« 中山道・木曽路の宿場を訪ねて(3)妻籠宿-3 | トップページ | 4月半ばの嵯峨野の景色 »

2018年4月22日 (日)

中山道・木曽路の宿場を訪ねて(3)妻籠宿-4

 前回の続きです。
 妻籠宿の北寄りにある「脇本陣・奥谷」(わきほんじん・おくや)を見学しました。
 代々脇本陣・問屋を務めた家で、現在の建物は明治10年に総檜造りに建て替えられたものだそうです。島崎藤村の初恋の相手「ゆふ」さんの嫁ぎ先だとか。
 国の重要文化財に指定されています。「歴史資料館」もありました。

024a

街道から見た「脇本陣奥谷」の前面です。

086a

緩やかな坂道を下って、中に入ります。

087a

玄関の右手には、「御門」(侍門)があります。貴賓はここから奥にある座敷に上がります。
通り庭を通って、裏側に出ました。

089a

右寄りのガラス戸が出入り口です。

088a

「土蔵」は、資料室として活用されています。
この先を左手に進むと、「歴史資料館」がありました。内容は見応えがありましたが、時間が無いのが残念でした。
次に、建物の内部をさっと拝見しました。

090a

通り庭の内部の様子です。黒光りする建具類には、この家の歴史を感じます。

091a

屋内では、囲炉裏で焚かれている火の煙で、この様な状況でした。
囲炉裏は、この下にあります。左手上は、神棚です。

093a

磨き抜かれたこの家の「大黒柱」です。

094a

明り取りの小窓からの光も、燻ぶっています。
古き良き時代の風情を感じました。

 長々とご紹介して来ました「妻籠宿」は、以上で終わりとさせて戴きます。



























 

« 中山道・木曽路の宿場を訪ねて(3)妻籠宿-3 | トップページ | 4月半ばの嵯峨野の景色 »

街道を歩く」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/72517234

この記事へのトラックバック一覧です: 中山道・木曽路の宿場を訪ねて(3)妻籠宿-4:

« 中山道・木曽路の宿場を訪ねて(3)妻籠宿-3 | トップページ | 4月半ばの嵯峨野の景色 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き