カテゴリー「2017 京都の新緑」の13件の記事

2017年6月21日 (水)

天授庵 の可憐な睡蓮と新緑

 天授庵は紅葉が特に有名ですが、池面にぽっかり浮いたように顔を覗かせている白い睡蓮も可憐で清々しい風情が有ります。

Img_4452

朝の陽ざしを受けた新緑が眩しいです。心が洗われるようで思わず深呼吸していています。

Img_4453


Img_4451

南禅寺の山門が見えます。

Img_4463

こちらの睡蓮は小さいですね。それでも花姿が可憐で多くのカメラマンが真剣に撮影しています。

Img_4461


Img_4455

池を巡る道は細く、広い池の為に写真は撮りにくいです。
手を伸ばして撮っていますが・・・


Img_4456

↑は白色ですが、この花はピンクでしょうか?日差しが眩しそうです。
まだ、五分咲きでしたが、これからが楽しみな天授庵の睡蓮でした。
       (6月15日撮影)

2017年6月 7日 (水)

東福寺 臥雲橋(がうんきょう)から青モミジを拝見

 ご紹介が随分遅くなりましたが、智積院でツツジの花を愛でた後は、紅葉で有名な東福寺を訪れました。
紅葉の美しいところは、青モミジも綺麗ですね。
 今回の目的は青モミジでしたから、お参りはせずに、有名な臥雲橋(がうんきょう)から通天橋の間の見事な緑一色のモミジを見ました。


Img_3651

身も心も緑に染まりそうです。

Img_3654

通天橋から緑一色の世界を眺めている人たちです。話し声は聞こえませんが、きっと同じ気持ちでしょう。

Img_3653

小川の綺麗な水もこの緑の木々を守っているのでしょうか?
花も葉っぱにも水の役割は大きいと思います。


Img_3655


Img_3656


Img_3657

臥雲橋は上面からすべて木で作られているのが特徴です。東福寺三名橋の中で一番西側に位置し、現在も近隣住人の生活道路となっています。
東福寺の見事な緑に満足した後、ゆっくり歩いていて思いがけなく生け花の展示を拝見することが出来ました。
次回にご紹介します。

2017年5月15日 (月)

新緑の彩り うっとり

 今の季節、新緑が特に綺麗な智積院では、境内で数多くの紫陽花も楽しめますが、5月は新緑は勿論ですが、モミジも見ごろを迎えています。

Img_3650

見事な新緑の中で読書をしておられる方も有ります。

Img_1259

赤や白、紫が咲き誇り新緑豊かな境内を彩っていました。


Img_1262


Img_1257


Img_1261

新緑とモミジのコントラストが綺麗です。

Img_1256_2

尚、こちらのモミジは5月中旬に一斉に満開を迎えるとのことですが、夏日が続いている5月、満開も例年より早いかもしれませんね。

Img_1263

学侶墓地の両側にもモミジが丁寧に植え込まれています。石段を上がった墓地にも綺麗に植え込まれていました。
 ※学侶墓地は江戸時代に智積院で修業し、志し半ばで亡くなられた方々を祀ったもので聖域です。(撮影 5月14日)




2017年5月 9日 (火)

「少し遅かった」松尾大社の山吹の花

 こちらへは新緑が目的ではなく単純?に山吹の花を見に行きました。

Img_3626

とは言っても朱色の鳥居は新緑に映えます。

Img_3627_2

朱色の鳥居をくぐるまでにも川沿いに山吹が植えられています。

Img_3630

「山笑う」は春の季語ですが、新緑萌える季節は緑が明るくのどかなイメージが浮かびますね。

Img_3633

やはり水面に映る花は風情が有ります。

Img_3638

灯篭と山吹。絵になります。


Img_3639

花の盛りは少し過ぎていたようですが、ここら一帯に咲く花はまだ瑞々しさが感じられます。

Img_3640

八重の花もまん丸く愛くるしいのですが、数少ないですが清楚な風情の一重も好きです。(4月29日撮影)

