年12月15日 (日)

京都府園部の町へ(2)

 前回の続きです。
 園部藩では、当初は「陣屋」でした。
 幕府に城の造営を願っていた様ですが、中々許されず
大政奉還後、明治新政府になって漸く築城の許可が下り、
完成したのは、明治2年(1869)のことでした。
 まさに日本最後の「近世」城郭となりました。
 しかし、明治4年には廃藩置県により「園部藩」は無くなり、
翌5年には、建物は払下げになって仕舞いました。
 現在残っている城郭は、城門と巽櫓と番所(城門横)だけです。

001a_20191208153401

城門前の様子です。

010a_20191209101301

「城門」です。現在は、「京都府立園部高校」の校門になっています。奥に見える
建物は、校舎です。

009a_20191209101601

「城門」を内側から見ています。右手に少し見えているのは、「番所」です。

004a_20191209101701

もう1つ残っているのが、この「巽櫓」です。
「城門」に向かって、左手にあります。

005a_20191209101901

立つ位置を変えて、見ています。

014a_20191209102601

「城門」の近くには、こんな紅葉が見られました。

017a_20191209102701

さらに、その右側には一寸した庭園がありました。

018a_20191209102901

同じ区域です。

 「園部藩」は、地方の小藩でしたが、明治維新まで10代に亘って維持されて来た
ことは、藩主以下藩全体で上手く運営されて来た結果ではないかと思っています。

 

2019年12月13日 (金)

京都府園部の町へ(1)

 京都府南丹市園部町へ行って来ました。
 令和元年11月26日(火)のことです。
 行った動機は、南丹市文化博物館で催されている展覧会と、
その近くにある「園部城跡」を見る為でした。
 ①展覧会は、「園部藩の歴史と文化」と言うものです。
 ②日本最後の「近世」城郭と言われる「園部城跡」を見ること。
でした。
 ①展覧会は、勿論写真は撮れませんので、文章で表現したいと
思います。
 ◆園部藩は、元和5年(1619)、但馬国出石藩主だった「小出
吉親」が、丹波国船井郡を中心とする所領へ転封となったことに
より成立した藩です。明治期の廃藩置県まで、約250年間存続
しました。10代続きました。
 ◆展示は、
  (1)園部藩の成立 (2)園部藩主小出氏 (3)園部藩政の展開
  (4)園部藩の町と村 (5)幕末維新と園部藩 (6)園部藩の終焉とその後
と言うもので、博物館所蔵の品を中心に、個人蔵も多数あり展示されていました。
 見応えがありました。

003a_20191208144401

左は、今回の展覧会のパンフレットです。
人物像は、左が園部藩初代藩主・小出吉親像、その右はその夫人像です。
右は、当日購入した図録(平成20年度・秋季特別展)です。展覧会の内容はほぼ
同じものでした。

027a_20191208145301

南丹市立文化博物館の外観です。1階が図書館に、2階が博物館になっています。

 ◆小出氏は、当初は豊臣秀吉に近かった様です。関ケ原の合戦では、身内で
東西に分かれて戦った様ですが、東軍に付いた身内が上手く執成して徳川に認められ、
約3万石の小藩の外様大名として江戸時代を生きたとのこと。

 展覧会を見た後は、近くにある「園部城跡」へ行きました。

019a_20191208150501

博物館の傍に建っている「南丹市立国際交流会館」です。始めはこれが城跡かなと
思って仕舞いました。

025a_20191208150801

近くには、こんな幟が立っていました。

020a_20191208151001

会館と城跡の間は広場になっていて、美しい紅葉が見られました。

023a_20191208151101

こんなに大きな石造物もありました。「きつつき」でしょうか?

022a_20191208151301

昔の「園部大橋」の親柱が移築されていました。

 次回に続きます。

 


2019年12月11日 (水)

紅葉たけなわ植物園(2)

 前回の続きです。
 私が「好きな木」の「フウ」の紅葉を見に行きました。

043a_20191129210201

「アジサイ園」の近く、小さな「蓮池」の傍に、「フウ」は立っています。
全体の様子です。所々色付いていますが、台風にやられる前の状態では無いです。
台風に激しく傷め付けられたのでしょうか。

 色付きが進んでいる部分を見てみました。

044a_20191129210601

冷気が早く当たる木のトップを見ています。

045a_20191129210701

枝が垂れている部分も、結構色付いています。

046a_20191129210801

この枝は、ほぼ完全に紅葉しています。

048a_20191129210901

グラデーションが見事です。

051a_20191129211101

結局、全体の紅葉は、未だ少しかかる様に感じました。

 全木紅葉の時期に見に来られるか?

