« 静岡県の旅(5)浜松市内ー3 楽器博物館(1) | トップページ | 静岡県の旅(5)浜松市内ー3 楽器博物館(3) »

2018年7月12日 (木)

静岡県の旅(5)浜松市内ー3 楽器博物館(2)

 前回の続きです。
 1階の「アジア」の楽器の展示室が続いていますが、終わりに近付いて来ました。

062a

手前の楽器?などは?です。

063a

これら、モンゴルの「馬頭琴」(ばとうきん)です。

065a

これはまた大掛かりなものです。船状の形です。中に入って何かするのでしょう。

066a

中にはこんなものが見えます。
1階は以上です。
次の展示室は、地階になります。
そこで最初に見たものは、「モンゴル」の品々でした。

070a

モンゴルの物産展?

067a

小さな人形達です。

068a

続きます。

069a

彼の地の風俗などが、良く判りました。

次回も続きます。地階では、欧米やアフリカなどと、鍵盤楽器(ピアノ類)が驚く程ありました。

« 静岡県の旅(5)浜松市内ー3 楽器博物館(1) | トップページ | 静岡県の旅(5)浜松市内ー3 楽器博物館(3) »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/73460342

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県の旅(5)浜松市内ー3 楽器博物館(2):

« 静岡県の旅(5)浜松市内ー3 楽器博物館(1) | トップページ | 静岡県の旅(5)浜松市内ー3 楽器博物館(3) »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き