« 京都市内の博物館めぐり(4)京大博 | トップページ | 京都市内の博物館めぐり(6)京大博 »

2019年1月18日 (金)

京都市内の博物館めぐり(5)京大博

 前回の続きです。
 「京都大学総合博物館」に来ています。
 地質鉱物標本のコーナーにいます。

 展示ケースの中で、興味や関心があったものを幾つか、アップして見ました。

017a

小さな菊の花が集まった様に見えます。

020a

部分的に青く輝いています。

021a

同じ名前ですが、上とは全く違った外観です。

022a

金(↑)と、銀(↓)です。

023a

自然には、こんな形になっているのですね。

このコーナーでは、特徴的に「輝安鉱」と「水晶」が展示されていました。

先ず「輝安鉱」から。

003a

002a

001a

初めて見る不思議な形をしています。

005a

突き刺さったら、さぞ痛かろうと思う形をしています。

006a

こちらは少し形が違っています。

007a

上とは違って直線的な形です。尖鋭的な感じです。

 次回に続きます。




« 京都市内の博物館めぐり(4)京大博 | トップページ | 京都市内の博物館めぐり(6)京大博 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都市内の博物館めぐり(5)京大博:

« 京都市内の博物館めぐり(4)京大博 | トップページ | 京都市内の博物館めぐり(6)京大博 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き