« 京都・二条城の障子開放 | トップページ | 愛知県への旅(2) 西浦温泉 「館内の様子」 »

2018年2月12日 (月)

愛知県への旅(2)西浦温泉

前回の続きです。
 「重伝建」の町・愛知県豊田市足助町を散策した後は、今夜の宿・西浦温泉に向かいました。
 名鉄名古屋本線の東岡崎から新安城で乗り換え、西尾線の吉良吉田で更に乗り換え、蒲郡線の西浦までと、遣って来ました。西浦駅の駅舎は予想に反してローカル一杯のものでした。

 駅前で宿の送迎バスに乗り、漸く今夜の宿「銀波荘」に着きました。最近リニューアルされたとかで、気持ち良く過ごさせて戴きました。
 建物は、3棟ありましたが、各棟との連絡は出来る様になっていましたがが覚えるまで少し時間が掛りました。お風呂・食事場など上がったり下りたりでした。、
 お部屋は、三河湾(身近に言えば 渥美湾)が一望出来る、お気に入りのお部屋でした。

003a

手前の小さいビーチは、「マイ・ビーチ」でしょうか。
広がる海は、「三河湾」と言うより、やはり「渥美湾」でしょう。
遠くに見えるのは、「渥美半島」です。

004a

渥美半島(向こうに見える)には、この様な山々があったとは?
渥美半島の先端(ここでは見えないですが)には、「伊良湖岬」があります。

007a

小さな湾には、この様な突堤が造られています。魚釣りには最適な場所でしょう。

 翌日の朝、海岸に下りて朝食前の散歩をしました。

010a

宿から直ぐの海岸です。美しく舗装されています。前方に向かって歩きました。

011a

魚釣りに良さそうだと思った突堤です。足許が良く無かったので、先には行きませんでした。

015a

浜辺に来ました。何故か貝殻が沢山見られました。
そんな中から、大きな貝殻を2個選んで見ました。

 遊歩道を歩きました。

017a

噴火の時(何時か?)の溶岩が、浜辺を形成していました。

018a

「槍ケ岳」の様です。

019a

遊歩道が歩き易く整備されています。

020a

この先は歩き難そうなので、引返しました。

021a

向こうに見えるのは、「知多半島」かと思います。
見える島は、「日間賀島」?でしょうか。
曇り空のため、残念ながら光る海は見られませんでした。






















« 京都・二条城の障子開放 | トップページ | 愛知県への旅(2) 西浦温泉 「館内の様子」 »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/72037806

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県への旅(2)西浦温泉:

« 京都・二条城の障子開放 | トップページ | 愛知県への旅(2) 西浦温泉 「館内の様子」 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き