« 「銃後の暮らし展」 | トップページ | 鳴門海峡の渦潮を見る(1) »

2017年8月 6日 (日)

六道・珍皇寺とランチ

 「大谷本廟」で、「大賀ハス」などのハスの花を拝見した後、お昼を食べに行きました。久し振りに、京都駅周辺ホテルの共同企画「シェフの饗宴」の中から、選んだのは「新・都ホテル」です。
1階のレストラン「ロンド」で、戴いたランチをご紹介します。

032a

 冷製カッペリーニ 人参と柑橘のソース

035a

 本日のお魚のフリット 野菜の煮びたし添え

036a

 豚肉のグリエ ゴーヤのスクランブルエッグ添え
 甘酸っぱい野菜のソース

白ワイン、パン、コーヒーを戴き、美味しい昼食となりました。

 そして、その後は「迎え鐘」のお堂が新しくなった「六道・珍皇寺」へ向かいました。

039a

境内に入りましたが、お参りの時の賑やかさとは打って変わった静かな佇まいです。

038a

こちらが、新しくなった「迎え鐘」のお堂です。その時期でないので、近付くことは出来ません。

043a

本堂に向かって左手には、お地蔵さん達がおられます。

珍皇寺を出て、西に向かいました。その通りの名は、「松原通」です。

045a

少し行った右手には、有名な「幽霊・子育飴」のお店があります。
女の幽霊が、夜な夜な墓場から飴を買いに来て、子育てをしていたと言う、この暑い時期に持って来いの怪談です。

048a

その西隣のお店は、「麹種・もやし」のお店で、余り見掛けないご商売です。

049a

その向いには「六道参りの西福寺」があり、こちらも「子育て地蔵」さんが祀られています。

050a

この一帯は「六道の辻」と言い、松原通です。珍皇寺は、この先を真っ直ぐ行ったところにあります。辻を右に行くと「六波羅蜜寺」があります。

051a

「大和大路通」に向かっていると、偶然にも舞妓さんに出合いましたが、この近くには花街の「宮川町」があるので、不思議では無いですね。

« 「銃後の暮らし展」 | トップページ | 鳴門海峡の渦潮を見る(1) »

ランチとディナー」カテゴリの記事

京都 花街」カテゴリの記事

亰の寺」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/71320495

この記事へのトラックバック一覧です: 六道・珍皇寺とランチ:

« 「銃後の暮らし展」 | トップページ | 鳴門海峡の渦潮を見る(1) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き