« 京都・二条城の梅と椿(その1)梅 | トップページ | センチュリーホテルで鉄板焼きを戴きました »

2018年3月15日 (木)

京都・二条城の梅と椿(その2)椿

 前回の続きです。
「梅林」から北の方向に向かい、多くの椿の木がならんでいる所に来ました。
 「本丸部分」の内堀を隔てて、北側になります。木の数は、梅よりも遥かに多い様に思います。もう盛りを過ぎた花も多く見られましたが、出来るだけ綺麗な花を選んで撮りました。

040a

薔薇の様な・・・。

042a

蕊の凄さ。残念ながら花弁は傷んでいます。
椿の花は雨や風に弱いです。

051a

雅な色彩が。

035a

横顔が可憐。

053a

妖艶。

043a

清純。

039a

  ♪あんこ椿は恋の花。

048a

何か内緒のお話か?

華やかで、可愛い「椿」達に見送られて、二条城を後にしました。























« 京都・二条城の梅と椿(その1)梅 | トップページ | センチュリーホテルで鉄板焼きを戴きました »

散歩 花」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都・二条城の梅と椿(その2)椿:

« 京都・二条城の梅と椿(その1)梅 | トップページ | センチュリーホテルで鉄板焼きを戴きました »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き