« 2019時代祭(1) | トップページ | 2019時代祭(3) »

2019年11月 4日 (月)

2019時代祭(2)

 前回の続きです。
 「明治維新時代」の「維新志士列」の登場です。

016a_20191030103501

「せごどん」こと、西郷吉之助です。スマートで、笑顔の「せごどん」です。

017a_20191030103801

坂本龍馬(残念ながら撮れませんでした)の同志、「中岡慎太郎」です。

019a_20191030104001

八月十八日の政変で、都を追われた三条實美ら公卿達、「七卿落」です。

021a_20191030104501

「吉田松陰」です。

023a_20191030104701

五摂家の一つ、「近衛忠熈」公です。

024a_20191030105301

三条實美の父君「三条實萬」です。

025a_20191030105601

「江戸時代」に入って、「徳川城使上洛列」の先頭です。

026a_20191030105801

かなり陽気な「長持」を担ぐ人達です。踊ったり、走ったりと忙しいグループでした。

030a_20191030110201

毛槍や大鳥毛などを捧げ持つ「奴」さん達です。

031a_20191030110601

道中で、毛槍の投げての受け渡しのパホーマンスも遣ってくれました。
観客からは、拍手喝采を受けていました。

033a_20191030111001

長槍や目付などの後は、馬上の「目付頭」です。

035a_20191030111301

立派な「駕籠」が続きます。重そうな感じです。

036a_20191030111501

この列の最後には、この列を構成する「平安講社」と言う組織の人達が「随伴」として
参加します。このことは、各列共に共通のことです。
平安講社は、平安神宮の氏子(=京都市民)で構成され、各学区民が11の講社に
分かれて所属しています。この列の講社は比較的大きな随伴者の皆さん
です。

 次回に続きます。

« 2019時代祭(1) | トップページ | 2019時代祭(3) »

伝統行事」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き