« 「餃子の王将」と久しぶりの「ケーキ」 | トップページ | 初詣(3)北野天満宮 ついでに歴史探訪-2 »

2018年1月24日 (水)

初詣(3)北野天満宮 ついでに歴史探訪も-1

 今年の初詣の第3弾は、昨年末に「終い天神」にお参りした、「北野天満宮」(親しみを込めて「天神さん」)にお参りしました。そして、ついでと言っては恐れ多いのですが、歴史探訪もさせて戴きました。1月12日(未だ松の内です)でした。

001a

今出川通に面して、表参道の一の鳥居が立っています。

002a

一の鳥居近くにある狛犬の「阿」形です。相当大きくて迫力あります。
時計とのツーショットです。

では、表参道を進みます。入って直ぐにあったのは、この松の木です。

004a

「影向松」(よごうまつ)と言います。
道真公が、初雪の日に降臨され、雪見の歌を詠まれたと言う伝説があります。
天神さんの七不思議の一つです。
今でも、初雪の日には、ここで神事が行われているとか。

参道の両側には、灯籠が多数並んでいますが、所々に「神牛像」もあります。

006a

表参道を歩いていて、初めての「神牛像」です。左手にあります。

007a

日頃は殆ど気にしていなかったのですが、表参道の二の鳥居です。

008a

最も新しい「新牛像」です。やや小さい像です。金属製と思われますが、より写実的に造られています。

012a

表参道から少し東に外れたところにある「右近馬場」です。
名前の由来は、「右近衛大将だった道真公が好まれた馬場で、右近衛府の管轄する馬場で、京都・北野神社の南東にあった。ここで右近衛府の官人が毎年五月に競くらべ馬を行なった。」との事です。

013a_2

表参道やその他にも多くの灯篭がありますが、中々寄進時期が判り難かったのですが、偶々この灯篭には「天保十四年」の表示がありました。天保十四年は、1843年に当ります。今から175年前になります。多分もっと古い灯篭があると思いますが、表記していないものもあり、簡単には見付かりそうにありません。

014a

こちらの灯篭には「宿坊 玉泉坊」とあります。
昔は境内に多くの宿坊があった様です。

016a

表参道に戻って進みますと、「三の鳥居」があります。

次回に続きます。

« 「餃子の王将」と久しぶりの「ケーキ」 | トップページ | 初詣(3)北野天満宮 ついでに歴史探訪-2 »

2018年京都のお正月」カテゴリの記事

地域歴史」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/72680190

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣(3)北野天満宮 ついでに歴史探訪も-1:

« 「餃子の王将」と久しぶりの「ケーキ」 | トップページ | 初詣(3)北野天満宮 ついでに歴史探訪-2 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き