« 京都市内・洛中を歩く(6)富小路通ー3 | トップページ | 9月13日の京都府立植物園(その1) »

2018年9月23日 (日)

京都市内・洛中を歩く(6)富小路通ー4

 前回の続きです。
 「富小路通」の最終段階に入ります。

022a

「三条通」に来ました(手前の道路)。北西角に建つ明治時代に建てられた一連のビル群の1つです。

023a

西側に並ぶ、さそれぞれに個性的な京町家 3軒です。

024a

同じところを、北の方から見ています。町中で時々見掛ける外燈です。

026a

西側の比較的大きな京町家です。左手には蔵も見えます。

027a

こちらも西側で、こちらもそれぞれに個性的な町家が並んでいます。

030a

「御池通」の手前、西側にある旅館と「てんぷら」の店・吉川さんです。

034b

「御池通」を、北から南の方を見ています。
左手の車が出ようとしているところが「富小路通」の南側で、手前の道路が北への道です。
これからはその道を北上します。

048a

こちらも西側です。かつてここに「京都市立商業実修学校」がありました。

047a

同窓会の皆さんが造られた説明板です。

052a

間口の広い大きなお屋敷の様です。傍に建つ石碑によれば、「大炊御門萬里小路跡」とありました。お公家さんの邸宅があったところの様です。

056a

同じく西側には、「京都弁護士会館」です。
その訳は、

058a

「京都地方裁判所」が、「丸太町通」に面してあるからです。通りからはその横を見ています。右手の緑は、京都御苑です。

 以上で、「富小路通」は終わりですが、この「富小路通」について、資料から。

◆この通りは、豊臣秀吉の「京都大改造」によって生まれた通りです。

◆この「富小路」と言う名前は、平安時代の小路名でした。
◆その旧富小路の道筋は、実は東隣の麩屋町通です。
◆何故それが逆転した訳は不明だそうです。
◆この富小路通は、全く新しく通貫された通りです。
◆秀吉は、京都大改造で、この様に「通り」を増加させることで、人・もの・車の移動を便利にし、経済的効果を上げています。
◆正方形の街区の真ん中に通りを通して矩形の街区にしています。

 猛暑が続く京都市内、暫く「洛中を歩く」はお休みさせて戴きます。


« 京都市内・洛中を歩く(6)富小路通ー3 | トップページ | 9月13日の京都府立植物園(その1) »

大路小路路地」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都市内・洛中を歩く(6)富小路通ー4:

« 京都市内・洛中を歩く(6)富小路通ー3 | トップページ | 9月13日の京都府立植物園(その1) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き