 
 長々と引っ張って来た「今年の私の紅葉」は、今回で終わりとさせて戴きます。
 多少の未練がありますが、すっぱりと終了とさせて戴きます。
 長くお付き合いを戴いた方には、厚く御礼を申し上げます。
 有難うございました。
 年末のこととて、何かと仕事がありますので、暫くは散発的な記事になるかと
思います。

2019年12月10日 (火)

紅葉たけなわ植物園(1)

 前回(11/08 )から、紅葉がより進んでいる筈と考えて、
植物園に行って見ました。11月27日の午前でした。
 その結果、予想が的中しました。
 では、その様子をご覧戴きましょう。

001a_20191129203301

園内で紅葉が集中している場所への入口の様子です。右手の小道です。
期待出来そうです。

003a_20191129203801

その場所は、池の周りです。

005a_20191129204001

向こうに見えるのは、池の傍にある「東屋」です。

008a_20191129204101

「東屋」からの眺めです。

009a_20191129204201

未だ池の周りにいます。

012a_20191129204301

池から離れて、もう一つの池(蓮池)に向かいます。

013a_20191129204401

池の近くに来ました。

021a_20191129204501

今の時期、蓮は勿論こんな有様です。こちらにも「東屋」があります(左手)。

022a_20191129204701

所々に見られる「黄葉」を見て回りました。

024a_20191129204901

「蓮池」の「東屋」が見えます。

026a_20191129205001

未だ「四季桜」は、花を付けていました。紅葉とのコラボです。

035a_20191129205101

未だ緑の部分も見られます。

054a_20191129205201

ちょっと葉っぱの付き方が面白かったので、撮りました。
「オオバベニガシワ」と言います。中国(中南部)原産です。「トウダイグサ科」です。

 この後、気になる「フウ」の紅葉の様子を見ました。
 次回に続きます。

2019年12月 9日 (月)

京都御苑の紅葉(3)

 前回の続きです。最終回です。

069a_20191128104001

西側のグランドの傍を歩いています。親子で何か楽しげに。

070a_20191128104201

色付いた落ち葉が良い具合に散らばっていました。

071a_20191128104401  

右手に行くと「下立売御門」に。

072a_20191128104701

様々な色付きが見られます。

073a_20191128104801

先程から余り進んでいませんね。

075a_20191128104901

黄葉です。

076a_20191128105001

「椹木口」の近くです。正に「黄葉」です。

079a_20191128105201

足早に急ぐ若者が・・・。奥は「九条邸跡」です。
間も無く「間ノ町口」(丸太町通)に出ます。

 長々とご覧戴き有難うございました。
 私の今年の「紅葉狩り」は、後1回で終わります。
 京都府立植物園へ行きます。

2019年12月 8日 (日)

京都御苑の紅葉(2)

 前回の続きです。
 「紅葉」の多さや凄さに驚きながら、歩いています。
 凡そ半分位は来たと思います。

052a_20191128102201

同じ思いの皆さんも・・・。

053a_20191128102401

056a_20191128102501

「黄葉」の方でしょうか?

057a_20191128102701

そろそろ御所の築地塀も終わるところです。

058a_20191128102801

こんな低い木も。

060a_20191128102901

こちらもそうですね。枝は広がっています。

061a_20191128103001

まだまだ続きます。

064a_20191128103101

色合いが良いですね。

066a_20191128103201

ファミリィも見ました。

068a_20191128103401

「出水の小川」付近です。楽しいひと時の様です。

 次回も続きます(最終回です)。

 

2019年12月 7日 (土)

京都御苑の紅葉(1)

 「京都御苑」の紅葉は、余り知られていない・穴場かなと
私は思っています(私が知らないだけかも)。
 私は最近行く様になったのですが、
今年もじっくりと「紅葉狩り」を楽しんで来ました。
 御苑の西側、烏丸通が時々見えるところ(道)を、北から
南に向かって歩きました。
 烏丸今出川から歩いて、「乾門」から御苑内に入りました。

