« 紀州の旅(1)湯浅町-1 | トップページ | 紀州の旅(1)湯浅町-3 »

2019年2月17日 (日)

紀州の旅(1)湯浅町-2

 前回の続きです。
 湯浅町の「重伝建地区」に、漸く辿り着きました。

055a

先ず「重伝建地区」の地図を、ご覧戴きましょう。
最も雰囲気があったのは、「北町通り」でした。
湯浅駅から歩いて来て、最初に通ったのは、上の地図で左端の「鍛冶町通り」でした。

064a

案内書には特に名前は記載されてないのですが、町の雰囲気に合わせて造られている様に感じた町並みでした。

062a

「栖原家」住宅です。明治7年建築の醤油醸造家の主屋は、全体的な構造から細部意匠に至るまで、湯浅特有の様式をよく残しており、代表的な町家建築として位置づけされているとのことです。

061a

「竹林家」住宅です。長大な間口に6つの虫籠窓がずらりと並ぶ主屋は、醤油と漁網の販売を営んでいたとか。

058a

鍛冶町通り(左)と北町通り(右)との交点角にある「岡正」です。
最初の地図は、この左手先にありました。

059a

この「岡正」に掲げられた表示です。

060a

立ち位置を変えて、交点角を見ています。
北町通りは、突き当りを左に進みます。

052a

その突き当りにあるのが、「津浦家」住宅です。
かつては醸造に用いる「麹」(こうじ)の製造販売店です。主屋は、明治11年の建築とか。
この建物には、2つの特徴が見られます。
1つは、軒にある「幕板」(まくいた)です。もう1つは、中2階の「虫籠窓」の形状です。

 次回も続きます。

« 紀州の旅(1)湯浅町-1 | トップページ | 紀州の旅(1)湯浅町-3 »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀州の旅(1)湯浅町-2:

« 紀州の旅(1)湯浅町-1 | トップページ | 紀州の旅(1)湯浅町-3 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き