« 第13回目の早春の草花展(その3) | トップページ | 中山道・木曽路の宿場を訪ねて(1)奈良井宿ー1 »

2018年2月27日 (火)

早春の草花展の後、園内を散策する

  前回の続きです。
 「第13回 早春の草花展」を見た後、園内を散策しました。

087a

先日地元新聞に掲載されていた「シナマンサク」の花を見に行きました。
クスノキ並木道の傍にあります。

089a

不思議な形をした花です。
春一番に咲く花だとか聞いたことがあります。
昭和11年に中国から種子を入手し、昭和16年2月に、この場所に植えられたとのことです。

095a

「自然生態園」では、「セツブンソウ」が咲いていました。小さな花です。

098a

同じ場所で見付けた「桃から生まれた桃太郎」状に開いた「?」です。

芳しい香りに誘われて「梅林」の中の「ロウバイ」へ。

105a

地味な花ですが、香りは抜群です。

そろそろ植物園も、彩りが少しずつ増えて来ます。楽しみです。




« 第13回目の早春の草花展(その3) | トップページ | 中山道・木曽路の宿場を訪ねて(1)奈良井宿ー1 »

散歩 花」カテゴリの記事

京都府立植物園」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早春の草花展の後、園内を散策する:

« 第13回目の早春の草花展(その3) | トップページ | 中山道・木曽路の宿場を訪ねて(1)奈良井宿ー1 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き