« 静岡県の旅(1)大井川鉄道ー4 | トップページ | 静岡県の旅(2)寸又峡温泉 »

2018年6月26日 (火)

静岡県の旅(1)大井川鉄道ー5

 前回の続きです。
 「長島タ゜ム」駅で、アプト式電気機関車が切り離されて、ディーゼル機関車の後押しで進んでいます。

080a

やがて列車は「レインボーブリッジ」の上にある「奥大井湖上」駅に着きました。
長大な橋上の駅です。

082a

駅にはこんな表示がありました。

085a

離合する列車です。

088a

こちらも離合する列車です。駅の表示が見えますが、千頭行きです。
ですから、先頭の機関車は客車を牽引している様子です。

089a

ここで下車して引き返します。その訳は、今夜の宿に着く時間を少しでも早めるためでした。ここで暫く時間待ちをしました。温泉はここから少し離れている様です。千頭からここまでは、1時間50分でした。

093a

再び「奥大井湖上」駅に着きました。

094a

長い湖上駅の一部です。雨が降っていました。

096a

先頭を走るの「アプト式電気機関車」です。今まさにトンネルに入ろうとしています。

098a

再びあの高低差を説明された風景です。

101a

係留中の「アプト式電気機関車」の全体像です。車台が高いです。

今夜の宿がある「寸又峡温泉」に近い「奥泉」駅で下車し、バスを待ちました。
接阻峡温泉からここまでは 40分間でした。

109a

この駅の近くには縄文時代の遺跡があるとかで、そのモニュメントが駅前に見られました。

 宿は、ここからバスで約30分掛りました。
 
 次回に続きます。





























« 静岡県の旅(1)大井川鉄道ー4 | トップページ | 静岡県の旅(2)寸又峡温泉 »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県の旅(1)大井川鉄道ー5:

« 静岡県の旅(1)大井川鉄道ー4 | トップページ | 静岡県の旅(2)寸又峡温泉 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き