030a_20191127205901

御苑内に入って直ぐの様子です。東の方を見通しています。
「京都御所」は、イチョウの木の先の右側です。御所の北辺になります。

 では、ぼちぼち歩き始めましょう。

034a_20191128100301

松林の中を歩く感じです。そして、所々に「紅葉」する木が点在しています。

038a_20191128100501

右手奥に、御所の築地塀が見えます。御所の西側になります。

039a_20191128100601

紅葉している木(楓?モミジ?)は可なり大きいものも見られます。

040a_20191128100801

この様に広く枝を伸ばしています。木の姿が良いですね。

043a_20191128100901

奥に見えるのは、「宜秋門」です。

047a_20191128101101

林の中の小道を歩きます。

048a_20191128101201

この辺りは、色付いた木々が多いです。

049a_20191128101301

未だ「宜秋門」から離れないところを歩いています。

050a_20191128101501

華やかです。

051a_20191128101601

地上に届きそうな枝振りです。「枝垂れ」と言うのでしょうか?

 次回も続きます。

2019年12月 6日 (金)

天神さんの紅葉

 今まで、「天神さんの紅葉」とは余りご縁がなかったのですが、
今年は思い切って行って見ました。
 ここの紅葉の名所は、「御土居の紅葉」です。

017a_20191127151101

「御土居」の入口に建つ、裏千家前家元・千玄室さん(天満宮講社会長)の
筆による「御土居の紅葉」の石碑です。

中には入らず、外から撮っています。

006a_20191127151801

御土居への入口付近から見た紅葉です。

008a_20191127151901

御土居の石垣と柵の向こうに、紅葉の木々があります。

009a_20191127152101

上と同じ様な状況です。

012a_20191127152201

少し中の方を見ています。

015a_20191127152301

確かに見事な紅葉です。

「御土居」以外の場所での紅葉です。

004a_20191127152501

最近出来た「曲水の宴」用の近くでの紅葉です。

007a_20191127152701 

境内の一角での紅葉です。

026a_20191127152801

社殿の内側から撮りました。

020a_20191127153001

北門の近くにある「イチョウ」の黄葉です。

 ここで「独り言」。
 実は、「御土居の紅葉」をみるのには、大人一人千円が要ります。
お茶菓子付きです。お茶菓子は要らないから、五百円にしてほしい。
 大覚寺でも天龍寺でも、五百円でした。無理にお茶菓子を飲ませるな!
 天神さんの商魂の逞しさを感じます。
 ですから、私は中には入らず、外から撮っているのです。
 昔は、タダでした。

2019年12月 5日 (木)

嵯峨・嵐山の紅葉(4)嵐山

 前回の続きです。

 最後は、「嵐山」に遣って来ました。

124a_20191126200201

「嵐山」と言えば、この光景です。前を流れるのは「桂川」、その上に架かるのは
「渡月橋」(正確に言えば、橋の上流は「大堰川」)、そして背後の山々は「嵐山」
など。

少しづつ近寄って見ましょう。

123a

山々は、大分色付いて来ました。

122a_20191126200801

「嵐山」の様子を見ています。色んな色が見られます。

117a_20191126201101

渡月橋の上流位置から、嵐山を見ていますが、ここまで来ると太陽の光の当り方
が可なり変わって来ました。部分的に暗さが見られます。

115a_20191126201401

最後に、更に上流位置にあった紅葉です。

 以上で、「嵯峨・嵐山地区」の紅葉を終わります。
 「紅葉狩り」も、追い込みに入って来ました。

 

2019年12月 4日 (水)

嵯峨・嵐山の紅葉(3)宝厳院

 前回の続きです。
 「天龍寺」の拝観を終えて、次のポイントに向かいます。
 そこは、天龍寺の塔頭の1つ、紅葉の名所「宝厳院」です。

101a_20191126184201

天龍寺からだと、「宝厳院」の北側から、紅葉を見ることになります。
何時ものことながら、境内には入らずに外から拝観します。
それでも結構、紅葉は拝観出来ます。

102a_20191126184501

中の様子を窺いつつ、塀越しの紅葉を拝観します。

103a_20191126184901

中はさぞかし凄いことでしょう・・・。

105a_20191126185101

紅葉の色の変化に魅せられます。

106a_20191126185301

背景の山容は、嵐山連峰(?)です。

108a_20191126185501

緑との共存も良いですね。

110a_20191126195501

萱葺の屋根は、山門で拝観の入口になっています。背後の山容は、嵐山連峰?
です。

111a_20191126195801

宝厳院の紅葉達ともここでお別れです。

 この後は、「嵐山」の様子を見に行きました。
 次回に続きます。

 

