« 京都市内・洛中を歩く(3)寺町通-2 | トップページ | 京都市内・洛中を歩く(3)寺町通-4 »

2018年2月21日 (水)

京都市内・洛中を歩く(3)寺町通-3

 前回の続きです。
 寺町通を、四条通から北上し、御池通まで来ました。さらに北上します。

051a

御池通を渡って、さらに北へ。右手は市役所の西側になります。

052a

その市役所の囲い塀には、こんな絵画が見られました。

055a

何故か、この辺りには立派な看板が多く見られます。
「蚊帳眞綿蒲団商」と、書き手の銘入りで造られています。
日本古来の右からの文字の書き方です。

057a

こちらも看板を支える象?2頭です。象では無く、夢を喰うと言う「獏」(ばく)?。今は閉店していますが、確か古美術商だったと気憶しています。

058a

こんな京町家もありました。この辺りでは、このお宅しかありませんでした。

059a

看板に示された「蛸螺堂」は、古美術店です。読み方は?(調べたけど判りませんでした。お店に行って聞くしかない様です。)

立派な看板が続きます。

060a

「看板屋さんの看板」です。この辺りの看板は、このお店が手掛けられたのかな?と想像したりして。

062a

「象彦」と言う漆器屋さんがありますが、ここは「熊彦」さんです。
何らかの由来があるのでしょうが、どちらも扱い商品に似つかわしく無い感じがしますが・・・。

063a

三条大橋の西北の畔にもお店がありますが、ここが本店なんですね。

064a

ショーウインドウを覗いて見ました。色んなものが並べられています。

「寺町通」を、さらに北に向かって歩いています。
次回も続きます。




















« 京都市内・洛中を歩く(3)寺町通-2 | トップページ | 京都市内・洛中を歩く(3)寺町通-4 »

大路小路路地」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都市内・洛中を歩く(3)寺町通-3:

« 京都市内・洛中を歩く(3)寺町通-2 | トップページ | 京都市内・洛中を歩く(3)寺町通-4 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き