 松尾大社は701年に創建された京都最古の神社です。京都洛西の総氏神であり、開拓、治水、土木、建築、商業、文化、寿命、交通、安産の守護神ですが、特に醸造祖神として酒造家の崇敬が厚いと言われています。
酒造家だけでは無く、一般にもお「酒の神様」と言われていますね。

2017年5月 8日 (月)

新緑を訪ねて 車折神社へ

 前回の続きです。
 嵐山から少し東に移動しました。「車折神社」(くるまざき・じんじゃ)に来ました。過日、でもご紹介しました。

062a

表参道です。新緑と神社の朱色が見事なコントラストを見せています。

063a

境内に入って来ました。こちらでも朱色の玉垣と新緑とが見事でした。

065a

社務所付近です。

066a

社殿を囲んで新緑が。

067a

境内には、多くのお社があります。周りには新緑が一杯です。

069a

神社の北側は、「嵐電」の「車折神社」に直結しています。

073a

表参道に沿って、こちらにも新緑に囲われた幾つかのお社があります。

表参道を出たところは、「三条通」です。西は嵐山に、東は三条大橋に通じています。


2017年5月 6日 (土)

新緑を訪ねて 嵐山地区へ(2)宝厳院と嵐山

 前回の続きです。
 嵐山地区の新緑を訪ねて歩いています。嵐山地区では一番大きいお寺「天龍寺」から、秋には紅葉で人気の「宝厳院」(天龍寺・塔頭)へ来ました。中に入らなくても、塀の外からでも結構新緑を見ることが出来ます。

045a

天龍寺からここ「宝厳院」に来て、先ず目にする新緑です。

047a

真ん中辺りの様子です。秋には、これらの木々が紅葉します。

050a

「宝厳院」の山門は、この様な茅葺です。

ここから真っ直ぐに南に進むと、「大堰川」に出ます。

056a

「大堰川」に来ました。上流を「保津川」、渡月橋下からは「桂川」と名前を変えます。嵐山の船遊びの場であり、「保津川下り」の終点でもあります。
背後の山は、「嵐山」です。

057a

少し下流側に移動して見ました。山は勿論「嵐山」です。

058a

「渡月橋」と「桂川」、そして「嵐山」です。

061a

渡月橋畔の大木も、見事な新緑でした。

 この後は、もう1か所車折神社へ、新緑を訪ねました。次回にご紹介します。








2017年5月 5日 (金)

新緑を訪ねて 嵐山地区へ(1)天龍寺-2

 前回の続きです。嵐山地区では一番大きなお寺「天龍寺」のお庭の新緑を訪ねて歩いています。
 庭園の北部付近を歩いています。

027a

竹林で沢山の筍が生えています。真ん中に見える小道を辿れば「望京の丘」に登れますが、それは避けました。

031a

「北門」(右手)付近です。苔も美しい緑を見せています。

033a

この辺りは「百花苑」と称し、沢山の花々が見られます。

035a

園内の小川の近くには、こんな表示が・・・。
「大堰川」は、ここ天龍寺の近く南側を流れる川ですが、上流は「保津川」と、「渡月橋」から下流は「桂川」となる川です。
昔はもっと境内近くを流れていたのかも。

038a

こっそりと「書院」の達磨大師の掛け軸を。

039a

左手は「書院」、右手は「大方丈」です。禅宗のお寺らしい雰囲気を感じます。

040a

境内から見た「嵐山」の山頂部分です。山も新緑一杯です。

042a

またもこっそりと「雲竜図」の頭部分を。

043a

漸く境内から出て来ました。「庫裏」の正面です。

臨済宗 天龍寺派大本山「天龍寺」は、平成6年(1994)に世界文化遺産に登録されました。
正しくは、霊亀山天龍資聖禅寺と言います。
暦応2年(1339)に、後醍醐天皇の菩提を弔うために、足利尊氏が夢窓国師を開山として創建しました。

 この後、秋は紅葉の名所「宝厳院」に向かいました。
















2017年5月 4日 (木)

