« 緑陰を辿って東山麓を歩く(その1) | トップページ | 緑陰を辿って東山麓を歩く(その3) »

2018年6月17日 (日)

緑陰を辿って東山麓を歩く(その2)

 前回の続きです。
 「曼殊院」の前まで来ました。

 

025a

 

曼殊院の表門前です。拝観などは左手の道から入ります。

 

026a

 

また少し中を覗き見しました。立派なお堂が見えました。

この近くの東山連峰の山は、第5峰の「葉山」らしいのですが、良く判りませんでした。お昼になったので、ここから白川通に向かって、なだらかな坂道を下りました。
お昼を「銀閣寺道」沿いにある馴染みの食堂で摂りました。
そこでは、偶々静岡県の「牧の原」の修学旅行生と交流し、「牧の原茶」を戴きました。

午後は、「哲学の道」を歩くことにしました。

 

028a

 

この道を真っ直ぐ行くと、「銀閣寺」に行けますが、右に折れて「哲学の道」に入りました。
なお、銀閣寺の庭園の借景になっているのは、第10峰 月待山です。
室町幕府第8代将軍・足利義政は、次の様な歌を詠んでいます。
わが庵は 月待山のふもとにて かたむく月の影をしぞ思ふ

 

029a

 

入口の標識です。向こうに見えるのは、上の「銀閣寺橋」です。

 

030a

 

琵琶湖疏水の分線の流れに沿って、哲学の道を歩きます。
流れの方向は、京都市内の流れの内、唯一北に向かって流れています。

 

031a

 

哲学の道から分かれて、少し坂道を上がったところにある「法然院」の萱葺の山門です。

 

門をくぐって境内に入って、直ぐに目にするのは、この眺めです。

 

032a

 

参道の左右には、砂を盛り上げた造りです。
右にもあるのですが、光が当たり過ぎて、真っ白になって仕舞ました。

 

034a

 

右の造りも、左と同じものでした。

 

050a

 

左へ行くと庫裏へ、右へ行くと本堂へ、その分岐点です。

 

051a

 

本堂への道の傍には、この様な木の根っこが広がっています。

 

052a

 

左手に本堂があります。殆ど人が居ない静寂そのものの佇まいでした。

境内の小さなお堂では、「あかりとひびき展」が催されていて、拝見しました。
その様子は、次回にご紹介します。

 

053a

 

山門を内側から、見ています。
「法然院」の近くの山は、第14峰・善気山です。法然院の山号になっています。

 

054a

 

ここが法然院への正面入口です。石段を上がって左手に進みます。

法然院に通じる道を、南下します。

 

055a

 

「安楽寺」です。
後鳥羽上皇の官女・鈴虫と松虫が、法然の弟子・住蓮と安楽にまつわる悲劇ゆかりのお寺です。

 

056a

 

その南にある「霊鑑寺」です。臨済宗南禅寺派の尼門跡寺院です。
多数の名椿が植えられています。

 今回の散歩は、ここで終わりとし、哲学の道から白川通に出て、東天王町にてコーヒータイムを楽しみ帰途につきました。

 次回は、法然院で見た「あかりとひびき展」を、ご紹介します。

 

 

















 

« 緑陰を辿って東山麓を歩く(その1) | トップページ | 緑陰を辿って東山麓を歩く(その3) »

地域歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/73566477

この記事へのトラックバック一覧です: 緑陰を辿って東山麓を歩く(その2):

« 緑陰を辿って東山麓を歩く(その1) | トップページ | 緑陰を辿って東山麓を歩く(その3) »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き