« 京都市内・洛中を歩く(4)御幸町通ー3 | トップページ | 京都市内・洛中を歩く(5)麩屋町通ー2 »

2018年8月11日 (土)

京都市内・洛中を歩く(5)麩屋町通ー1

 前回の続きです。
 今回は、「御幸町通」の1つ西の「麩屋町通」を、北端の「丸太町通」から、南端の「五条通」までの、約2.3Kmを歩きます。「白山通」とも言うそうです。その訳は、やがて判ります。

001a_2

「麩屋町通」の北の入口を、見通しています。

002a_2

この通りの西に、「京都地方裁判所」があるので、この様に多くの「法律事務所」があります。

この通りにも、色んな形の建物(主に住宅)が見られました。

003a

対称的な町家が並んでいます。

004a

「石川九揚」さんは、有名な書家であり、書道史家の先生です。

007a

典型的な京町家と、モダンな洋館のお宅です。

008a

ここでも色んな住宅が見られました。

009a_2

こちらも市内では良く見掛ける町家 2軒です。大きさが少し違います。

011a

町中にも、こんなお堂的なお寺が見られます。「大福寺」と言います。
天台宗のお寺で、平安時代に勅命で奈良から移ったとか。かつては七堂伽藍を有していたそうですが、天明の大火で焼失し、今は小さくなって仕舞ったとか。
幕末には、勤皇の志士の「梅田雲浜」が妻と住んでいたそうです。
安産のお地蔵と都七福神の布袋尊が信仰の対象です。「大福帳」は、ここから付いた名前とか。

014a

今まではずっと西側でしたが、こちらは東側です。
2軒とも蔵が前面に出ていて、住居が後にあると言う、少し変わった配置になっています。どんな経緯でこんな形になったのか?少し興味があります。

017a

英国の音楽家「サー・エドワード・エルガー」ゆかりの地とか。
彼の旧居をモデルに建てられたそうです。
左右を京町家に挟まれた狭いところに建っています。

 そろそろ「御池通」です。
 次回に続きます。


























« 京都市内・洛中を歩く(4)御幸町通ー3 | トップページ | 京都市内・洛中を歩く(5)麩屋町通ー2 »

大路小路路地」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/73935730

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市内・洛中を歩く(5)麩屋町通ー1:

« 京都市内・洛中を歩く(4)御幸町通ー3 | トップページ | 京都市内・洛中を歩く(5)麩屋町通ー2 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き