« 九州温泉旅(2)鹿児島市内-2 | トップページ | 九州温泉旅(3)鉄道の旅・指宿 (食事) »

2018年5月20日 (日)

九州温泉旅(3)指宿温泉から飫肥へ

 前回の続きです。
 JR指宿・枕崎線に乗り、第一夜の宿・指宿温泉「指宿コーラルビーチホテル」に着きました。鹿児島で時間を取り過ぎたため、予定の列車に乗れず、宿到着が午後6時を過ぎてしまいました。宿は創業100年とのことですが、最近リニューアルされた様で、部屋は直ぐ下が海岸で、いわゆる「オーシャンビュー」を楽しむことが出来ました。「指宿」とは、湯が豊富な宿と言う言葉が語源だとか。「砂むし温泉」で有名ですが、そちらには行きませんでした。温泉好きの「西郷どん」も度々ここを訪れたそうです。

012a

ホテルの玄関です。正面に置かれていた植物が気になって、丁度出て来られた女将に尋ねてみました。

010a

名前は、「プラティケリウム」と言うそうですが、本体の植物に葉っぱの根を差し込んでおくと、段々と大きく生長して、こんなに大きく育つそうです。
傍には、次の小さな本体の植物が造られていました。

001a

部屋の窓から見た、海の朝の景色です。漁船の姿も見られます。

004a

やがて朝日が昇って来ました。海は錦江湾、対岸は大隅半島です。

006a

アップで見てみました。朝日がきらきらと輝いています。

「指宿駅」から列車に乗り、「鹿児島中央駅」に向かいます。

014a

その車窓からの景色です。やはり暖かい土地なんでしょうか? ナノハナが美しく咲いていました。

鹿児島中央~宮崎~飫肥と遣って来ました。

041a

JR日南線の「飫肥駅」です。「飫肥城」を連想した外観となっています。

040a

駅前に立つ像は、毎年10月に行われる「城下町まつり」の中で踊られる「泰平踊り」の姿です。

今夜の宿は、「かんぽの宿・日南」です。

001a_2

翌日の朝、宿の部屋から見た「飫肥」の町の様子です。
「飫肥城跡」は真ん中辺りかなと思われます。

明日は、「飫肥城跡」などを観光が楽しみです。

« 九州温泉旅(2)鹿児島市内-2 | トップページ | 九州温泉旅(3)鉄道の旅・指宿 (食事) »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/73059466

この記事へのトラックバック一覧です: 九州温泉旅(3)指宿温泉から飫肥へ:

« 九州温泉旅(2)鹿児島市内-2 | トップページ | 九州温泉旅(3)鉄道の旅・指宿 (食事) »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き