« 梅小路公園界隈 | トップページ | 紀州の旅(3)かんぽの宿 紀伊田辺 »

2019年3月 3日 (日)

伏見酒蔵の町でほろ酔い気分

 久し振りに、伏見酒蔵の町にある「鳥せい」さんで、焼きとりとお酒を戴きました。
 「鳥せい」さんは、(株)山本本家が名水「白菊水」を仕込み水に使って酒造りをしている老舗の酒蔵の一部を改装して本格鶏料理と蔵出し原酒で遣っておられるお店です。
 銘酒「神聖」を始め色んなお酒が楽しめます。

 2月の或る日、開店(午前11時)まで未だ早いと思いつつお店の前に行くと、はや行列が出来ていました。開店まで20分以上待たないといけないが、行列の最後尾に並ぶことにしました。日曜日と近くの酒蔵の蔵開きとが重なり、こんな人出になった様です。寒風が吹く中、辛抱強く開店を待ちました。

014a

食べ終わった後で撮った店先の様子です。

015a

店先から右手の酒蔵の方向を見ています。
店先の右隣では、ここの製品が売られています。
「たれ口」と言うアルコール度が19度の原酒を買いました。

 漸く開店となり、暖かい店内に入り、ほっとしました。忽ち店内は満席に。
 比較的落ち着けそうなテーブルに席を確保、早速注文を。
 焼きとり6串と熱燗を頼みました。

001a

料理が来るまで、店内を見回しました。

003a

右に見えるタンクには、原酒が貯蔵されています。
熱燗の後、コップに1杯追加で戴きました。

011a

座った場所の近くの様子です。

007a

漸く焼きとりが届きました。

008a

残りが来て、2人分の計 12本が揃いました。思ったより早く来ました。
どれも大変美味しかったです。

009a

焼きとりの後は、「鶏ぞうすい」を戴きました。食感も良く、あっさりとした美味でした。

十分に満足のひと時の後は、伏見の町中を歩きました。

016a

丁度隣では、「酒蔵開き」が催されていましたので、少しだけ覗いて見ました。
以前一度酒蔵を見学したことがあります。

017a

ここで醸造されている銘柄の様です。「神聖」もありますね。

018a

「宇治川派流」の傍の道を歩いています。伏見の町歩きの名所の1つでする

021a

川沿いに植えられた梅が咲いていました。バックは酒蔵の裏側です。

 酔いが少しずつ醒めて来ました。




« 梅小路公園界隈 | トップページ | 紀州の旅(3)かんぽの宿 紀伊田辺 »

ランチとディナー」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伏見酒蔵の町でほろ酔い気分:

« 梅小路公園界隈 | トップページ | 紀州の旅(3)かんぽの宿 紀伊田辺 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き