« 今年の早春の草花展 その後-2 | トップページ | 大政奉還150周年(4)鳥羽・伏見の戦い-2 »

2018年3月 7日 (水)

大政奉還150周年(4)鳥羽・伏見の戦い-1

 久し振りのこのテーマです。
 (1)二条城 (2)京都御所・京都御苑 (3)新選組と来ましたが、多分最後となるのは、「鳥羽・伏見の戦い」としました。
 「鳥羽」での戦いは、城南宮や鳥羽離宮跡周辺で、「伏見」での戦いは、御香宮神社から伏見奉行所跡に掛けての一帯で行われました。

 先ず「鳥羽」地区での戦いの跡を、訪ねました。

006a

文字が小さくて読み難いと思いますが、最初に訪ねた「城南宮」の中の鳥居傍に立てられていた駒札を使わせて戴きました。

「城南宮」の東口から、境内に入ります。

001a

 石の鳥居をくぐります。

002a

 参道を進むと、暫くして右手に赤い鳥居が見えます。この赤い鳥居は少し変わっているとか。
鳥居をくぐって境内に入ります。

004a

 結構広い境内です。左手に神苑の入口があります。
戦いに備えて新政府軍の薩長土藩が、ここに拠点を置いたことも頷けます。

003a

 拝殿前です。後部の神殿では何かの工事が行われている様です。
お参りをしてから、境内を少し歩きました。

参道に戻ると、かなり立派な説明文が立てられていました。
それは「鳥羽・伏見の戦い」における、ここ城南宮を中心にしたものでした。

 東口を真っ直ぐに進むと、西口に達します。

029a

 国道1号線を通して、西口の鳥居を見ています。神苑は鳥居の奥の左右に広がっています。神社の区域の広さを感じます。

019a

 城南宮から西に歩いたところに立っている石碑です。
戦いが始まった「小枝橋」近くです。

027a

 上の石碑は、右手のガードレールの端近くにあります。
この道を真っ直ぐ進むと鴨川に出ます。
そこに架かっていたのが「小枝橋」です。

026a

 向こうに架かる橋が、今の「小枝橋」ですが、当時はもう少し下流(左手側)に架かっていた様です。

012a

 「小枝橋」近くに建つ石碑の近くにある「鳥羽離宮公園」の北寄りにある「秋の山」と言う名の小高い丘です。
ここにも「鳥羽の戦い」に関する碑などが立っています。

017a

 「秋の山」の頂に登って見ました。
そこにも「鳥羽の戦い」に関する石碑(奥の黒い碑)が立っていました。

この後、「伏見地区」の戦いの跡を訪ねました。

 















« 今年の早春の草花展 その後-2 | トップページ | 大政奉還150周年(4)鳥羽・伏見の戦い-2 »

地域歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/72983635

この記事へのトラックバック一覧です: 大政奉還150周年(4)鳥羽・伏見の戦い-1:

« 今年の早春の草花展 その後-2 | トップページ | 大政奉還150周年(4)鳥羽・伏見の戦い-2 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き