« 京都の御大礼展を拝見(2) | トップページ | 秋深まる嵯峨野(1) »

2018年10月 7日 (日)

京都の御大礼展を拝見(3)

 前回の続きです。
 京都市美術館別館で催されている「京都の御大礼展」を拝見しました。
 2階では、江戸時代の御大礼の様子が拝見出来ました。

 東山天皇の御即位式が紫宸殿で行われています。

057a

紫宸殿とその前庭(南庭)の様子です。

058a

紫宸殿の右側から、「高御座」を見通しています。

059a

「高御座」の前の様子を、横から見ています。

060a

「高御座」を、後ろから見ています。

061a

紫宸殿の後ろを回って、右手横に来ました。「高御座」も見えます。

067a

「高御座」の近くに座す「親王代」(この頃は親王ご自身では無く身分の高い人が代理として参列していたとか)です。

063a

南庭の隅には、この様な「内弁」と言う人が控えています。
御即位式の諸事に対する責任者だそうです。この時は、「左大臣 近衛基熈」が務めたとか。

069a

「承明門代」の中では、何かの行事が行われています。
左端の人は、何かの文書を読み上げています。

070a

儀式には、色んな旛(はた)が立てられていましたが、その実物大のものです。
右から、萬歳・日・月・八咫烏・金鵄です。
幕末維新の時の「錦の御旗」も、こんなものだったのでしょうか。

 結構見応えのあった展示だったと思いました。




« 京都の御大礼展を拝見(2) | トップページ | 秋深まる嵯峨野(1) »

地域歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/74197660

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の御大礼展を拝見(3):

« 京都の御大礼展を拝見(2) | トップページ | 秋深まる嵯峨野(1) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き