« 府立植物園の花展2つ(その2)ベゴニア | トップページ | 中山道・木曽路の宿場を訪ねて(1)奈良井宿-3 »

2018年4月16日 (月)

鮮やかに可憐に咲くアネモネ

 京都府立植物園へチューリップを見に行った時に可憐に咲いていたアネモネに心惹かれました。
 そしてその近くに咲いていた「ミツバツツジ」です。


Img_4057


Img4066

ミツバツツジは
 「ツツジ科の落葉低木。関東・中部地方の山地に自生。葉は菱形に近い卵形で、枝先に3枚ずつつく。4、5月ごろ、葉の出る前に紫色の漏斗状の花を横向きに開く。庭木にする。 」との事です。
園内にはこちら以外にも何か所かで見かけました。

Img_4061

そしてアネモネです。

Img_4065


Img_4063


Img_4064

これらの他にも花色は有るのかもしれませんが、植物園で見かけたのはこれらの四色でした。 

「アネモネ(学名:Anemone coronaria)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
 和名はボタンイチゲ(牡丹一華)、ハナイチゲ(花一華)、ベニバナオキナグサ(紅花翁草)。 または、アネモネ属(Anemone)の総称を表すこともある。 地中海原産で、語源はギリシア語で「風」を意味する。」との事です。

« 府立植物園の花展2つ(その2)ベゴニア | トップページ | 中山道・木曽路の宿場を訪ねて(1)奈良井宿-3 »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/73219919

この記事へのトラックバック一覧です: 鮮やかに可憐に咲くアネモネ:

« 府立植物園の花展2つ(その2)ベゴニア | トップページ | 中山道・木曽路の宿場を訪ねて(1)奈良井宿-3 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き