« 2017京都祇園祭の後祭 | トップページ | 木次線などに乗る(その4 )宿泊 »

2017年7月26日 (水)

木次線などに乗る(その3)松江市内を散策

 前回の続きです。
 今回の旅の主目的は、先ず「木次線」に乗ること。そして「一畑電車」にも乗ることでした。2つの目的を果して、僅かに残る時間に「松江市内」を、少しだけ歩きました。
 松江と言えば「宍道湖」ですが、昨年のこの地域の旅では、しっかりと「宍道湖」に親しみましたが、今回も宿が湖畔にあったので、「一畑電車」に乗る前に、少しだけ湖畔の道を歩きました。

002a

宿の窓から見た「宍道湖」です。漁船が数隻、漁場?に向かって急いでいます。朝の8時頃でした。
この後、下の方に見える湖岸の道を歩きました。

009a

遊歩道では、朝の散歩を楽しむ人の姿もありました。
遠くに見える高いビルは、去年あの上から「宍道湖」を眺望させて戴いた「山陰合同銀行本店ビル」です。

010a

対岸に見えるのは「島根県立美術館」です。

045a

一畑電車の「しんじ湖温泉駅」前から、このバスに乗って、目的地に行きました。

057a

少ない時間の中で選んだのは、この建物です。「カラコロ工房」とその広場です。この建物は、旧日本銀行松江支店だそうです。

047a

中へ入って見ました。正面は、正に銀行の窓口です。
京都の「京都府文化博物館」の別館、旧日本銀行京都支店と良く似た雰囲気です。

053a

地下に行くと、大金庫が2つ、公開されていました。凄い扉に驚きです。

063a

クラシックな感じの「松江大橋」です。

064a

歩いていて、ずっと気になっていた時計台の近くから、見ています。
古い時計屋さんのものだとか。

059a

カラフルなマンホールの蓋を見付けました。デザインは、「武家屋敷」の表側の様です。

 以上で、今回の旅は終了しました。帰りは、松江から特急やくも号に乗り岡山へ、岡山からは新幹線で京都へと、行きに比べてスピーディに帰りました。
車中で、次は何処へ行こうか?これも毎回の事ですが、次回へ夢は広がります。








« 2017京都祇園祭の後祭 | トップページ | 木次線などに乗る(その4 )宿泊 »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/71016988

この記事へのトラックバック一覧です: 木次線などに乗る(その3)松江市内を散策:

« 2017京都祇園祭の後祭 | トップページ | 木次線などに乗る(その4 )宿泊 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き