« 京都市内・洛中を歩く(5)麩屋町通ー3 | トップページ | 北陸・高岡市と五箇山へ(1)金屋町-1 »

2018年8月17日 (金)

京都市内・洛中を歩く(5)麩屋町通ー4

 前回の続きです。
 「麩屋町通」を、南に向かって歩いています。

 東西の通り「仏光寺通」から「松原通」辺りを歩いています。

009a

間口は比較的狭い「京町家」のお宅?ですが、暖簾や木札が見られますので、何か商売でも?とも。「あんず庵」と書かれています。コンパクトな前面の外観です。

010a

「松原通」と麩屋町通との交点には、「明王院不動寺」があります。
こちらは、松原通に面した部分です。

011a

京都市が掲示している「駒札」を利用させて戴きました。

もう1つの掲示板には、この「松原通」に関することが説明されていましたので、今回の最後に、少しご紹介します。

013a

左手に「明王院不動寺」の西面を見て、麩屋町通の南方向を見通しています。

016a

暫く歩くと、同じく左手には「朝日神明宮」と言う、こじんまりとしたお宮がありました。社伝によれば、貞観年間に丹波国桑田郡穴生村(現在の亀岡市)に造営され、元亀3年(1572)に現在地に遷座されたとか。
天照大神を祭神とし、かつては南北は五条通から松原通、東西は河原町通から富小路通までの広大な社域だったそうで、「幸神の森」(さいのかみのもり)とよばれたとか。かつては8社もあったが、天明の大火や元治の大火で大半が焼失、今は「猿田彦社」のみ。

017a

そろそろ南端の「五条通」に出ます。

 「麩屋町通」は終了して、1つ西の「富小路通」を、北に向かって歩きます。

 「松原通」についてのお話です。「明王院不動寺」に掲示してあった説明文から抜粋しました。

◆松原通は、平安京造営時には、「五条大路」でした。道幅は8丈(24m)の大通りでした。

◆松原通は、八坂神社と稲荷大社の境界で、北側が八坂神社、南側は稲荷大社のそれぞれ氏子となっています。

◆松原通は、かつて五条大路時代 清水寺への参道でした。

◆平安時代末期、五条橋を渡った「六波羅」一帯は、平家一門の屋敷町でした。
牛若丸と弁慶の出会いも、実は現在の「松原橋」なのです。

◆松原通の地名の由来は、室町時代末期に、荒廃した五条室町に「玉津嶋神社」が建てられていて、その松林が美しく「五条松原通」と呼ばれていましたが、やがて五条が取れて「松原通」となりました。











« 京都市内・洛中を歩く(5)麩屋町通ー3 | トップページ | 北陸・高岡市と五箇山へ(1)金屋町-1 »

大路小路路地」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都市内・洛中を歩く(5)麩屋町通ー4:

« 京都市内・洛中を歩く(5)麩屋町通ー3 | トップページ | 北陸・高岡市と五箇山へ(1)金屋町-1 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き