« 京都市内を歩く 二条から壬生まで(2) | トップページ | 久し振りの嵯峨野 »

2019年6月14日 (金)

京都市内を歩く 二条から壬生まで(3)

 前回の続きです。最終回です。

 「六角獄舎」跡から、直ぐ近くの「武信稲荷神社」に来ました。

054a_6

小さな神社ですが、ほぼ全貌です。

043a_1

正面です。

046a_6

社殿です。

051a_3

ご神木の「エノキ」です。

047a_4

ご神木のエノキに関する説明の駒札です。

 境内には、①一寸法師とのゆかり や、②坂本龍馬とお龍さんとのエピソード
などの掲示もありました。

 「壬生」地域に入っています。「壬生寺」に向かいました。

060a_3

「壬生寺」の山門から、境内を見通しています。

057a_3

本堂の前まで来ました。ここは「節分詣で」で凄く賑わうところです。
「壬生狂言」も有名です。

062a_2

そして、壬生と言えば「新撰組」ですね。ここは屯所があった「八木邸」です。

063a_1

また近くの「前川邸」も屯所として有名です。

 二条から壬生まで、約1時間半強の歩きでした。多くの史跡を訪ねることが出来ました。

« 京都市内を歩く 二条から壬生まで(2) | トップページ | 久し振りの嵯峨野 »

地域歴史」カテゴリの記事

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き