« 九州温泉旅(4)飫肥城跡と城下町-1 | トップページ | 京都府立植物園「華麗な」バラ達 その2 »

2018年5月24日 (木)

九州温泉旅(4)飫肥城跡と城下町-2

 前回の続きです。
 「飫肥城跡」から、城下町を少しだけ散策しました。

019a

ここが「重伝建地区」であることの証明です。
「日南市飫肥伝統的建造物群保存地区」とあります。
昭和52年5月18日に指定されました。九州では最初の指定だつたとか。

017a

大手門の直ぐ手前の、門に向かって右側の様子です。石垣で囲まれた屋敷が多いです。

018a

大手門通りの、門に向かって左手にある「豫章館」(よしょうかん)の入口です。
閑静な佇まいの枯山水式庭園が広がっているとかですが、時間がないので、女性にお詫びしてパスさせて戴きました。

022a

大手門(突き当り)に向かって、右側の様子です。上の「豫章館」は、左側になります。

飫肥の有名人は、明治時代の外交官「小村寿太郎」です。

023a

「国際交流センター小村記念館」前です。
小村寿太郎没後80周年を記念して、小村の功績を後世に伝えるとともに、国際化に対応出来る人材育成や文化活動の拠点をめざして、平成5年(1993)1月に開館されたものです。

026a

大手門通りを、大手門を背に見通しています。

028a

ちょっと横丁を見通しています。

032a

玄関に「式台」がある屋敷です。低い身分の方のお屋敷でしょうか?

033a

こちらも同程度の武家屋敷の様です。

036a

「小村寿太郎(侯爵)生誕の地」です。
安政2年(1855)に、この地で生まれました。父は禄高18石の徒士席と言う下級藩士でした。
小村は、日露戦争後の講和会議で全権大使として、ポーツマス条約を結びました。

慌ただしい「飫肥城下町」観光でしたが、深い感銘を受けました。
この後は、第3夜の宿・別府に向かいました。




























 

« 九州温泉旅(4)飫肥城跡と城下町-1 | トップページ | 京都府立植物園「華麗な」バラ達 その2 »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/73068338

この記事へのトラックバック一覧です: 九州温泉旅(4)飫肥城跡と城下町-2:

« 九州温泉旅(4)飫肥城跡と城下町-1 | トップページ | 京都府立植物園「華麗な」バラ達 その2 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き