« 愛知県への旅(1)足助町-1 | トップページ | 第13回目の早春の草花展(その3) »

2018年2月 2日 (金)

愛知県への旅(1)足助町-2

 前回の続きです。

 愛知県豊田市足助町に来ています。目的は、「重伝建」地区の町並みを見ながら散策することです。
 前回では、足助支所の周辺や三州足助屋敷などを見て回りましたが、いよいよ目的の町中に向かいます。

015a_2

国道420号線の傍に建つ「常夜灯」です。秋葉講の人々により建てられたものだそうです。寛政11年(1799)の建立だとか。
当初は本町の地蔵堂境内にあったと伝えられています。
ここから、目的の町並みに入ります。因みに反対方向に行くと「香嵐渓」に活けます。

016a

 町中に入って始めの辻を入って直ぐの様子です。
町中の道は、ほぼ東西に走っています。新旧色んな町家が並んでいる様です。

017a

 それらしきお宅を1軒ずつ見て行きます。
こちら、進行方向右側のお宅です。間口が広いです。

018a

 こちら、左側の家々です。こちらも間口が広いです。

019a

 暫く行くと、こんな石碑がありました。
「中馬の道」とありますが、ここは昔の「塩の道」(中馬街道)でした。
三河湾で採れた塩を信州や美濃地方に運んだそうです。
江戸時代には「伊那街道」、明治以降は「飯田街道」と呼ばれていたそうで、
中山道の脇往還でした。この町は、それの街道の宿場でもありました。

020a

 石碑前から少し北に進みます。

021a

 その先にあった「足助商工会」です。明治19年(1886)の建物です。
昭和33年までは「足助警察署」でした。

023a

 足助川に架かる「中橋」です。橋頭には、「大正18年」の文字が見えます。

022a

 その橋の上から足助川や家々の裏側を見ています。

024a

橋を渡って、更に北に向かっています。

 次回も続きます。































 

 

« 愛知県への旅(1)足助町-1 | トップページ | 第13回目の早春の草花展(その3) »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/72012571

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県への旅(1)足助町-2:

« 愛知県への旅(1)足助町-1 | トップページ | 第13回目の早春の草花展(その3) »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き