« 京都御所の特別公開を拝見(3) | トップページ | 京都御所の特別公開を拝見(5) »

2019年2月10日 (日)

京都御所の特別公開を拝見(4)

 前回の続きです。
 「小御所」から北隣の「御学問所」に来ました。
 慶長18年(1613)に、清涼殿から独立した御殿だそうです。御読書始や和歌の会などが行われていたそうです。
 ここでも、襖絵が見易く公開されていました。このことが今回の特別公開の目玉の様です。

062a

下段の間  丘陽楼図  原 在照 筆

063a

下段の間  前と同じ

064a

中段の間  蘭亭ノ図  岸 岱 筆

070a

上段の間  床の間

067a

上段の間  十八学士登瀛(えい)州図  狩野 永岳 筆

068a

 前と同じ

071a

「小御所」前に続いての「御池庭」の北側です。

072a

「御池庭」の続きです。

少し回り込んで、「御常御殿」に向かいます。

075a

ここでも障壁画などが、見易くされています。
ここには15の部屋があるそうで、全て畳敷きになっているとか。
天皇のお住まいであるとともに、儀式や対面の場として使われたそうです。
神器を納める剣璽の間や天皇の寝室・御寝の間などもあるそうです。

078a

081a

長閑な景色が描かれています。

 次回も続きます(最終回)。





























 

« 京都御所の特別公開を拝見(3) | トップページ | 京都御所の特別公開を拝見(5) »

京都御苑 京都御所」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都御所の特別公開を拝見(4):

« 京都御所の特別公開を拝見(3) | トップページ | 京都御所の特別公開を拝見(5) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き