« 京都鉄道博物館へ(その1) | トップページ | 京都鉄道博物館へ(その3) »

2018年2月 8日 (木)

京都鉄道博物館へ(その2)

 前回の続きです。
 お目当ての「EH800形式電気機関車」を堪能した後は、館内のあちこちを見て回りました。
 2回目なので、何となく余裕を持っての見学でした。

072a

京都鉄道博物館の玄関です。

071a

こちらも玄関です。建物は、旧・二条駅舎です。
こちらからは、扇形車庫や動くSLなどには近いです。

新しい方の玄関から入りました。

003a

建物の中に入って直ぐに目に入るのは、この光景です。
手前から、SL時代→電化時代→新幹線時代の各時代を代表する車両が並んでいます。

005a

さらに、その後ろにもスピード時代の代表的車両が並んでいます。

006a

その一方で、こんな古典的なSLも。

010a

さらに中に進むと、色んな「信号機」が並んでいました。
原始的には、人手による手旗信号だったわけです。

045a

階へのエスカレーターの壁面には、こんなものがズラリと。
SLや電気機関車の前面に取り付けられていた「車両番号プレート」です。

043a

2階から見た、1階の様子です。

044a

先程1階で見た部分を、2階から見ています。

048a

1階の別の場所には、2台の電気機関車に出合いました。
右は客車用、左は貨物用のものです。

 次回も続きます。















« 京都鉄道博物館へ(その1) | トップページ | 京都鉄道博物館へ(その3) »

地域歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/72791647

この記事へのトラックバック一覧です: 京都鉄道博物館へ(その2):

« 京都鉄道博物館へ(その1) | トップページ | 京都鉄道博物館へ(その3) »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き