« 豪雨の後の嵯峨野風景 | トップページ | 向日葵の花と子供たち »

2018年7月16日 (月)

祇園祭余話

 毎年暑い中の「祇園祭」ですが、今年は殊の外猛暑の中の祇園祭になりました。
猛暑下の前祭の山鉾巡行は、熱中症続出にならないか、大変心配です。
巡行を観覧される方は、万全の備えで行って欲しいと思っています。

 私は、そんな荒行は避け、幾つかの「祇園祭」の気分を味合せて貰いました。

 その1は、京都文化博物館開館30周年記念の「祇園祭ミュージアムコンサート」を、別館ホールで楽しみました。7/14~15の2日間のうち、14日の始めの2つのコンサートでした。

001a

別館は、日本銀行旧京都支店の建物で、銀行の窓口や営業室があったところです。ホールの正面を見ています。

待ち時間の間、席から上をグルリと見渡しました。

003a

2階の各部屋に通じるバルコニー?です。装飾が素敵です。

007a

高い天井にも、見事な装飾が見られます。

008a

天井の装飾の一部をアップで見ています。

011a

ミュージアムコンサートの最初のプログラムは、「タンゴ」です。
タンゴアンサンブル・アストロリコのアルゼンチンタンゴです。
女性の方が曲の紹介などをされました。バンドネオンは男性の方でした。
ピアノが加わることもあるそうです。
12時30分の開演で、約40分間程でした。
フランク永井の「おまえに」も、タンゴ調でありました。
最後は、名曲「ラ・クンパルシータ」でした。

プログラムの2番目は、「吹奏楽」です。京都橘高校の約100名の熱演でした。
2部に分かれていて、後の3年生の皆さんの演奏は、チアダンスも有り感動ものでした。
コンクールで金賞をとったとか。
残念ながら、撮影は禁止でした。

 その2は、毎年頂いている「綾傘鉾」の「ちまき」を買い求めに、途中飾り付けが終わった、長刀鉾や函谷鉾や鶏鉾などを観ながら向いました。

012a

綾小路通室町西入ルにある「綾傘鉾」です。

013a

これが「綾傘鉾」です。

014a

傘の中を覗いて見ると・・・。傘の骨や色の美しいこと。

019a

綾傘鉾のご守護は、ここ「大原神社」です。1年間の無事をお祈りしました。

006a

これが、綾傘鉾の「ちまき」です。

 今年も、前祭の山鉾巡行は、遠慮させて戴くことにしました。




















« 豪雨の後の嵯峨野風景 | トップページ | 向日葵の花と子供たち »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

祇園祭2018」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/73863023

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭余話:

« 豪雨の後の嵯峨野風景 | トップページ | 向日葵の花と子供たち »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き