« 梅雨の晴れ間の嵯峨・嵐山(3)嵯峨野 | トップページ | 京都文化博物館「ろうじ店舗」 »

2017年7月17日 (月)

斑入り(ふいり)植物の数々を拝見しました。

  京都府立植物園で第3回目となる「斑入り植物展」を拝見しました。
ブログのお仲間には「斑入り」植物を心をこめて育てておられる方があります。
今回、この展示会を拝見して、思ってい以上に種類が多いのと、鮮やかな色彩と紋様に驚き、感心しました。


Img_4402


Img_4403


Img_4405

恥ずかしいのですが、今まで「はんいり」と読み、口にも出していました。

Img_4408


Img_4410


Img_4411


Img_4412


Img_4414


Img_4416


Img_4418

                               (6月11日撮影)
 
 斑入り(ふいり)とは、「植物においてもともと単色で構成される組織が、本来持っているべき色、つまり緑色の葉の一部が白や黄色あるいは赤の模様になることを指すことが多い。
 外的または遺伝的要因によって多色になってしまう場合を言い、多くは葉に見られる。(HP)

« 梅雨の晴れ間の嵯峨・嵐山(3)嵯峨野 | トップページ | 京都文化博物館「ろうじ店舗」 »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/70955837

この記事へのトラックバック一覧です: 斑入り(ふいり)植物の数々を拝見しました。:

« 梅雨の晴れ間の嵯峨・嵐山(3)嵯峨野 | トップページ | 京都文化博物館「ろうじ店舗」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き