新緑を訪ねて 嵐山地域へ(1)天龍寺-1

 今は京都市内何処へ行っても瑞々しい新緑に出合えますが、敢えて「嵐山」地域まで出掛けました。特に嵐山地域は、外国人観光客ず多いところです(新緑とは関係ありませんが・・・)。
 先ず「天龍寺」を訪ねましたが、やはり外国人観光客の多いこと。修学旅行生も多かったです。拝観は、お庭だけと言うものと建物の中も見るのとに区別されていて、勿論拝観料が違います。私は何時もお庭だけで済ましています。自然の移ろいを知るのには、お庭が大事ですから。

002a

「大方丈」(右手)に沿って奥へと進みます。その先にお目当ての「曹源池」(前方)が見えて来ました。

004a

「曹源池」の南の端付近です。

005a

「曹源池」の真ん中辺りです。左手に滝組が見えます。
ここ天龍寺の開山・夢窓国師が造った庭園で、国の史跡・特別名勝第1号に指定されています。

011a

池の北端付近です。

014a

池を北側から見渡しています。借景の嵐山の一部も見えます。

018a

池から離れて、庭園の北側に進みます。「書院」から「多宝殿」への渡り廊下が見えます。

022a

竹林に来ました。この竹林は、嵯峨野めぐりの名所「竹林の道」と繋がっていると思います。

025a

竹林の近くでは、シャクナゲが美しく咲いていました。

次回も、まだ庭園を歩いています。



















2017年5月 2日 (火)

新緑を訪ねて大徳寺から相国寺へ(その3)相国寺他

 前回の続きです。大徳寺から相国寺へ来ました。
相国寺の表参道は、今出川通からですが、同志社大学の北側の西の参道から入りました。
 右手には同志社大学の校舎が続き、左手にはこのお寺がありました。

044a

相国寺の塔頭の1つ「瑞春院」です。ここは「雁の寺」とも称し、直木賞作家の水上勉氏の小説の舞台となったところで、水上氏は「雛僧」(駒札にそう書いてありました)時代ここで修業したとのことです。

045a

山門から中を覗いて見ました。

047a

東西に長く築地塀が続いていました。

相国寺の真ん中に遣って来ました。

050a

南面する「法堂」への参道です。

境内を少し歩きました。

053a

神様が祀られているお社の付近です。神仏習合の名残でしょうか。

055a

また、その近くには大きな鐘楼も見られます。

057a

塔頭の1つです。築地塀越しに新緑が見られました。
同じ禅宗寺院ですが、大徳寺とはまた雰囲気が違う様に感じました。

059a

境内の中央部です。

060a

「法堂」に通ずる参道には、やや広いスペースがあります。
昔は何か建物が建っていたのでしょうか?

061a

こちらもそんな広場です。

帰途は、表参道から今出川通に出て、バス停に行きました。
今出川通の南側には、「京都御苑・京都御所」が広がっています。












2017年5月 1日 (月)

可憐な芝桜と新緑

 植物園を散策していて、四季彩りの丘で芝桜を植え込みしておられる園の方に出会い、邪魔にならないように写真を撮らせて頂きました。

Img_3612

芝桜は小さな目立たない花ですが、このように敷き詰められると豪華です。
隙間なく植え込まれたら文字どおり絨毯でしょうね。


Img_3614


Img_3615

背景の木々がアクセントになっているようです。互いが引き立てています。

Img_3620

四季彩の丘の向かいの雑木林では、多分中学生の新3年生かと思われる学生たちが写生をしていました。大きな声を出すわけでも無く、静かにA3大の画用紙に向き合って、黙々と色付けの最中です。
邪魔をしてはいけないと、そっとその場を離れます。

Img_3622

苔むした橋に新緑が寄り添っているようです。

Img_3623


Img_3624_2

少し離れた所で一人真剣な表情で、絵筆をとっている学生がいます。
絵が好きなのでしょう。

 何にでも興味を持ち、真剣に取り組むことは歳を重ねるにつれて無くなってきます。
若さは何物にも代えられないですね。今のこの時を大切にして欲しいとしみじみ思いながら離れました。(4月27日撮影)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き