 

2019年12月 3日 (火)

嵯峨・嵐山の紅葉(2)天龍寺ー2

 前回の続きです。
 天龍寺の境内を、専ら紅葉を辿って歩いています。

069a_20191125114901

「百花苑」から「北門」付近をうろついています。北門の近くは「竹林」になっています。

061a_20191125115401

右手に見えている屋根は、北門です。

062a_20191125115601

紅葉の写真を撮る時は、光を通して(逆光)が良いですね。

064a_20191125115801

この木の葉っぱは、小さい様です。

068a_20191125120001

こちらも竹林の近くでの様子です。

076a_20191125120301

良く「紅葉って」(私の造語です)います。
多分「紅葉る」(こ相応しい条件が揃っているのでしょうか?
近くに池があって、水分が十分。里山なので気温の温度差が大きいなど。

078a_20191125121001

078a_20191125121001 

「曹源池」の裏側を歩いています。

081a_20191125121301

これも「紅葉」に向かうのかな?それとも「黄葉」が完成かな?

085a_20191125121501

この辺りは、紅葉林が続きます。

088a_20191125121701

そろそろ出口が近い様です。

089a_20191125121801

色の変化が素敵です。

092a_20191125121901

外に出ました(と言っても、まだ境内ですが)。
左手は、「庫裏」の入口です。その近くも「紅葉」が。

 次回も続きます。「宝厳院」に向かいました。

 

 

2019年12月 2日 (月)

嵯峨・嵐山の紅葉(2)天龍寺ー1

 前回の続きです。
 「大覚寺」から、嵐山に近い「天龍寺」に遣って来ました。
 大覚寺と違って、嵐山の景勝地にある為、外国の観光客
を含め、多くの人で「雑踏状態」でした。

 天龍寺と言えば、先ず有名なのは「曹源池」です。
 開山の「夢窓疎石国師」が造ったとされています。

039a_20191124194901

曹源池の西端を見ています。

040a_20191124195101

曹源池の真ん中辺りを見ています。

043a_20191124195301

少し大きくして見ています。

044a_20191124195401

池の東端付近です。

 この後、北の部分にある「百花苑」の方に向かいます。

047a_20191124195701

その途中には、紅葉のパラダイスです。

048a_20191124195901

高い木も、見事に紅葉しています。

051a_20191124200201

百花苑には、色んな植物植えられていますが、今は見るべきものは無かった様に
思いました。専ら紅葉・黄葉です。

052a_20191124200501

兎に角見事でした。

053a_20191124200601

続いて同様に。

 次回に続きます。この後、北門付近から曹源池の裏側を歩きました。

2019年12月 1日 (日)

嵯峨・嵐山の紅葉(2)大覚寺ー2

 前回の続きです。
 「大覚寺」の建物内を拝観しています。

014a_20191124150601

「五大堂」(本堂)から、外縁に出ました。そこから近くには「大沢池」が見渡せました。

再び渡り廊下を歩き、次の建物に向かいます。

020a_20191124151001

ここは「勅封心経殿」と言って、大覚寺では最も大切なところです。

021a_20191124151201

その説明板です。

025a_20191124151601

境内のあちこちで、多くの紅葉が見られました。

029a_20191124151701

030a_20191124151701

赤と緑のコントラストが綺麗でした。

032a_20191124151801

お堂に囲まれて、多くの庭に色付いた木々が見られました。

033a_20191124152001

上と同じくです。

 「大覚寺」は、真言宗大覚寺派の本山です。正式には、旧嵯峨御所大覚寺門跡
と言います。元は、平安初期に嵯峨天皇が壇林皇后と結婚された時に、離宮として
造られた所です。離宮・嵯峨院です。後に皇孫が開山され「大覚寺」となりました。
明治時代初頭までは、門跡寺院でした。

 次回に続きます。「天龍寺」に行きました。

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き