« 清楚なハスの花が開花しました(1) | トップページ | 改装堂本印象美術館(その1) »

2018年6月29日 (金)

「斑入り」植物色々

 紫陽花で癒しのひと時を戴いてから、植物園会館で展示中の斑入り(ふいり)植物を拝見しました。

Img_0409_2

展示の様子を見ただけでも、いかに愛情を注いでおられるか分かります。

Img_0412


Img_0411

これらは、何れも愛好家の方達が丹精込めて、育てられたある意味作品と言っても良いのでは?
そんな意味も有ってカテゴリーを「作品」とさせて頂きました。

Img_0413


Img_0414


Img_0416


Img_0415

ガラス越しに見える背景は、園内を散策している人たちです。

Img_0411_2

斑入り(ふいり)とは、植物においてもともと単色で構成される組織が、本来持っているべき色、つまり緑色の葉の一部が白や黄色あるいは赤の模様になることを指すことが多い。外的または遺伝的要因によって多色になってしまう場合をいう。多くは葉に見られる。(HPより)

« 清楚なハスの花が開花しました(1) | トップページ | 改装堂本印象美術館(その1) »

京都府立植物園」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「斑入り」植物色々:

« 清楚なハスの花が開花しました(1) | トップページ | 改装堂本印象美術館(その1) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き