« 京都市電写真展を見る | トップページ | 今年最初の桜情報 府立植物園 »

2019年3月13日 (水)

京都市内・洛中を歩く(7)柳馬場通-1

 暫く休んでいた「洛中歩き」を再開し、「柳馬場通」を丸太町通からスタートしました。
 「柳馬場通」は、平安京時代の「万里小路」(までのこうじ)に当たるそうで、当時の道幅は12mもあったとか。やはり昔は柳並木があったそうです。「馬場」は、慶長9年の豊国祭の臨時祭礼で大規模な馬揃えがあったことから、それに因んだものと言われています。
 今は、五条通までの約2.3Kmの南北の通りです。

001a

北は丸太町通から始まる「柳馬場通」の北の始点です。
左手の建物は、「京都地方裁判所」です。「竹屋町通」まであります。

002a

柳馬場通ですから、柳が植えられているのかと思いきや「しだれ桜」でした。

003a

途中で見掛けた境界の標識は、かつての「司法省」の「司」です。
時々旧役所名の表示を見掛けます。

004a

竹屋町通を越えると、普通の京都の町の通りの風景になりました。

005a

裁判所が近い為に、こんな所もありました。
「京都司法書士会館」です。東の方に、「京都弁護士会館」もありました。

006a

こんなにシンプルな町名がありました。どこにでもありそうな町名ですが、こんなのでも郵便は届くのでしょうか。

007a

「生神女福音聖堂」(しょうしんじょふくおんせいどう)と言うそうです。
明治36年(1903)に完成しました。京都市指定文化財です。

010a

見る位置を変えて見ました。本格的な聖堂の中では、現存最古のものだそうです。

011a

一つ東の通りまで広がった公園です。かつて公家の邸があったのでしょうか。

012a

京都市内には所々この様な表示があります。
道行くひとにとっては便利でないかと思い撮って見ました。

 次回も続きます。























« 京都市電写真展を見る | トップページ | 今年最初の桜情報 府立植物園 »

大路小路路地」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都市内・洛中を歩く(7)柳馬場通-1:

« 京都市電写真展を見る | トップページ | 今年最初の桜情報 府立植物園 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き