« 京都・宇多野と鳴滝の歴史探訪(その1) | トップページ | 5月13日の京都府立植物園 »

2018年6月 4日 (月)

京都・宇多野と鳴滝の歴史探訪(その2)

 前回の続きです。
 宇多野・鳴滝周辺は、起伏に富んだところで、これから行くお寺も坂道を上がったところにありました。
⑥西寿寺(さいじゅじ)

 

035a

 

坂道を上がったところに、山門がありました。

 

039a

 

山門をくぐった先には、本堂がありました。ちょっと変わった形です。
創建は
江戸時代初期で、浄土宗・捨世派(しゃせいは)の尼寺です。
映画やテレビドラマ等のロケ地として何度か登場するとか。

この後、境内の高台に登りますと、

 

042a

 

京都の北西部が展望出来ました。先に見える小山は、「双ケ丘」です。

 

045a

 

近くの真下の風景です。

 

053a

 

⑦法蔵寺

047a

 

その横には、こんな石碑が。

 

051a

 

山門まで上がって見ました。

 

056a

 

⑧鳴滝址
 現在の「鳴滝」と言う地名の語源となった滝です。

 

⑨福王子神社(ふくおうじ・じんじゃ)

 

066a

 

福王寺5叉路の北東角にあります。

 

059a

 

拝殿や本殿などです。

 

064a

 

ご祭神は、班子女王(桓武天皇の孫で光孝天皇の女御)で、庶民的な方だったとか。

戴いた資料によると、
「宇多野」とは、「ウべなる田、ウべなる野→(良い田、良い野)が語源ではないかとの説がある様に、「宇多野」は古来、風光明美で良い田が広がる土地であった。
「鳴滝」も、古くから風光明美な土地として、多くの天皇陵や公卿の山荘が営まれていた。





 














« 京都・宇多野と鳴滝の歴史探訪(その1) | トップページ | 5月13日の京都府立植物園 »

地域歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/73287393

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・宇多野と鳴滝の歴史探訪(その2):

« 京都・宇多野と鳴滝の歴史探訪(その1) | トップページ | 5月13日の京都府立植物園 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き